「顧客満足度の向上」というトップ方針を実現するには、その活動の主役となる社員の満足度(ES:Employee's Satisfaction)の向上が大前提となります。
経営トップの戦略・方針をスピーディに実行し成果に変えてゆくためには、社員一人ひとりの意欲・能力・チームワークが不可欠です。これらの総和が組織を活性化させ、社員満足度を高めます。
組織が活性化するためには阻害する要因を取り除かねばなりません。タナベ経営は組織活力サーベイによって、「どのようなテーマで改善すれば、バイタリティにあふれた、一丸となって経営目標を達成してゆく組織に変革できるのか」といった改善の方向性をご提示いたします。

「組織活力サーベイとは」

  • 「組織サーベイ」(経営理念の浸透度、人間関係、仕事に対する達成感など)
  • 「モラールサーベイ」(能力の適合性、自己啓発意欲、労働環境意識など)
    -の2つの無記名アンケートにより、社員の活力をリサーチします。

組織サーベイ

「自社は、正しく機能する組織になっているか?」、「成長を妨げる要因はないか?」を明確にします。 また、優良企業指標との比較ができます。

組織の活力を探る8つの着眼によるアンケート

カテゴリー 内容
1.経営基盤 経営理念・ミッション、方針の浸透度、徹底度は?
2.管理者のマネジメント 管理者のマネジメント力は?
3.職場環境 人間関係の良し悪し、職場環境の充実度は?
4.仕事の品質 品質の高い仕事が行なわれているか?
5.仕事の充実度 仕事に対する達成感、興味の度合いは?
6.採用・配置・昇進 人材採用、配置、昇進に関する納得度は?
7.評価・賃金 評価・賃金制度は明確か?その納得度は?
8.人材育成 人材育成の仕組みは整っているか?

組織サーベイ結果のサンプル

組織サーベイ結果のサンプル


モラールサーベイ

「仕事内容・評価に対する従業員の満足度はどうか?」、「ロイヤリティ(帰属意識)、今後の向上意欲は?」 などの実態を業種別・規模別平均と比較できます。

やる気・やりがいを探る5つの着眼によるアンケート(全22項目)

カテゴリー 内容
1. 仕事 現在の仕事の肉体的・精神的な負荷の度合いは?
仕事への能力活用度・評価の妥当性は?
2.労働条件 実労働時間・残業に対する意識は?
3.職場環境 仕事環境の悩みは?
4.能力開発 知識や技術のレベルアップに対する意欲は?
今後の昇進意欲は?
5.職業意識 現在の仕事や会社に対する満足度は?

モラールサーベイ結果のサンプル

モラールサーベイ結果のサンプル


組織活力サーベイ実施フロー

step1 調査の打合せ
アンケート実施日・対象人数・集計区分等の確認
step2 アンケート調査実施
約100問の簡単な質問に無記名で回答していただきます。
※回答方法は「WEB」と「マークシート」からお選びいただけます。
step3 アンケート集計分析
アンケート回答を集計・分析、過去実施企業の平均値等を織り交ぜ、現在の問題点を洗い出し。
step4 改善コンセプト明示
組織活力の阻害要因、改善の基本方向を報告書にまとめて提出。

組織活力サーベイの料金

集計区分 人数 料金
集計区分が3区分の場合 ~50名 ¥450,000
~100名 ¥600,000
~300名 ¥1,000,000
~500名 ¥1,200,000
~1000名 ¥1,500,000
~2000名 ¥1,700,000
~3000名 ¥2,000,000
集計区分が4~5区分の場合 10万円アップ

※3000名を超える場合は、別途お見積りと致します。