2018.10.05

1

2018.09.18 Tue

DOMAIN&FUNCTION

新規事業をスピーディーに
生み出す研究会

REPORT
日目

09.18 Tue

社会インパクトを生み出す、社会起業家のプラットフォーム

講師株式会社ボーダレス・ジャパン
代表取締役副社長鈴木 雅剛 氏
学びのPOINT

①社会課題解決を対象としたビジネス(ソーシャルビジネス)はブルーオーシャンであり、社会的にはSDGSの考え方が浸透しつつある。
②ソーシャルビジネスの成功条件は、ビジネスモデルより前に、理想の未来像を描く「ソーシャルコンセプト」を設計すること。既成概念に捉われない独自の切り口・捉え方がポイント。
③事業部間では全ての財務情報を開示し、共同経営を実施。素早い修正力から新規事業のスピーディーな立ち上げに成功。

成果確固たる「VISION」の達成に向け、
11年間で20事業を実現!

新規事業最大の成功要因は、理想の社会の実現に向けて、何が何でも成功させたいと真剣勝負で取り組む「人」と「環境・仕組みづくり」
1日目

09.18 Tue

日本を代表する次世代乗り物メーカーになる!

講師glafit 株式会社
代表取締役鳴海 禎造 氏
学びのPOINT

①経営理念・ビジョンを描き多くの仲間と共有する。「理念」「ビジョン」がない変化は「ブレ」であるが、これらがある変化は「成長」である。
②新規事業は、「社会性」→「独自性」→「経済性」の順番で考える。収益性先行で考えるのではなく、その事業の社会的意義が最上位概念にくる。
③事業を成功させる要素は「商品力」x「販売力」。旬な商品特徴(エコ・健康・ハイブリッド)と話題性のある手法(クラウドファンディング、記者会見等)で最大化を図る。

KFS仲間を巻き込む100年ビジョン経営

自分ひとりでできることはほとんどないが、仕事を通じて実現したい夢(ビジョン)がある。経営者は、経営理念を掲げビジョンを実現する事に力を注ぐことが重要。
Voice 参加者の声
新規事業、利益は理想の社会を実現するための手段であり、方法論であるという考え方が衝撃的でした。何よりも強い意思とビジョンが最も重要であると感じました。
土木建設業・代表取締役
毎回違った視点でビジネスを考える機会となるので、刺激になります。特に今回は社会問題の解決からスタートする考え方を知る事ができて勉強になりました。
製造業・頭括マネージャー
NEXT TIME

第2回目は、オープンイノベーション、クラウドファンディングの活用について学びます!

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ