2017.11.17

2

2017.11.02 thu

DOMAIN&FUNCTION

新規事業開発研究会

REPORT
日目

11.02 thu

シームレスカプセル技術で老舗企業を蘇らせる!

講師森下仁丹株式会社
代表取締役社長駒村 純一 氏
学びのPOINT

①「存在価値を問え」
わが社の存在価値は何か、顧客にどんな価値を提供できるのかを問い、社会に必要とされる企業を目指せ!
②「固有技術を活かす視点」
既成概念に捉われない視点、外部からの意見を取り入れ、固有技術を活かす場を模索する。
③「小さく始めてみる」
失敗とわかったらすぐ撤退できるように小さく始めてみる。ただし、タイミングが来たらすぐ活用できるようデータは蓄積しておくこと。

KFS固有技術を活かすには、外に目を向けること

業界に捉われず、社会のあらゆることに関心を持ち常に新しい目で自社を見直してみる。また、技術を外部に発信し(オープンイノベーション)、外部からの気づきを得る。
日目

11.02 thu

企業理念に基づいた多様な事業を展開!

講師トップ産業株式会社
代表取締役社長松岡 康博 氏
学びのPOINT

①「お客様が見えているか」
事業の提供する価値がお客様を幸せにするものか?また、お客様、社員、取引先も含め笑顔を共有できるものであるか?
②「新規事業担当者はエース人材を充てろ」
エース人材を担当者にすることで、社外にも社内にも取り組みに対する本気度を示す。
③「絶対やる覚悟はあるか?」
新規事業を始めるには綿密な計画を立て、撤退基準も明確にするが、絶対やりきるという強い覚悟を持って始める。

KFS新規事業のヒントはお客様の声を聞け!

主婦モニターからの意見や、お客様からの生の声を聞く場を作ることで、リアルなニーズを反映した新規事業、新商品開発のためのヒントにする。
Voice 参加者の声
経営者の生の声を聞くことができ、多くの気づきを得ることが出来た。自社ではわからない技術を着眼点を変えて新しい事業に投入していくノウハウを作ることが重要だと感じた。 製造業・取締役
ゲスト講師2名の講演が素晴らしく、また、戦略ディスカッションでも多くの意見を聞くことができて非常に有意義な時間でした。
卸売業・社長
NEXT TIME

第3回目は、東京でオープンイノベーションやM&Aを活用した
新規事業の立ち上げを学びます!

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ