次代の経営チームを巻き込んで〈新・中期経営計画〉を策定

中期経営計画の策定は、プロセスに関与したメンバーの、全社的・経営的視点からの事業策定力、組織展開力といった経営スキルを鍛えることにもつながるコミュニケーションツールです。

新・中期経営計画の策定方法は、自社が置かれている局面と、それを打開するためのテーマ軸である「事業革新力」と「経営体質強化」、さらに、「組織推進力」と「人材育成力」を軸に、大きく四つのタイプに分けることができます。


consul_managementplan_img01.png

▲4つの主要な提供形態(バリエーション)


チームコンサルティング主体の
社内プロジェクト参加型

成長エンジンを推進するための「事業革新力 - 組織推進力」強化を目的として新・中期経営計画の策定を行なうタイプ。事業革新性を命題にした場合、コンサルタントという第三者からの戦略判断資料の提供を受け、それを仮説とすることで、業界の枠や社内のしがらみにとらわれることのない計画を策定できます。新・中期経営計画の戦略性と革新性レベルを引き上げつつ実行力を高めることが可能です。


社内プロジェクト主体の
チームコンサルティング支援型

経営体質強化の主役は社内にあるという認識のもと、体質強化を推進する力に重点を置いて新・中期経営計画を策定するタイプ。コンサルティング・メソッドを駆使して、プロジェクトメンバー自らが調査・分析を行なうことで、主体性のある体質改善が可能です。結果、明日から何をすべきなのかといった実践策が策定できます。


consul_managementplan_img04.gif

インプット主体の社内プロジェクト型

事業の革新性や新・成長エンジンを求めて、事業・組織・収益などのチーム編成で社内プロジェクトを組成し、新・中期経営計画を策定するタイプ。目的や基礎知識、策定プロセス、浸透させる方法などを学ぶことから始めます。策定そのものに不慣れな会社やプロジェクトメンバーが多い会社に適しています。


インプット主体の社内スクール型

「研修型」とも言えるスタイルです。タナベ経営が長年の経験から導き出した教育カリキュラムで、アウトプットフォーマットを決めて新・中期経営計画を策定します。プロジェクトメンバーによって基本に忠実な策定ができることがメリット。〈Ⅲ〉タイプよりさらにインプット型になり、多くの会社がその後、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのいずれかのタイプへレベルアップします。

 ジュニアボード 詳細を見る

ファーストコールカンパニーの「中期経営計画」とは?!

「全国のファーストコールカンパニー経営者とトップコンサルタントとの対談」で、成長の本質に迫ります。

総合メディカル株式会社

地域になくてはならないヘルスケアビジネスを全国へ

日本全薬工業株式会社

独自技術のブランド製品を国内外市場へ展開

    コア・コンピタンス経営で次世代への道を拓く動物薬メーカーのリーディングカンパニー

    日本全薬工業株式会社
     詳細はこちら

株式会社マスダック

新・成長戦略「中期経営計画」をマネジメントの軸に世界へ挑戦

    顧客価値の変化に対応し、事業ドメインを変革・創造

    株式会社マスダック
     詳細はこちら