今すぐ「4つの革新」シナリオを実行せよ!


「事業モデル」「社風」「幹部育成」「思考・行動」
"未来価値"創造に向けた意思決定をどう行い、経営資源をどう配分すればいいか。

■定価 1,600円+税(送料別)

■著者 取締役 仲宗根 政則
■仕様 208頁
■発売元 タナベ経営



目次

はじめに 環境変化に対応し、先手・先行で「革新」する

存続志向型ではなく、未来志向型の企業をつくる
成長企業であり続けるための 「4つの革新」 とは
本書の構成

序 章   正しい危機感の醸成―― 未来志向型企業となるために

未来価値の創造を怠るな
正しい危機感を維持し続ける
短期目線では未来志向型企業になり得ない
「成長の一・三・五の壁」を先手・先行でつぶす
変化の速い環境こそ中期経営計画が必要
中期経営計画の意義
中期経営計画策定における4つの目的別ポジショニング
正しい危機感を共有し先行業績を創造する

第1章   「事業モデル」の革新

自社の事業コンセプトの現状認識
既存ビジネスモデル革新を進める3つの問い
強いビジネスモデルの3つの条件
成長目標から戦略設計を考える
「深耕」「拡大」「逆説」の3つの視点からの革新
数字からの事業モデル革新
成長エンジンづくり

第2章   「社風」の革新

トップとは「自ら変革し続ける者」
変化を楽しむ社風づくり
「経営の見える化」による自律型組織風土づくり
企業DNA別の組織づくり
組織力発揮の9つの条件

第3章   「次世代経営幹部育成システム」の革新

次世代経営幹部人材の育成が進まない3つの理由
5年後、10年後の組織図が描けるか
次世代経営幹部に必要な「2視点3スキル」
ジュニアボードシステム

第4章   「トップの思考・行動」の革新

結果で勝負する「プロ経営者」であれ
リスクを恐れず、重点・集中・徹底で最大限の成果を出す
判断・行動をスピードアップせよ
撤退する決断力
中長期視点での価値判断基準
成長意欲を高め社員とのモチベーションギャップを埋める
リーダーとしての役割を演じ切る

おわりに  「実践主義」で、成長企業であり続ける