image1

 

今週のひとこと

忙しいことを理由に、部下の育成・教育を

なおざりにしていては上司失格だ。

部下育成を継続して実行してゆけば、

自らの能力アップにきっとつながる。





☆ 「時間がないから学べない」と言っていませんか?

 「働き方改革」の旗印のもと、勤務時間の短縮やテレワークなど、働く環境をどうするかが話題となる中、後回しにされがちなのが「人材育成」です。
 残業禁止などで勤務時間は短縮されるのに、顧客からの要望は益々難しくなり、忙しさだけが増している。これが多くの働く人々の実感ではないでしょうか。そんな中で集合研修を実施しようとすれば、「こんな忙しい時に...」と嫌がられるのは簡単に想像がつきます。


 では、「学び」の時間は本当に仕事の阻害要因なのでしょうか。
 多くの人の仕事ぶりを見ていると、むしろ逆ではないでしょうか。つまり、仕事が忙しくて学ぶ時間が無いのではなく、効率的な仕事のやり方を知らないから、時間がかかる割に成果につながっていないのであり、適切な「学び」こそが生産性向上への近道と言えます。
 確かに集合研修は、会場までの移動時間を含めると拘束時間が長く、また年に数回しか参加できないという難しさはありますが、ディスカッションなどを通じたダイレクトな刺激があります。一方、通信講座やeラーニングは、時間や場所の制約は無いものの、内容が一般論で即効性がなかったり、学習のモチベーションを維持するのが難しかったりということが課題です。


 時間もコストも限られる中で大切なことは、「研修をする・しない」「リアル・Web」という二者択一ではなく、自社の実態に応じてあらゆる手段を組み合わせ、最適な学びの場を創出することなのです。
 来年度の教育計画を立案されるこの時期、ぜひ、自社に適した学びの形を検討してみてはいかがでしょうか。


戦略総合研究所
藤坂 賢年





senryakupmsg_banner

KPIマネジメント


「受注を○○百万円増加」「粗利益率○○%アップ」「不良率○○%改善」......。こういう文言で、方針アクションプランのテーマ設定が終わっていないだろうか。

これらはあくまでも結果である。結果をチェックすることはもちろん重要だが、もっと大事なのはそこに至るプロセスのチェック&アクションである。「一生懸命頑張っています」では、プロセスの進捗が見えない。PDCAを回すためには、プロセスごとの目標の数値化(指標化)が必要となる。これがKPIだ。Key Performance Indicatorの略称で、日本語では「重要業績評価指標」といわれ、多くの企業で導入が進んでいる。

事例を挙げると、ある住宅会社はイベント参加者の着座率とクレーム率をKPIにしており、ある卸会社は毎月の見積もり提出件数と受注率をKPIにしている。また、ある設備工事会社はメンテナンス売上比率を、あるプラスチック製造会社は新製品売上比率をKPIにしている。このように、業種・業態(ビジネスプロセス)や重点方針によりKPIは違ってくる。要は、1社ごとに違うということだ。そして、これらのKPIは部門や機能に落とし込み、PDCAを回さねばならない。

KPIの改善が直ちに業績向上に結び付くとは限らない。顧客満足向上、社員の能力やスキル向上のKPIであれば、なおさら業績に表れるまで時間差が生じるだろう。すぐに結果が見えないからといって安易な変更に走らず、少し長い時間軸で成果を見極めてほしい。

加えて、PDCAが正しく回るようになるまでに2、3年はかかるものだ。継続して実施し、KPIの改善が業績向上につながったとき、業績改善のPDCAを正しく回せたことになる。

責任者が「打った手が正しかった」と実感することは、業績向上のみならず、組織の成長を促す。そして、年度予算・方針の品質も格段に向上する。

結果管理のみの経営から卒業し、ぜひKPIマネジメントを取り入れていただきたい。


■筆者プロフィール
タナベ経営 コンサルティング戦略本部
東北支社長代理
藤井 健太 Kenta Fujii
クライアントとビジョンを共有し、その実現を支援することを使命とする。特に、全社視点からのストーリー構築、具現化に向けた方針策定から管理までのマネジメントシステム構築を得意としている。また、実行推進においてのきめ細かな指導と着実な支援展開が、クライアントから高い評価を得ている。






1_miraibanner

事前体験の場を提供する「iアカデミー」の設立へ

井上 代表取締役社長 井上 大輔氏(左) サポートディビジョン 業務支援室 部長 桐村 徹氏(右)
井上
代表取締役社長 井上 大輔氏(左)
サポートディビジョン 業務支援室 部長 桐村 徹氏(右)

理念の浸透でピンチを脱して成長軌道へ

京都府福知山市に本社を置く井上。電気設備に関わる多様な課題にワンストップで対応できる「電気のトータルソリューション企業」という独自の業容を築き、2017年に創業70周年を迎えた。

同社を率いる代表取締役社長の井上大輔氏は、電気機器の卸業から電気総合業へと事業の幅を広げた3代目経営者だが、就任当時は逆風が吹き荒れた。事業を継承して社内をチェックすると、財務状態をはじめ、社員のモラルや職場の雰囲気など、あらゆる悪い面が目立ったという。

窮地からの脱出を懸け、井上氏は「何のために人が集まって仕事を行うのか」に主点を置いて、会社経営の意味を考えた。そして、「幸せになろうとしている人を精いっぱい応援できる会社にしていこう」と決意。2011年には「i Standard(アイスタンダード)」と呼ぶ理念体系を定め、それを掲載した小冊子「i Standard Book(アイスタブック)」を全社員に配布。常備させることで、理念の浸透を図った。

「ピンチから脱して会社を成長軌道に乗せられたのは、社員一人一人に理念が浸透した成果」と井上氏は明言する。

若手社員の背中を押す社内アカデミーを設立

井上は理念に基づく「人づくり」にも力を注いでいる。その基本となるのが、「INOUEの成長エンジン4原則」である。自分を大切にする「個の尊重」と、他人をいたわる「相互支援」が充実すると自主的な改善を行う環境が整い、「戦略的計画」などが推進される。そして、「お客様への顧客価値創造活動」「アライアンス企業、地域社会への活動」が加速するという概念である。

「その背景となるのが、全社にわたる価値観の共有」と井上氏は言う。価値観共有の促進に大きな成果を上げているのが、「ワット会」という自由参加の勉強会。「愛」といった抽象的なものから「粗利益」や「回収」といった実務に直結したものまで多彩なテーマが設定され、ベテラン社員と新入社員が真剣に語り合い、定義をブラッシュアップしながら価値観をすり合わせる。

井上氏は「人づくりの根本は主体性。幸せは他人から与えられるものではないから、主体性を発揮できないと幸せの芽は育ちません」と述べる。その主体性の伸長に大きな役割を果たすのが「i デア提案」。部署や会社のためになると思ったことであれば、何を提案しても構わない制度だ。提案書は社内のグループウエアで共有し、経営者宛ての提案は部署や部門でとどまることなく井上氏へ直接届く仕組みになっている。1つの提案につき、「グッジョブポイント」が1つ与えられ、賞与時に1ポイント500円として換金できる。提案総数は、年間800件に達するそうだ。

人づくりの基本は主体性へのこだわり

社員の主体性を優先する同社の姿勢は、昇進制度にも表れている。同社のリーダー職(課長代理と課長)は立候補制なのだ。

「当社はチームワークを重視するため、リーダーに求められるのはチームを支援する能力です。価値観の共有化が進み、最近では他の人と目線を合わせて話ができる優しい性格の社員が立候補するようになりました」と、サポートディビジョン業務支援室部長の桐村徹氏は語る。リーダーをタナベ経営の幹部候補生スクールに参加させ、経営のいろはを修得させる。経営が分からないと、リーダーとして社員への支援に厚みが出ないと考えるからだ。

人づくりの新たな取り組みが、タナベ経営と共に推進する「i アカデミー」の設立である。すでに先輩社員がマンツーマンで指導するチューター制度や、自分が勉強したいことに会社出資で取り組める研修制度などを整えてきたが、今の若手社員はもう少し背中を押さないと鍛えられないと気付いたのである。

「アカデミーでは、現場業務をリアルに再現した『事前体験の場』を用意しようと思います。擬似的な体験を積ませることで、若手が自信を付けて実際の現場で能力を十分に発揮できるようにしたい」と井上氏は期待する。

「脱・競争」をテーマに掲げる井上氏。価格競争など、質の悪い競争は徹底的に排除し、会社のクオリティー向上に結び付くような取り組みに特化すべきだと考えている。「そうすれば、必然的にファーストコールカンパニーになれるはずです」(井上氏)

PROFILE

  • 井上株式会社
  • 所在地 : 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町3-3
  • TEL : 0773-22-5171(代)
  • 創業 : 1947年
  • 資本金 : 4000万円
  • 売上高 : 38億1100万円(2016年4月期)
  • 従業員数 : 89名(2017年2月現在)
  • 事業内容:電気設備資材の卸売業、各種制御盤の設計・製作・設置工事およびコンサルティング、通信監視システムの提案・設計・構築など、各種省エネコンサルティングほか
  • http://www.inouekabu.com/


 タナベ コンサルタントEYE  
1947年、京都府福知山市で電気設備資材卸売業者として創業し、現在では電気設備システム開発から施工、メンテナンスまでを手掛ける電気のトータルソリューション企業として成長を続けている。
その原動力は、社員一人一人の幸せと成長の実現だ。自社の理念体系「i Standard」を軸とし、全社員のベクトルを統一するためにさまざまな研修や社内での取り組みを実施。人材力・チーム力を高めている。同社が「電気のファーストコールカンパニー」となる日はそう遠くないだろう。

mirai-20-2





今週のおすすめ

 

ヘルスケアビジネス成長戦略セミナー

ヘルスケアビジネス成長戦略セミナー

超高齢者時代突入!
シニア中心時代の新商品・新サービス開発戦略

日時:2017年12月7日 東京開催
講演企業
・一般社団法人うちナース
・株式会社ワイズ
詳細はこちら

食品・フードサービス成長戦略セミナー

食品・フードサービス成長戦略セミナー

ブランド事業づくりを考える
日時:2018年1月29・30日 関西開催
視察・講演企業
・マリンフード株式会社
・株式会社ロマンライフ
・株式会社神戸酒心館
詳細はこちら

住まいと暮らしビジネス成長戦略セミナー

住まいと暮らしビジネス成長戦略セミナー

ビジネスモデルを考える
―壁を打ち破れ―

日時:2018年2月15・16日 東京開催
対談・講演企業
・株式会社スノーピーク
・リノベ不動産株式会社
・紀の国住宅株式会社
・ミニメイド・サービス株式会社
・寺田倉庫
詳細はこちら

建設ソリューション成長戦略セミナー

建設ソリューション成長戦略セミナー

建設を極め、建設らしくないを追求する
「何でNo.1になるか? あと3年が勝負!!」

日時:2017年11月1・2日 関西開催
講演企業
・三和建設株式会社
・京都サンダー株式会社
・中屋敷左官工業株式会社
詳細はこちら



生産性向上
コンサルティング

生産性向上コンサルティング
    「働き方改革」とは、単なる長時間労働の削減だけではなく、「生産性向上=付加価値向上を実現するイノベーション」です。
    収益力の強化・効率性重視の社風改善への転換を図るために、働き方改革における生産性向上・生産性改革支援をいたします。

     詳細はこちら

人事制度構築
コンサルティング

人事制度構築コンサルティング
    社員満足だけでなく、同時に業績を上げ、ビジネスモデル変革を目指す
    本人事制度構築支援プログラムは東証一部上場・創業60年の中堅・中小企業の専門コンサルティングファームであるタナベ経営が、これまで6,000社様を超える人事制度構築事例をもとに作り上げたプログラムです。

     詳細はこちら

FCCアカデミー(企業内大学)
設立支援コンサルティング

FCCアカデミー(企業内大学)設立支援コンサルティング
    「学び」が変わる、「働き方」も変わる
    クラウドだからできる、あなたの会社だけの人材活躍システム
    FCC Academy(アカデミー)は、「ファーストコールカンパニー(FCC)」を志す企業のビジョン実現を、戦略に基づいた人材の採用・育成・活躍、そして組織活性化に至るあらゆる側面から支え、更に魅力ある企業への進化を促進する「クラウドを使った学び方改革へのプラットフォーム」です。

     詳細はこちら

 



累計6万名を超える受講実績!「新入社員教育実践セミナー」

新入社員教育実践セミナー

セミナーに参加して、彼・彼女は変わった"。
今年も、この言葉を多くの企業様から頂戴できるよう「新入社員教育実践セミナー」を開催いたします。
ただのビジネス研修ではない、「会社に貢献する人材」として早期に活躍できるよう育成いたします。

 『新入社員教育実践セミナー』の詳細・お申込みはこちら

 



キャンペーンのご案内

お客様の新しい価値を広めるために
最適なストーリーで顧客の新規開拓をサポートいたします。

    周年キャンペーン

    周年キャンペーンの施策において、こんな不安はありませんか?
    ・何をどうすればいいのかわからない・・・
    ・自社のことを良く理解してくれていない・・・
    ・本当に新規顧客が増えるの?
    ・目標値がアバウトすぎる・・・
    ・費用対効果が怪しい・・・
    タナベ経営なら創業60年の経験と年間直接取引3,500社以上に及ぶセールスプロモーション実績に基づき、最適なプランをご提案いたします。

    詳細・お問合せはこちら

    無料!製品サンプル請求はこちら

カレンダーを活用したブランディングでお客様の販売促進に貢献いたします。

    カレンダーキャンペーン

    カレンダーを活用したブランディング
    社内デザイナーの活用によりアイデアを迅速に具体化

    タナベ経営に常駐しているデザイナーは7名。このソースを活用することにより、スピーディにアイデアを具体化することができます。

    お問合せ頂いた皆様に、下記2点お送りいたします。
    1. 配布効果UPのノウハウが詰まった手帳カレンダー事例資料
    2. 2018年版 卓上カレンダーサンプル

    詳細・お問合せはこちら

 



アンケートご協力のお願い

【回答特典付】住宅マーケット向け集客プロモーション状況確認アンケートご協力のお願い

    住宅マーケット集客プロモーション研究会では、現下の集客プロモーションの現状認識し、今後の戦略対応を提言する目的で、実態調査をしております。
    今回はその一環として、「集客プロモーション状況確認アンケート」の回答をお願いしております。
    つきましては、ご多忙の折から誠に恐縮ではございますが、ご協力を享け賜りたく存じます。

     アンケート回答・詳細はこちら

【回答特典付】食に関わるメーカー企業様対象:販売促進状況確認アンケートご協力のお願い

    食品販売促進戦略研究会では、現下の販売促進を現状認識し、今後の戦略対応を提言する目的で、実態調査をしております。
    今回はその一環として、「販売促進状況確認アンケート」の回答をお願いしております。
    つきましては、ご多忙の折から誠に恐縮ではございますが、ご協力を享け賜りたく存じます。

     アンケート回答・詳細はこちら

 



無料見学会のご案内

幹部候補生スクール・無料見学会のご案内

幹部候補生スクール・無料見学会のご案内
    \どうすれば幹部が育つのか?/
    ・どんな方が参加されているのか見てみたい・・・
    ・申込みを検討していたが、今回の分はもう始まっていた・・・
    ・申込みを検討しているが、その前に雰囲気や内容を見てみたい・・・
    「幹部候補生スクール」「幹部人材の育成」に関心をお持ちの方のために「現地見学会」を開催いたします。ぜひご活用ください。

     詳細はこちら

チームリーダースクール・無料見学会のご案内

チームリーダースクール・無料見学会のご案内
    \どうすれば幹部が育つのか?/
    ・どんな方が参加されているのか見てみたい・・・
    ・申込みを検討していたが、今回の分はもう始まっていた・・・
    ・申込みを検討しているが、その前に雰囲気や内容を見てみたい・・・
    「チームリーダースクール」に関心をお持ちの方のために「見学会」を開催いたします。ぜひご活用ください。

     詳細はこちら

戦略リーダースクール・無料見学会のご案内

戦略リーダースクール・無料見学会のご案内
    \ビジョンを描き、実現するリーダーを育成します/
    ・どんな方が参加されているのか見てみたい・・・
    ・申込みを検討していたが、今回の分はもう始まっていた・・・
    ・申込みを検討しているが、その前に雰囲気や内容を見てみたい・・・
    「戦略リーダースクール」に関心をお持ちの方のために「見学会」を開催いたします。ぜひご活用ください。

     詳細はこちら