Home
  • 資料請求・ご相談
  • 資料請求・ご相談
  • MENU

年間100社のジュニアボード・
300社の中期経営計画策定支援の実績

事業永続に向けた
次世代の幹部候補を育成する
ジュニアボード設立支援

次世代
経営チーム
づくり
永続発展に向けた
体制づくり
マネジメント
ノウハウ
経営幹部としての
マネジメント
ノウハウの習得
経営意識
現場マネジャーから
脱却し、経営意識へ
(モノの見方・
考え方)

無料お問合せ無料資料ダウンロード

次世代幹部候補育成で
ジュニアボードを実施するねらい

将来の会社の柱となる経営幹部人材の育成と、次世代の会社ビジョン・
経営戦略への提言を同時におこなうために、プロジェクト形式で進めてゆきます

1

実践的なマネジメント力を習得する

自社の現状認識と、今後の進むべき方向を自由に考え、発案させる場をつくる
2

経営陣と同じ価値観を持たせる

全社ビジョン・方針の策定プロセスに参画することにより、「自分ならどうするか」と考える意識を持たせる
3

経営意識を醸成する

研修の対象テーマは自社社そのものであり、常に全社的視野で考えさせる

ジュニアボードとは

ジュニアボードとは、アメリカで始まった制度で、若い中堅幹部・社員を青年重役として任命し、彼らに経営全般について、またビジョンについてなど、 重役と同じように問題を討議させ、そこで生まれた若い人の感覚によるアイデアを役員会に意見具申させ、良い点を取り入れていこうとするものです。
このジュニアボードは後継体制の構築に極めて高い効果を発揮します。

ジュニアボードの実施による経営⼟壌の強化

ジュニアボードの開催により、幹部人材・能力開発による経営土壌の強化が図られます。

  • 人材育成の役割
  • 中期経営計画推進の枠割
  • 経営改革の役割
次期役員・執行役員
経営幹部の育成
会社的視野・経営視点(市場・営業・仕入・財務・人事)
意志決定力・ビジョン構築力・リーダーシップ
幹部の成長による成長力・収益力のアップ(計画達成力)
幹部人材・能力開発による経営土壌の強化

ジュニアボード成功の方程式

「的確性」×「推進力」

ただ仕組みを作っただけでは機能しません。
プロジェクトを成功させるために、経営コンサルティング
会社ならではの「的確性」と「推進力」でコンサルティングを実施します。

1957年創業以来の歴史と年間100件の豊富な実績に基づく
タナベ経営のジュニアボードをぜひご活用ください

ジュニアボードコンサルティング実績

守秘義務があるため、上記年商・社員数の規模は調整して記載しております。

年商200億円、社員数300名の
調味料メーカー

6年前からコンサルティング支援、
1年前倒しの2年目で中期目標達成。

卸事業・小売事業・業務用・WEB販売の各事業と、仕入・製造における生産管理・原価管理等の各機能別にプロジェクト組成し中期経営計画・年度計画を策定。 また役員会・業績会議での支援及び半期レビューを実施(戦略キャンプ)

進捗の確認・環境変化に応じた戦略の見直しを図るとともに、実行推進の体質化により大きな成果をあげている。

年商100億、社員数90名の
食品メーカー

組織体制の整備、幹部育成を中心に課題解決に向けたコンサルティングを実施

製品の競争力はあるものの、ワンマン経営から脱皮できておらず、組織体制・管理体制が中⼩企業の課題を積み残しながら中堅規模になっている。また中期経営計画も策定されていなかった。

今後は次世代新体制へ入るため、経営システム再構築と長期的にパフォーマンスを発揮し続けるための制度構築が必要と判断。組織体制の整備、幹部育成を中心に課題解決に向けたコンサルティングを実施している。

年商100億円、社員数400名の
菓子製造メーカー

中期経営計画の重点テーマで大きな成果を上げると同時に、
次世代経営メンバーの教育も実施

和洋複数のブランドにより約80店舗規模で店舗展開をしている菓子メーカー。事業承継を控え将来の戦略設計・後継者育成及び次世代経営幹部育成としてジュニアボードを実施。 メンバー間での考え方を共有し将来に向けたビジョンを設計。ブランドマネジメントなど、中期経営計画の重点テーマを中心に取り組み大きな成果をあげると同時に、次世代経営メンバーの更なるステップアップに向けた教育を計画している。

年商100億、社員数180名の
酒造メーカー

計画策定と同時に体制の見直し、
業績・営業マネジメント等の推進面も強化

強いブランド力がありながら、販路の衰退等既存のビジネスモデルから脱却できずにいたが、ジュニアボード及びチームコンサルティングにより中期経営計画を策定、 新たな成長モデルを構築した。計画策定と同時に体制の見直し、業績・営業マネジメント等の推進面も強化し、次世代経営メンバーを中心に新たな目標の達成に取り組んでいる。

ジュニアボードの体制例

下記はあくまで例ですので、体制は事業規模や組織規模などに応じて、柔軟に対応いたします。

タナベ経営による中期経営計画策定・推進支援の実施

タナベ経営ジュニアボード支援コンサルティング
年間100社のジュニアボード実績
年間300社の中期経営計画策定・支援の実績
数々のクライアントの変化と成長を支援したノウハウ

60年以上の実績(高度化・専門化への課題解決ノウハウ)
高い専門性をもつプロフェッショナルメンバーの選定
全国10拠点によるリージョンによる総合支援体制

成長ドメイン

  • ・食品フードサービス
  • ・カーライフ
  • ・ヘルスケア
  • ・観光ツーリズム
  • ・ウェルネス
  • ・アグリ
  • ・住まいと暮らし
  • ・ロジスティックス
  • ・建設ソリューション
  • ・金融機関
  • ・ビジネスモデル
  • ・会計事務所
  • ・Web・通販
  • ・子育てマーケット
  • ・ものづくりテクノロジー
  • ・海外ビジネス等

ファンクション

  • ・中期経営計画
  • ・マーチャンダイジング
  • ・収益構造
  • ・新事業開発
  • ・組織デザイン
  • ・新商品開発
  • ・経営管理システム
  • ・人材育成
  • ・後継体制(事業承継)
  • ・人事制度
  • ・プロモーション
  • ・組織開発
  • ・ブランディング
  • ・経営の見える化等

現状分析+ジュニアボードの全体スケジュール例

タナベ経営の事前分析を踏まえ、さらに討議を重ね、ジュニアボードの成果物となる自社の中期経営計画(イノベーションプラン)を作り込み、 完成後は社内に落とし込んでゆきます。イノベーションプランの推進リーダーはジュニアボードメンバーであり、自信の策定した計画を現場で推進することになります。

※上記は中期経営計画を平成28年11月に完成させることを想定し、毎月開催とした場合のスケジュールです

課題テーマ設計の進め方

ジュニアボードの「課題テーマ設計」は以下の通り、タナベ経営と貴社メンバーとの共同作業で進めていきます。

構造分析(調査・分析)
1 レクチャー講義
(インプット)
 
(1)構造分析の着眼点について
(2)構造分析の進め方について
(3)課題テーマの設計の仕方について
 
2 調査・分析の実施
(調査・分析のスキルアップ)
 
タナベ経営と各メンバーチームを編成
タナベ経営がリードし調査・分析を実施
(1)事業構造分析チーム
(2)収益・財務構造分析チーム
(3)組織構造・経営システムチーム
 
分析内容のまとめ
3 構造分析のまとめ  
(1)各チームの構造分析内容の共有・擦り合せ
(2)分析内容のまとめ
 

構造分析に基づき、中期経営計画の課題テーマを設計(構造分析と課題テーマ設計報告書)

構造分析・まとめを通して、
ノウハウ・手法も学んで頂きます
※あくまで一例になります。
 お客様の状況により設計の進め方などは変わる場合があります。

構造分析の手法例

「組織風土分析」
「組織風土分析」

「組織・経営システム」における分析の一つとして、以下「組織・活力サーベイ」を使用致します。

組織活力サーベイとは、モチベーションやモラールに関する「見えない課題」を見える化します。

(1)以下の2つの無記名アンケートにより、不平・不満・悩み等を全体・性別・拠点別・部門別・階層別・年齢別に浮き彫りにします。

(2)約120項目の質問から組織力の実態を把握
・『組織サーベイ(会社実情調査)』による分析

経営理念・目的・方針・組織の背骨が整然とされ、機能する仕組みになっているか、社員が互いに協力する体制となっているかをチェックします

・『モラールサーベイ(職場生活意識調査)』による分析
社員の働く意識をサーベイする。過去実施企業の数値をストックしているため、業種平均、規模平均、地域平均と照らし、判断基準を明示します
※イメージ図
「幹部適性診断」(オプション)
「組織・経営システム」における分析の一つとして、以下「幹部適性診断」を実施致します。

個人の集まりが企業であり、性格の集まりが社風です。社員の性格・貴社のマネジメント風土を見える形にし、わが社の次代を担う幹部人材育成のポイントを判定すると共に意欲ある隠れ人材の発掘を行います。

(1)リーダーとしてのバイタリティーの判定
その人の個性を「性格能力」と「意識(指向)」からとらえ、職務へのバイタリティーの度合いを判定します

(2)マネジメント力・計画性のレベル判定
主体性・行動力・コミュニケーション力・忍耐力・マネジメント力・計画性など、幹部に必要な特性を測定します

(3)強い組織への改革の方向性を明示
組織風土はリーダーによって決まる。
幹部全体の性格特性・行動特徴を集約し、強い組織への改善具体策を構築します

(4)相互評価にて判定
普段聞くことができない、周囲からどのように見られているかを客観的に認識することで、自己の課題を明確にします

ジュニアボード関連コンサルティングメニュー

中期経営計画策定支援コンサルティング

あるべき姿と現状とのギャップを埋め、持続的成長をするために、2020年以降の市場変化に備えた中期経営戦略策定支援。

事業承継策定支援コンサルティング

多様化する事業承継には、戦略的かつ総合的な判断が重要。貴社というブランドにとって最適な事業承継を追求し、対策をサポートします。

チームリーダー育成研修

若手リーダーや中堅リーダーを対象に、チームを導くリーダーの必要能力を身につける研修を実施。

戦略ディスカッション研修

経営者と経営幹部の目線にズレがある企業に対し、価値観の付け合わせを行う場を提供。

ページトップへ戻る