参加者の声

株式会社イシカワ様

株式会社イシカワ
代表取締役社長 石川 一朗 様

フォーラムはいかがでしたか?

このフォーラムは毎回構成が違うので、各回に違った印象があります。
基本講義で色んな視点を想像できて、続く事例紹介で具体例を基に考えられるので、より知見が広がります。
今回も何か吸収できる事はないかと考えながら受講し、知見が広がりました。
分科会では、祖業でやっておられた請負・建設事業から、コンストラクションマネージメントに特化された企業の事例でしたので、成長や進化のリアリティを肌で感じて刺激を受けました。企業対談は規模の大きな企業での事例でしたので、弊社には当てはまらないのでは?と心配しましたが、「目指すところ」に注目すると、とても前向きに受け取ることができます。
ここで受講したことをいかに自分のものにしていくか。結局、受取り方次第ではないかなと感じています。

また、弊社では複数名でフォーラムの参加を続けていることで、お互いの共通言語が増えてきているなと実感しています。同じ目線で物事が見れるようになってきたのは、同じ場所で同じ事を聞いて、同じ空気を吸ってどう感じたか?ということをディスカッションできているからと感じています。幹部メンバーと社長である私の考えを効率的にすり合わせができて、会社経営に落とし込むことができる。そういった良い循環サイクルが生まれています。

特に印象に残ったことをお教えください。

今回一番響いたワンフレーズは、若松代表の「地上の星を見つけなさい」という言葉でした。
つまりリーダーたるもの、チームビルディングするためには人を見つめなければならない。自分の手元に人がいないと嘆いてしまうのでなく、色んな個性があるメンバーをいかに組み合わせて一つのチームとしてまとめ上げていくのか、ということではないでしょうか。そこには当然ビジョンも、チームのバランスを見る感覚も必要です。今、私は色々な部分を試されているのかもしれないという気持ちです。

石川 一郎 様

情報交流会はいかがでしたか?

交流会は、全く異業種・異業態の方とお話することでいつも発見があります。セミナーの話のみではなく、事業承継や事業領域の話など、経営のありとあらゆるお話が出てくる。また、このセミナーでお会いする方には利害関係が無いので、率直な意見が交わせることも魅力ですね。交流会では名刺交換をしているので、今では知り合いも増え、色んな話も弾んでいます。

株式会社メガハウス様

株式会社メガハウス
代表取締役社長 奥山 嚴 様

今回のテーマ「チーム力」で一番印象に残ったことは?

「新しい風を吹き込む」というキーワードです。弊社では「コト創造プロジェクト」として、新しい風を会社に吹かしてください、ということを社員へのミッションとしています。これは、社員がどれだけやる気を出して真剣に取り組んでもらえるかという観点もありますので、非常に共感できました。
経営課題のヒントとしては、「ビジョンが浸透しているか?」ということを考えさせられました。中期経営計画の前期と後期で、私が違う表現でビジョンを語りました。次世代リーダーには内容趣旨を説明しておりますが、彼らが理解し、部下にきちんと伝えてビジョンが浸透できているのか?ということに気付き、分かりやすいビジョンの必要性を強く考えさせられました。

事例紹介や企業対談はいかがでしたか。

売上規模が近い企業の事例を学びました。社員のスキルを最大限に発揮できる職場環境を作ること、限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮していくこと、まさに今、働き方改革などで掲げられているテーマを実践されている企業で、弊社とは業種業態は違いますが、大いに参考になり、とてもいい刺激になりました。
また、企業対談の1社は創業100年以上の長寿企業、1社は創業20年の企業ということで、トップの改革への意志や課題など、共通性があるのだなと感じました。

多人数で参加される理由は?

今回は10名近いメンバーで参加しました。メンバーは私と幹部たちです。弊社は来年度から新しい中長期経営計画を始めるため、このセミナー後の戦略ボードミーティングを経て、経営計画の内容を構築していく予定です。例えばその時に、自分だけが色んなキーワードを出しても、皆に伝わらず理解が深まらないといったことが考えられます。そこで幹部クラスにフォーラムに参加させることで、私と同じ情報を得て、同じテーブルで会話でき、同じ言語で議論できるようになります。その意味でも、この後の戦略ボードミーティングに向けての環境づくりとして活用をしています。
また、過去に参加したメンバーが交流会で知り合った方と連絡をとったり、情報交換をしたりもしています。これも非常にいいことだなと思っています。

奥山 嚴 様

株式会社サンキョー様

株式会社サンキョー
技術部 部長 加藤 真一 様
技術部 生産技術課 係長 池上 勝洋 様

フォーラムで印象に残ったことは?

弊社の抱えている課題に沿ったテーマでしたので、共感できる部分が非常に多く、解決のヒントになりました。原点として「一人ひとりが幸せになるためにどういった働きがいを持って、お客様にどのようにパフォーマンスを上げていくか」ということに繋がっているのだなと改めて感じました。これはシンプルですが、一番大切な部分と思います。
また、自律的な社員を育てられている企業の事例を聞き、弊社も自分で考えて動くことを推奨する中で、大変参考になりました。社員が幸せにやりがいをもてることをどれだけ実現できるか、ということを自問自答するよい機会になりました。新入社員が入社から半年ほど経ちましたし、彼らにこれからどういった指導・育成をしていくのかを計画したいと考えています。

事例紹介や企業対談はいかがでしたか。

会社全体の商品にいかに繋げていけるかということが課題と感じました。現状、弊社では各セクションでそれぞれが課題を出して、そのテーマに向かって取り組んでいますが、繰り返し行っておりますので、詰まるところ少し出し切っている面も感じています。会社自体が部門をまたいで提携していけば会社の利益にさらなる貢献ができるのでは、と思っていますので、部門内のみではなく、会社全体としてどのように活躍をしていくのか、ということを様々な事例を交えて聞かせていただいき、参考になりました。

今回の講義で自社に持ち帰りたいことは?

弊社では各セクションで業務が分かれているため、どうしても自部門に特化した作業や課題が優先になってしまいがちです。もちろん部門毎に長けた能力はありますが、製作をしている商品に関して各部門がどこまでの理解をしているか、

加藤様 池上様

最終的なお客様に届けるものに対してどういう意識を持って仕事をしているかを考えると、より教育は必要だと感じています。そこを解決できるシステムがあれば、さらにより良い物が作っていけると感じました。
実務と時間のキャパシティもあり、教育という部分を自社の中だけでやることは難しいので、外部の力を借りてもいいとも思いましたし、事例にあった企業内大学(アカデミー)などのシステムはとてもいいものではないかと感じています。できるだけこういった教育の機会も私たちだけではなく、他の社員も参加できる仕組みは作っていきたいと思いました。

株式会社モトックス様

向かって左より
株式会社モトックスプラニング
経営企画室室長 片岡 覚 様

株式会社モトックス
執行役員    生田 良行 様
専務執行役員  新村 佳和 様
取締役副社長  寺西 太亮 様
部長      京口 武 様
課長代理    古川 大資 様

今回のテーマ「チーム力」はいかがでしたか?

素晴らしかったですね。「社員を信じて、そのポテンシャルを引き上げながら経営をやっていきたい」と話題にしていたタイミングでテーマが「チーム力」でしたので、とても参考になりました。
特に印象に残ったことは「社員一人ひとりが幸せになって、かつ全員が活躍の場がある職場」ということが素晴らしいことだと改めて認識できたこと。一人ひとりが成長すれば、また違ったチームも作れますし、絶えず振り返りながら意識していく必要があることだなと強く感じました。そして、その答えは一つではないということでしょうか。チーム力とは、いつまでも高みを目指せる課題だと思っていますので、様々な規模や業種が違う企業事例があった中で、改めてそう感じました。
ファーストコールカンパニーフォーラムの参加は、今回で3度目になりますが、毎回いい刺激になっています。幹部と受講しているので、それこそ「チーム力」を高めるために活用しています。

これまでに参加して変わったことはございますか。

中期経営計画の内容や数字の振り返り、利益の具体的な数値設定なども以前とは大きく変わってきました。今日の講義でも「社員数と目指すべき利益の指標」も聞いたので、意識したいと思っています。また、弊社では参加したメンバー全員が同じ分科会ではなく、異なる分科会を選び、違う講義を受けたので、この後で講義内容や意見のすり合わせをする予定です。
タナベ経営の講義で特に面白く感じることは、数字のことを具体的に提言をされますが、一方で理念や社会的な役割などの重要性を説かれるという点です。私たちは創業から100年を迎えましたし、それを受けてお客様に理念などをより強く伝えていきたいと思っています。

タナベ経営のセミナーを選ぶ理由は?

私たちに必要なことを学べることはとても助かっています。タナベ経営の特徴として感じることは、必要なことを自由に選択できるということが大きいですね。例えば以前、弊社で物流面を強化するために、タナベ経営が開催する企業視察型のセミナー「戦略ロジスティクス研究会」に参加しました。このように、部門・分野で特化したところに集中して参加できることは、タナベ経営ならではのメリットではないでしょうか。

寺西 太亮 様

※役職は2016年6月取材時

詳細はこちら