悪いのは会社か?あなたか?本人か?

人が育つ会社になるために最も必要なこととは?
5つのエピソードで読み解く「人材育成」「社風改善」のヒント!

「どうして私の部下は、こんなにダメなのか」
──そんなマネジャーの悩みにお答えしましょう!



■定価 1,600円+税(送料別)

■著者 タナベ経営 北海道支社長 笠島 雅人
■仕様 四六判 248頁
■発行元 ダイヤモンド社




目次

まえがき

第1部 人材育成編

第1章 社員の成長をもたらすものは何か
     社員が成長していく会社、社員を育てられない会社
     部下を育てるのがうまい上司、部下を育てられない上司
     人材の成長プロセスを分かっていない上司(会社)の下では育たない
     本人の資質と育つ環境はどちらが重要?
     人材育成方法は、すべてツールである

第2章 どうして私の部下は、こんなにダメなのか
     【エピソード1】 ある課長の嘆き
     上司と部下の関係性は、昔も今も変わらない
     不幸なのは、本当に上司?

第3章 性格? 仕事観の違い? それともダメ社員?
     【エピソード2】 「自分大好き、勘違い」S君の場合
     ダメ社員? S君の仕事観
     上司と部下の大きなギャップ

第4章 指導はしているのだから、本人の問題では?
     【エピソード3】 「とことんマイペース」R君の場合
     R君の社内評価と上司の指導
     「やればできる」と思っている若者の真実
     「こんな社員は不要」で済ませたほうがいいのか

第5章 人材育成七つのポイント
     人を成長させるものは何か――負荷なくして成長なし
     環境の変化と育成方法の変化――現代の企業環境では負荷は掛からないのか
     部下を育てられない上司の存在――意志の人? 実はただの勘違い上司
     気付きと成長――セミナーだけでは人材は成長しない
     コーチング――「人間は嫌なことはやらない」ということの意味
     新たな課題――体調不良? それとも重症の怠け病?
     学校教育と企業教育――「ゆとり教育」が悪いのか

第2部 社風改善編


第6章 「熱血ダメ上司」と「優秀組織人ダメ上司」
     【エピソード4】 「熱血ダメ上司」O部長の場合
     精神論で無理やりなリーダーシップ
     「優秀組織人ダメ上司」とは
     【エピソード5】 あるトップマネジメントのいら立ち
     システムB社の社風と部下育成における課題

第7章 「ダメ社員問題」は本当に個人の特性によるものなのか
     育つ環境によって表れる差をどのようにとらえるべきか
     モチベーションはあなどれない
     上司であるあなたへのアドバイス

第8章 実は、良くも悪くも社風が人を育てている
     社風とは何か
     長年勤めると、こんな考えになる――社風の影響の怖さ
     育つ環境とは何を指すか

第9章 人が育つ社風をつくるには
     社風を変えるということ
     女性社員が育たない企業の背景にあるもの
     違う考え方を受け入れられない上司とは
     理念(使命感)教育の意味するもの
     社風をつくっている(維持している)ものは何か
     【改善策①】 社風の推進と演出
     【改善策②】 マネジメントと教育と人事のバランスが勝負

おわりに 社風はゆっくりとしか変わらないもの

あとがき


著者略歴

笠島雅人(かさじま・まさひと)
タナベ経営 北海道支社長
1962年生まれ、北海道出身。IT企業勤務を経て、1997年タナベ経営入社。2006年4月より現職。入社当初から、全国各地の企業診断にメンバーとして参加し、地域中小企業から一部上場企業まで、幅広いコンサルティング経験を持つ。戦略構築に伴う組織改革、業績コントロールシステムの構築、情報システムの再構築、人事処遇制度、人事評価制度、幹部人材育成などで実績を挙げている。「成長するクライアント企業と共に成長するパートナーであり続けたい」が信条。