ホーム > コンサルティング > ヘルスケアビジネス成長戦略研究会


ヘルスケアビジネス成長戦略研究会
2025年問題を踏まえ、新たな事業領域に挑戦する!


ヘルスケアビジネス戦略研究会の3つの特長

1.医療・介護を中心としたヘルスケアビジネスの成功モデルを、現場視察や講演を通じて学んでいただきます。

2.単なる視察や講演だけでなく、企業・病院経営の視点から押さえるべきポイントや成功の要因をタナベ経営のヘルスケアチームコンサルタントが具体的にアドバイスいたします。

3.日本全国から参加される会員同士の異業種交流が可能であり、その後のビジネスネットワーク構築の場として活用いただけます。

各回テーマおよび視察ポイント(予定)

第1回 【九州エリア】 2013年11月6日(水) ・7日(木)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地域包括ケアシステムを支えるリーディングカンパニーの人的資源マネジメント
==========================================================
【視 察】 社会医療法人 敬和会
【講 師】 理事長 岡 敬二 氏
【テーマ】 「医療・介護サービスの地域ワンストップ提供モデルと質の高いサービス提供を担う人財資源の独自マネジメント手法」

 地域包括ケアシステムの実現に向け、多数の医療機関・介護施設と連携し、地域住民に質の高い医療・介護サービスを提供する体制をイニシアチブを取って構築。また、マンパワー不足・離職率の高い業界にあって、魅力ある職場作りとして、「院内保育」や「病児保育」を運営。有給休暇の取得率は80%(現在65%)を目指すなど、マンパワー不足により提供する医療サービスの質低下が起らぬよう、院内の人的資源マネジメントにも独自の工夫を凝らしている。
★ポイント★
①質の高い医療・介護サービスの、地域ワンストップ提供モデル
②地域包括ケアシステム構築に向けた医療法人としての取り組み
③従事者の定着・満足度向上を実現する独自人財マネジメント
==========================================================
【講 演】 総合メディカル 株式会社
【講 師】 常務取締役 中島 孝生 氏
【テーマ】 地域の健康ステーションである「価値ある薬局」と、薬剤師の能力を最大限に引き出す社内育成システム」

「よい医療は、よい経営から」をコンセプトに、医療機関が効率的で質の高い医療を提供できるよう、病医院経営のコンサルティング、調剤薬局、医療機器等のリース・レンタル、医師の転職・開業支援をワンストップで展開。長期ビジョン「日本型ヘルスケアビジネス」の確立にむけ、地域医療・介護のインフラ構築、地域ヘルスケアネットワーク構築に挑戦中。調剤薬局事業の拡大を支える薬剤師育成システムは業界最高水準であり、「薬剤師としての専門能力」と「薬局運営の能力」を、計画的かつ短期間で習得できる社内人財育成システムを有する。
★ポイント★
①業界リーディングカンパニーを目指す、総合メディカルの事業概要
②地域の住民の健康を支える「価値ある薬局」の事業戦略・事業展開
③拡大し続ける薬局事業を支える薬剤師育成システムとは
 

第2回 【近畿エリア】 2014年1月29日(水) ・30日(木)


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
療養・リハビリ期医療を支えるヘルスケアビジネス
==========================================================
【視 察】 TOTO 株式会社
【講 師】 主席研究員 松下 幸之助 氏
【テーマ】 「自立支援ロボットを通じた、介護従業者の負担軽減と要介護者の尊厳保持」

経産省・厚労省が2012年11月より進めている「ロボット技術の介護利用における5つの重点分野」の「排泄支援」における2013年度ロボット介護機器開発・導入促進事業の第一次採択事業25社の1社に選ばれた同社の今後のロボット戦略に学ぶ。
★ポイント★
①在宅介護において課題となる「排泄介護」を解決した居室内に設置できる水洗トイレとは?!
②介護従業者の負担軽減と要介護者の尊厳保持
③TOTO株式会社の今後のロボット技術の開発戦略
==========================================================
【視 察】 ミナト医科学 株式会社
【講 師】 代表取締役社長 津村 惠彦 氏 ・ 新規開業担当部長 近藤 雅之 氏
【テーマ】 「リハビリ機器を通じた、超高齢化社会への対応・健康寿命延伸への貢献」

ただ長く生きるのではなく、よりよく生きる「健康寿命」を延ばす、いわゆる「クオリティ・オブ・ライ
フ」を支えるために、数々のリハビリ機器を開発・提供する。医療と福祉の充実が求められる中で、
患者にも医療スタッフにも「やさしい」医療の実現をサポートする同社のヘルスケア戦略とは?
★ポイント★
①大学病院等との産学協同開発体制による呼吸機能検査分野と理学療法機器の分野でトップクラスの実績と評価を保持する開発戦略
②整形外科の開業に関してはリハビリ室の設計・稼動効率・収支計画までプランニング
③リハビリデイサービスの自らの開所による医療・介護の入り口から出口までを学ぶ
 

第3回 【関東エリア】 2014年3月4日(火) ・5日(水)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
強みを活かした事業展開によるシームレスな地域医療連携モデル
==========================================================
【講 演】 セコム医療システム 株式会社
【講 師】 代表取締役社長 布施 達朗 氏
【テーマ】 「医療・介護・健康のトータルソリューションと、ITを軸にしたシームレスな地域医療連携モデル」

“あらゆる不安のない社会”を目指すセコムグループ。なかでも、「セコム医療システム」は医療・介護・健康分野において、医療機関や患者自身に高品質なサービスを提供することで、「社会システム産業」構築の一翼を担っている。“先端のサービスを最適な形で必要な方へ”提供する同社のビジネスモデルを学ぶ。
★ポイント★
①セコムグループにおけるヘルスケア分野の位置づけ・将来展望
②ITを軸に予防・医療・介護・在宅をつなぐ地域医療連携モデル
③国内における各種ヘルスケアサービスと海外展開
==========================================================
※土木建設会社として創業。その後、デイサービスを中心とする在宅介護事業や有料老人ホーム事業、医療・介護に特化した人材派遣事業など、幅広くヘルスケア関連事業を展開されている企業を視察予定です。

第4回 【東北エリア】 2014年5月21日(水) ・22日(木)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成長するヘルスケア分野への異業種参入・本業多角化の成功モデル
==========================================================
【視 察】 株式会社 水本(ミズモトグループ)
【講 師】 専務取締役 舘澤 邦男 氏
【テーマ】 「建設業から地域ワンストップの総合生活産業への転換」

「創造・貢献・共生」の経営理念のもと、『総合生活産業』の実現を目指すミズモトグループ。有料老人ホーム、保育園、デイサービス、就労支援施設、温浴施設など、文字どおり地域社会の生活を総合的に支えるミズモトグループの事業モデルを学ぶ。
★ポイント★
①複合展開する事業のシナジー効果
②現場代理人を施設長に抜擢する人材育成システム
③キャッシュまで完全独立採算制をとるねらい
==========================================================
【視 察】 株式会社 三協医科器械
【講 師】 代表取締役 齊藤 哲哉 氏
【テーマ】 「医療機器ディーラーから介護・予防サービス分野への事業多角化」

創業以来60年以上にわたり、医療機器材料の提供から、介護施設やフィットネス施設の運営など、“医療福祉を通じて人々の健康とやすらぎ”を実現する三協医科器械の事業多角化戦略とは?!
★ポイント★
①本業(医療器械卸)から、ヘルスケア関連市場で多角化を図った経緯とは?!
②様々なヘルスケア事業を展開する上でのポイント
③多角化展開による相乗効果と、今後同社が目指すビジネスモデル
 

第5回 【近畿エリア】 2014年7月29日(火) ・30日(水)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高齢者のセカンドライフを豊かにするユニーク介護サービス
==========================================================
【視 察】 社会福祉法人 協同福祉会
【講 師】 理事長 村城 正 氏
【テーマ】 「住み慣れた町で、いつもの暮らしを」を実現する7つの理念と10の基本ケア」

ならコープを母体として1999年に特別養護老人ホームからスタートし、今や奈良県内
では多数の介護事業を手掛ける。「地域包括ケア」が日本の介護の未来であるという理
事長の強い思いと、厚労省が推奨しているものの、いまだ定着していない「定時巡回・随
時対応型訪問介護看護」を学ぶ。
★ポイント★
①介護職と看護職が助け合える社風を築く7つの理念の徹底
②10の基本ケアで紙おむつをしないケアとは(全国の施設より見学・研修生が殺到中)
③地域包括ケアこそが日本の介護の未来をつくる
==========================================================
【視 察】 ロングライフホールディング 株式会社
【講 師】 代表取締役社長 遠藤 正一 氏
【テーマ】 「季節により移り住む「ケア・ツーリズム」という高齢者の新たなセカンドライフの推進」

1986年、日本初の総合介護の株式会社を設立し訪問入浴からスタート。以来27年間、介
護事業一筋で2002年に上場し、今や100億円企業に成長。富裕層に満足いただけるサー
ビスを追求し、2011年11月には中国青島に高級有料老人ホームをオープン。インドネシ
アでも事業の礎を築き、世界に日本の介護サービスを輸出する成長戦略を学ぶ。
★ポイント★
①「片手にバイブル、片手にそろばん」でサービスの質は高級ホテル、ケアは病院を目指す
②「夏は北海道、冬はジャカルタ」で季節により移り住む新しいコミュニティづくりとサービスのあり方について
③中国で出会った「あんず」がもたらした青島での高級有料老人ホーム設立と、今後の世界戦略
 

第6回 【関東エリア】 2014年9月9日(火) ・10日(水)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
患者・家族への高い顧客満足を提供する究極の医療・介護サービス
==========================================================
【視 察】 医療法人社団 慶成会(青梅慶友病院)
【テーマ】 「豊かな最晩年を実現する究極の終末期医療サービス」

病院は究極のサービス業であると捉え、自分の親を安心して預けられる施設を実現する高齢者専門の人気病院。突出した理念経営と「生活」・「介護」・「医療」の順番を大切にするサービスにより、豊かな終の棲家を提供している。
2013年6月20日TV東京系「カンブリア宮殿」に出演。
★ポイント★
①「病院は究極のサービス業」と位置づける突出した医療ポリシー
②親を安心して預けられる病院実現に向けた独自の工夫と取り組み
③入所費用60万円/月、入院待機者の絶えない人気病院のビジネスモデル
==========================================================
※従来の放射線治療では困難な疾患にもすぐれた効果を発揮する「陽子線治療」。その陽子線治療で多くの実績を持つ南東北病院グループの関東圏所在施設(病院・介護施設など)を視察予定です

基本タイムスケジュール

■1日目
13:50       ご集合
14:00~14:10 オリエンテーション
14:10~15:10 基調講義(もしくはゲスト講話)
15:20~16:50 企業視察
16:50~17:10 (移動)
17:10~19:20 講師を囲んでの夕食懇親会

■2日目
8:30       ご集合
8:30~9:30  オリエンテーション
9:30~10:30  視察
10:30~11:30  講義・質疑応答
11:30~12:30  ディスカッションまとめ
12:30       解散

募集要項

受講対象:経営者・後継者
  ※なお、同一企業からの2人目以降の参加者は執行役員以上とさせて頂きます。

定員

30名
※定員になり次第締め切らせて頂きます。

■年会費
 ◆お一人様 360,000円+税
  *お申込み企業から、各回にお一人ご参加頂けます。(毎回別の方のご参加も可能です)
  *1回~6回までの各回の懇親会、教材費を含みます。
  *交通費・宿泊費は各自ご負担頂きます。

 ◆同一企業からのお二人目追加参加:1回50,000円+税
  *ただし、ご入会時にどの回にご参加されるかのお申込みが必要となります。
  *追加でのご参加は、希望者が多い場合はお断りすることがあります。

お申し込み

請求書記載の振込期限までに、銀行振込にてお支払いください。
ご入金を持ちましてお申込の正式な受領とさせて頂きます。
事情によりお申込をお受けできない場合がございます。
予めご了承ください。

アドバイザーならびにコーディネーター

所属・役職
【アドバイザー】 取締役
氏名
南川 典大
得意分野・専門テーマ
タナベ経営のトップコンサルタントの一人として、経営の視点から、人と仕組みの問題解決を行なうソリューションコンサルタントとして、多くの成長企業をサポートしている。
所属・役職
【チーフコーディネーター】 メディカル・ヘルスケアチームリーダー
氏名
松室 孝明
得意分野・専門テーマ
経営戦略・事業戦略、マーケティング戦略立案、ビジネスモデル改革・新規事業開発を主体に多くのヘルスケア関連中堅・中小企業のコンサルティング活動支援で業績向上に貢献している。
所属・役職
【コーディネーター】 東京本部長
氏名
仲宗根 政則
得意分野・専門テーマ
中堅企業に多くのクライアントを持ち、事業戦略・マーケティングを中心とするコンサルティングで実績を上げている。特に、ヘルスケア関連ビジネスのマーケット動向を踏まえた競争優位に立つ事業戦略・ビジョンづくり、業績を上げるマネジメントシステムの構築には多くの実績を持つ。
所属・役職
【コーディネーター】 中四国支社 部長
氏名
影本 陽一
得意分野・専門テーマ
介護福祉専門コンサルティングメンバーとして、ビジネスモデル、業績改善支援に多数従事した実績を持つ。
所属・役職
【コーディネーター】 大阪本部 部長代理
氏名
岡田 牧子
得意分野・専門テーマ
病院・介護施設などの運営システム構築(基本マニュアルの作成から接客など)によるチーム活性化。
お電話等でのお問合せ
株式会社タナベ経営 企画開発部
フリーコール:0120-988-548
E-mail:kikaku@tanabekeiei.co.jp ホームページからのお問合せ・お申込み