2017.10.11


2017.09.28 thu

DOMAIN&FUNCTION

人を活かし、育てる
会社の研究会

REPORT
日目

09.28 thu

ソウエクスペリエンスに学ぶ、社員がイキイキと働ける環境づくりとは

講師ソウ・エクスペリエンス株式会社
代表取締役西村 琢 氏
学びのPOINT

①『働き方』を考えた時、「YES」と言ったほうが、社内で色々なことが生まれると考えた。社長に「YES」と言われ、嫌な気分になる社員はいない。結果社員のモチベーションも上がり、変化を好む風土が生まれた。
②子連れ出勤を実行せよ。というわけではなく、「子連れ出勤」という社員から出たアイデアを受け入れたことで、結果的に多様なアイデアが生まれやすい職場環境が作られたのだと思う。
③便利で豊かで多様な現代社会において、課題や提案を肯定的に捉え、かつ実行していく"行動力溢れるYESマン"が力を発揮しやすい。

KPI体験型ギフトの購入者数は前年の
約3倍!

この数字に繋がったのは、社員のアイデアや実行力のおかげ。このようにわが社ではアイデアが重要であるため、アイデアが生まれやすい風土や社員の働きやすさを重要視している。

日目

09.28 thu

創造性や生産性を向上させる職場環境づくり

講師株式会社岡村製作所
マーケティング本部 ソリューション戦略部 未来企画室室長 兼 WORK WILL編集長遅野井 宏 氏
学びのPOINT

①日本の労働生産性は世界と比較しても、変化しておらず、依然として低いままである。生産人口が低下していくので、生産性向上に取り組む必要がある。
②働き方改革の意味は広く深いので、個々の施策に走らず、全体感を持って取り組むべきである。
③働き方改革推進のポイント
 a.危機感を高める。
 b.短期的ゴールを設定する。
 c.企業文化に定着させる。

KPI従業員のパフォーマンスを
100%引き出す

日本の企業の施策は問題発生後の対応策ばかりであるため、問題を防ぎ、社員がワクワクし、モチベーションが上がる職場づくりをしなくてはならない。

Voice 参加者の声
Yes is moreを貴重とした考え方、やり方はこれからの時代を勝ち抜く手法として非常に良いと思った。
ガス機器販売・専務
生産性を高めるためのオフィス空間づくりを今後検討していきたいと思う。社員の能力UPのためにできる仕組みやしかけのヒントとなった。
産業廃棄物処理・経理
受講風景
NEXT TIME

第2回は 11/24(金) 東京開催
①人が輝く「場」を創る総務の仕掛け、「人」を知り、
 「人」を主役に輝かせる『ウィズワークス株式会社』様 ご講演
②革新性・創造性を重視する『スクエアエニックス』様 視察・ご講演!

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ