100年経営 ~世紀を超えるマネジメント~ 

100年先を見つめ、自社存続のためにいま、何をすべきか?!
会社の未来をつくる「7つの経営プログラム」とは?!


★時代に挑戦し、時代を創り、歴史に刻まれる「会社づくり」を目指すリーダーに!!"
★『甦る経営』『戦略をつくる力』に続く、経営三部作が完結!



■著者 若松 孝彦
■仕様 四六判・256ページ
■発行元 ダイヤモンド社

■定価 1,600円+税(送料別)

目次

序章 後継者不足の時代が到来した!
    「100年経営プログラム」を導入せよ!


 1.会社寿命はいつの時代も「四択」
 2.日本企業が直面する5つの新しい現実
 3.現実から見える未来  -など



第1章 プログラムⅠ【無借金経営システム】
     粗利益率40%・経常利益率10%・連続10年


 1.業績は会社の歴史と未来を映す鏡
 2.100年経営の業績価値を体得せよ
 3.5つの絶対値を知る  -など



第2章 プログラムⅡ【存続エンジンの開発】
     1T3Dナンバーワンブランド戦略


 1.すべての卵を1つの籠に盛らない
 2.事業の耐震構造を設計せよ ── 10、20、40、80の倍数戦略
 3.変化しない成長は「膨張」 ── 事業シフトの本質  -など



第3章 プログラムⅢ【承継戦略のシナリオ】
     究極の資源配分、承継こそ最大の戦略


 1.創業は新築、承継はリフォーム
 2.商品は好きではないが、会社への情熱はひと一倍
 3.同族経営の承継シナリオ  -など



第4章 プログラムⅣ【自律する組織デザイン】
     社長を10人育てるサテライト組織


 1.80歳のトップから相談があった
 2.死ぬまで社長を辞めない人
 3.私は本当の社長ではない  -など



第5章 プログラムⅤ【ミッションマネジメント】
     語り継ぐ経営システム


 1.ミッションマネジメントを導入せよ
 2.トップの経営行動がすべての起点
 3.「100年後の世の中」は何で困っていますか?  -など



第6章 プログラムⅥ【後継者育成カリキュラム】
     100年カレンダーをつくる


 1.後継経営者の心得 ── 経営は教えることができない
 2.オヤジの好きなようにやればよい
 3.自らをマネジメントする  -など



第7章 プログラムⅦ【100年経営への階段】
     STSで変革をマネジメントする


 1.成功への階段 ── 10年を10回継続して100年社風
 2.倒産への階段 ── 悪い習慣だけを取り除くマネジメント