マーケティングで実現する
働き方改革プログラム

マーケティングを変革し、
適正な労働時間で利益を上げる収益モデル改革

期待効果

対応業種

  • 残業、緊急対応、休日出勤が多い販売会社(医療機器商社、福祉用具商社、介護事業者)

  • 納期、仕事量が自社ではコントロールしづらい企業(下請け型メーカー、加工業、物流、システム開発など)

支援内容

すべての業務・仕事の出発点である「顧客」「顧客との付き合い方」を検証し、自社の利益毀損、過重労働の源流を特定する。加えて、生産性向上を実現し、付加価値で勝負するビジネスモデルへの移行に向け、マーケティング戦略を変革する

  1. 過重労働の源流分析

    (顧客採算性、商品採算性、対応負荷、歩留まり)
  2. 現行顧客ポートフォリオ評価

    (取引条件、利益貢献度、社内負荷、顧客の成長性)
  3. モデル収益・生産性シミュレーション

    (撤退・値上げ、業務量削減・余剰工数)
  4. マーケティング戦略の見直し

    (顧客ランク、顧客対応基準、撤退・値上げ施策)

支援期間

6カ月