image1

今週のひとこと

部下は自分を理解してくれる上司のもとで、

働きたいものだ。あなたは部下のフルネームが

書けるか。長所を10個あげられるか。

常に部下への愛情と感心を忘れてはならない。

☆ 百の人材に百の長所あり

 筆者は、3年前から登山を始めました。日本は、周りを見渡せば山々が連なり、登山には不自由しない環境です。まずは、高さが200mにも満たない山から登り始め、500m級、1,000m級、2,000m級、そして富士山の登頂もできるようになり、延べ60の山の頂上を経験しました。

 「百の頂きに百の喜びあり」。
 この言葉は、山をこよなく愛し、読売文学賞を受賞した著書『日本百名山』の著者であり、登山家でもあった深田久弥(ふかた きゅうや)氏の言葉です。
 高い山・低い山、険しい山・緩やかな山がある中で、それぞれに素晴らしい特徴や個性があり、登るたびに感動を覚えます。山という存在は常にそこにあるだけで、それを素晴らしいと感じるのは、感動する「何か」を発見しようとする主体性が働いているのではないかと思います。


 これは、「部下育成」でも言えることではないでしょうか。能力の高い人・レベルアップが必要な人、活発な人・おとなしい人...。人にもそれぞれに特徴や個性があります。得意なこと、苦手なことがあるのは当然です。
 部下育成で大切なことは、良いところ、得意なことを見つけ、それを育むことができるかどうかです。メンバーそれぞれに長所・強みが必ずあります。「百の人材に百の長所あり」。興味を持って観察し、接してみてください。


 人材の多様化が益々進む中で、それぞれが持つ良さを見つける。見つけたら、その人の存在を生かすことができる環境は何か。そして、それをどのように整えていけばよいのかを考え続けることを部下育成の楽しみとする必要があるのではないでしょうか。

コンサルティング戦略本部
チーフコンサルタント
浅田 陽士

senryakupmsg_banner

大企業病は大手企業だけの病ではない


企業には、「大企業病」と呼ばれる病が存在する。

とはいえ大企業だけではなく、社員数が数十名の企業もかかる。人間で例えるなら加齢とともにかかりやすくなる生活習慣病のような、厄介な病である。

大企業病にかかると、安定した業績によって「会社はつぶれないものだ」という錯覚が社内にはびこり、事なかれ主義、前例主義、手段の目的化、セクショナリズム、仕事のスピードの鈍化、社員の自己啓発不足といった症状が現れる。

30年、60年がたてば企業を取り巻く環境は変わる。企業のかじ取りを行う経営陣の世代も引退。必然的に創業の苦しい時代を知っている人が少なくなったり、会社のことを真剣に語り合う機会が減ったりする。徐々に環境不適合が進展し、やがて衰退、倒産軌道へと落ちていく。まさに諸行無常である。

大企業病とは企業風土の病ともいえる。かかる前に予防するのが望ましいが、かかってしまったと感じたら早く手を打つことが重要だ。しかし、これは人間でいうなら体質改善の治療であり、時間を要する。

大企業病の払拭に取り組んだ企業の事例を紹介する。疑似的な危機的状況を社内につくり、社員に健全な危機感を持たせるというやり方である。

製造業A社では、経営理念を全社員が咀嚼し、自分の仕事レベルに落とし込む教育を、役員から一般社員までの全員に対して段階的に行った。「経営理念の実現に向けてはまだまだ道半ばだ」という不足の認識(=健全な危機感)を植え付けることから始めたのだ。

さらに、「組織活性化委員会」という大企業病払拭のための推進組織をつくり、5S運動、コミュニケーションアップ運動など、緩んだ職場の空気を刷新する活動を展開していった。

東京オリンピック・パラリンピックまでの好景気と2020年以降の経済の落ち込みに備えて、全社・自部門・幹部・個人が「変化」に挑み、まい進しているかを問い掛け、大企業病に陥らないよう、全力で取り組んでいただきたい。

あなたのミッションは、企業理念の実現と、業績達成による持続的成長である。


■筆者プロフィール
タナベ経営 中四国支社
支社長代理 戦略コンサルタント
北島 康弘 Yasuhiro Kitajima
「業績向上と社員活性化を両立させる風土づくり」をコンサルティングの指針に掲げ、事業戦略や収益構造改革、組織改革、風土改革、人事制度改革、営業改革などをテーマに数多くの企業を支援している。特に企業風土の活性化を軸にしたコンサルティングに定評があり、「自ら考え、自ら行動する」新たな風土を構築することで、社内改革を多数実現している。

1_miraibanner

自ら考え、行動できる人材を育て
100年企業を目指す 東海光学



社員の成長なくして会社の成長はあり得ない

東海光学は愛知県岡崎市に本社を置く、創業78年を迎える眼鏡レンズの専門メーカー。眼鏡の新たな価値として、紫外線などの光から目を守る「アイケアデザイン」をコンセプトに、独自技術を駆使した高品質なレンズ製品を国内外の眼鏡市場へ幅広く提供している。

「眼鏡は視力補正だけでなくファッションとしても用途が広がっていますが、市場規模はさほど大きくありません。国内では業界再編による寡占化や人口減少が進んでいるため、当社も従来路線の経営努力だけでは、今後を楽観できない状況にあります」

そう語るのは2009年から同社を率いる3代目社長、古澤宏和氏だ。代表取締役に就任するや長期的視野をもって自社のかじ取りに乗り出した古澤氏は、「会社の発展には社員一人ひとりの成長が不可欠」と説く。

いかに社内のコミュニケーションを深化させ、個々の自発的な思考、行動力を伸ばしていけるか。古澤氏は、経営サイドから指示を与えるトップダウンだけではなく、現場の社員が自ら課題を設定し、解決に向けて動くボトムアップの必要性を認識。社員の声にも積極的に耳を傾け、よいと判断した取り組みを素早く実行していった。

東海光学 代表取締役社長 古澤 宏和氏
東海光学 代表取締役社長 古澤 宏和氏

独創的な製品開発と販売拡大に貢献する「女子開」

そうした中で2011年に生まれたのが、女性だけの商品開発チーム、通称「女子開」である。自分たちの思いやアイデアを形にしたいと、所属部門の枠を超えて10名ほどの有志が集まった。発足以来、女性ならではの感性を生かしたユニークなレンズ製品の提案が次々と誕生。企画からモノづくり、販促、販売まで一貫してプロジェクトチームが担い、市場へ送り出す流れができているという。

2016年には、体の内側から美しさへのアプローチが期待できるレンズ『美美Pink』が内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の優秀入選アイデアに選定されるなど、着実な実績を重ねている。

「女子開を全社でサポートしようと決めたのは、眼鏡の新しい価値創造やBtoCの新しい販売チャネル開拓など、これまでにない可能性を強く感じたからです。今では見込んだ通りの成果を上げてくれていますし、彼女たちの動きが他の社員の刺激にもなっています。注目を浴び、当社の知名度アップに貢献してくれている点もうれしい限り」と古澤氏。

同社では女子開の他にも、部門横断型の取り組みとして委員会制度を設置。新卒採用、新人教育、5S、社員旅行など10分野に及ぶ活動を、社員が主体的に推進する仕組みを取り入れている。

女性ならではの着眼点を生かし、企画から販売まで一貫して担う「女子開」は東海光学の大きな強み(左) 東海光学のDNAを理解し、引き継ぐために、理念などをまとめた「成長への体系図」や社史を社内教育で活用(右)
女性ならではの着眼点を生かし、企画から販売まで一貫して担う「女子開」は東海光学の大きな強み(左)
東海光学のDNAを理解し、引き継ぐために、理念などをまとめた「成長への体系図」や社史を社内教育で活用(右)

人事制度を一新 若手の挑戦・成長を後押し

古澤氏はさらに、数十年ぶりとなる人事制度の改革を実行。タナベ経営が協力して2015年に導入した新人事制度では、人事制度を冊子にまとめて「見える化」を図るとともに、若手の評価をプロセス重視へと変更した。背景には、若手社員の挑戦や成長を後押ししたい思いがある。

「自分がどう頑張ればどんな等級、どんな給与になるのかが明確に分かれば、社員のやる気もおのずと高まると思いました。人事制度の刷新が、当社の次の成長のベースになると判断し、中堅社員向けのセミナーや研修で支えてくれていたタナベ経営に、新制度づくりでも助力をいただきました」

古澤氏が経営において大切にしているのは「不易流行」。創業以来、受け継いできた企業のDNAは崩さず、有用な変化は果敢に取り入れる。「この姿勢を全社員で共有し、全社一丸で臨むことが自社の未来につながる」と語る古澤氏の眼には、そう遠くはない100年企業への道筋が明瞭に映っている。

PROFILE

  • 東海光学㈱
  • 所在地 : 〒444-2192 愛知県岡崎市恵田町下田5-26
  • TEL : 0564-27-3000(代)
  • 創業 : 1939年
  • 資本金 : 1億円
  • 売上高 : 100億円(2016年9月期)
  • 従業員数 : 400名(2016年9月現在)
  • http://www.tokaiopt.co.jp/


 タナベ コンサルタントEYE  
東海光学は、「一人ひとりの成長が東海光学の成長へとつながる」という信念のもと、人材教育に力を入れている。次世代、次々世代のメンバーを中心に社内マネジメントスクールを実施。また、若い世代にも教育の機会を広げ、会社全体で学ぶ風土づくりを推進している。共通して取り入れているのは、TOKAI-DNAの読み解き。社史『その挑戦、夢にあり』を題材に、「受け継いでいくべきもの」をメンバーが議論し、東海光学の不易流行を進化させ続けている。決して受け身にならず、会社の歴史・伝統に新しい考えを付加し続けるため、社員の一人ひとりが考え続け、挑戦し続ける姿勢こそ、東海光学の成長の源泉である。
201707_mirai-03

今週のおすすめ

2018年度の人材育成プランをご一緒に考えてみませんか?

FCC GROWSHIP PLAN(FCCグローシッププラン)とセミナー各種割引制度

タナベ経営の「マネジメントセミナー」をご利用中の企業様必見!
活躍人財への成長のあり方をデザインする

「FCC GROWSHIP PLAN(グローシッププラン) 2018」

いつもマネジメントセミナーをご活用いただいている貴社のために、タナベ経営の人材開発コンサルタントが、オリジナルかつ、最適な人財育成プランを設計いたします。
入社1年目、5年目、7年目、10年目、15年目、20年目...人財育成ステップを構築し、階層ごとの教育を計画的に実践していきましょう。

FCC GROWSHIP PLAN 2018の詳細はこちら


新たな成長に向けた来期戦略づくりの指針に!

生産性カイカク戦略 - 経営戦略セミナーテキスト -
2018年度経営戦略セミナーの講演収録CD

2018年度に皆さまに取り組んでいただきたいテーマ、それは『生産性カイカク戦略』です。
来期の成長戦略づくりの参考に、「経営戦略テキスト」&「講演収録CD」をご活用ください。

◆ 経営戦略テキスト

2018年度の経営環境、とるべき基本戦略、打つべき手が分かる経営指南書決定版!

◆ 講演収録CD

経営戦略テキストをもとに、トップコンサルタントが講演を行った「経営戦略セミナー」を収録。
テキストとあわせてお聞きください。

 「経営戦略テキスト」「講演収録CD」の詳細・お申込みはこちら

あるべき姿と現状とのギャップを埋め、持続的成長をするために

中期経営計画コンサルティング

あるべき姿と現状とのギャップを埋め、持続的成長をするために
2020年以降の市場変化に備えた中期経営戦略支援をいたします

次代の経営チームを巻き込んで〈新・中期経営計画〉を策定

中期経営計画の策定は、プロセスに関与したメンバーの、全社的・経営的視点からの事業策定力、組織展開力といった経営スキルを鍛えることにもつながるコミュニケーションツールです。

中期経営計画コンサルティングの詳細はこちら

タナベ経営が毎月発行する、ビジネス情報誌『FCC REVIEW』

タナベ経営が毎月発行する、ビジネス情報誌『FCC REVIEW』。毎月テーマを変えた特集記事をはじめ、コンサルタントからの提言、有識者のコラムなど、毎日のビジネスに役立つ情報をお届けします。

ビジネス情報誌『FCC REVIEW』

・充実の全84ページ
・A4変型判
・オールカラー
・毎月1日発行
・年間講読料 24,000円 + 税(送料込)※FCC Digital・電子版の利用料金を含む

最新号の詳細、最新号のサンプル誌面はこちら  お申込み・お問合せはこちら

食品・フードサービス成長戦略セミナー

食品・フードサービス成長戦略セミナー

ブランド事業づくりを考える
日時:2018年1月29・30日 関西開催
視察・講演企業
・マリンフード株式会社
・株式会社ロマンライフ
・株式会社神戸酒心館
詳細はこちら

オープンイノベーションセミナー

オープンイノベーションセミナー

オープンイノベーション推進の
リーディングカンパニーから生の話を聞けるチャンス!

日時:2018年1月29日 東京開催
講演企業
・富士フイルム 株式会社
・セコム 株式会社
詳細はこちら

住まいと暮らしビジネス成長戦略セミナー

住まいと暮らしビジネス成長戦略セミナー

ビジネスモデルを考える
―壁を打ち破れ―

日時:2018年2月15・16日 東京開催
対談・講演企業
・SOUSEI株式会社/・寺田倉庫株式会社/・ミニメイド・サービス株式会社/・株式会社チームネット/・紀の国住宅株式会社/・株式会社スノーピーク/・リノベ不動産
詳細はこちら



テーマ別ソリューションコンサルティング

生産性向上
コンサルティング

生産性向上コンサルティング
    「働き方改革」とは、単なる長時間労働の削減だけではなく、「生産性向上=付加価値向上を実現するイノベーション」です。
    収益力の強化・効率性重視の社風改善への転換を図るために、働き方改革における生産性向上・生産性改革支援をいたします。

     詳細はこちら

人事制度構築
コンサルティング

人事制度構築コンサルティング
    社員満足だけでなく、同時に業績を上げ、ビジネスモデル変革を目指す
    本人事制度構築支援プログラムは東証一部上場・創業60年の中堅・中小企業の専門コンサルティングファームであるタナベ経営が、これまで6,000社様を超える人事制度構築事例をもとに作り上げたプログラムです。

     詳細はこちら

FCCアカデミー(企業内大学)
設立支援コンサルティング

FCCアカデミー(企業内大学)設立支援コンサルティング
    「学び」が変わる、「働き方」も変わる
    クラウドだからできる、あなたの会社だけの人材活躍システム
    FCC Academy(アカデミー)は、「ファーストコールカンパニー(FCC)」を志す企業のビジョン実現を、戦略に基づいた人材の採用・育成・活躍、そして組織活性化に至るあらゆる側面から支え、更に魅力ある企業への進化を促進する「クラウドを使った学び方改革へのプラットフォーム」です。

     詳細はこちら


コンサルタントの"経営の捉え方"を体得!顧問先の経営支援力アップセミナー

顧問先の経営支援力アップセミナー

収益構造、組織構造を捉え経営助言ができる担当者へ
顧問先の経営支援力アップセミナー
コンサルタントの"経営の捉え方"を体得!明日から使える、コンサルティングツールをご提供!

当セミナーでは"収益" "組織" という2つの切り口から、 企業経営の見方と、改善の着眼を押さえて頂きます。顧問先企業のパートナーに昇華する職員を増やし、経営支援サービスで事務所の付加価値を高めていきましょう。

セミナーの詳細はこちら



無料説明会のご案内

一人ひとりが高い生産性を実現する"人材育成プラン"とは? 無料説明会

    一人ひとりが高い生産性を実現する

    タナベ経営は、働き方改革・生産性向上の実現には、社員の「全員活躍」が不可欠だと考えています。
    今回の説明会では、「全員活躍」へ向け、
     1.新入社員の早期活躍
     2.人材育成の仕組みを変える
     3.社員一人ひとりが活躍するための人材育成プラン
    ―これら3つの側面から、座学・ワークショップによって理解を深めていただきます。
    経営者・経営幹部・人事責任者のための『人材育成無料説明会』2017年11月、全国各地で開催!

    説明会の詳細はこちら

ファミリービジネスコンサルティング 無料説明会

    ファミリービジネスコンサルティング 無料説明会

    後継者不足で「大廃業時代」が叫ばれる中、ピークを迎えている事業承継は今後の日本経済を左右する社会問題となっています。事業承継と言えば相続税対策という風潮も強まっていますが、タナベ経営ではその目的を「企業の長期的存続」と捉え、100年続く経営スタイルは何かを探求しています。この説明会では長寿企業の条件の一つである「ファミリービジネス」に焦点を絞り、ヒト・モノ・カネの承継を総合的にサポートするコンテンツを事例を交えて紹介させていただきます。

    説明会の詳細はこちら


\無料/5分でできる!ブランド力Web診断

タナベ経営 ブランド戦略診断

下記に当てはまる症状がございましたら、Web診断をお勧めします。
□品質や技術は高いのに、それに見合った価格ではない
□他社との価格競争や得意先のコストダウン要請で利益がとれない
□採用募集をしても人が集まらず、入社しても定着しない
□顧客からの紹介や引き合いが少なく、顧客のリピート率が低い
□ホームページや会社案内を見ても、何の会社かわかりにくいと言われる
□会社のロゴやデザインが、時流や実態に合っていない気がする

ブランド力Web診断の詳細はこちら


\無料/タナベ経営の採用力診断

タナベ経営の採用力診断

下記のQ1~Q3の質問のうち、1つでも「No」がある場合は採用(人事)戦略を改めて検討する必要があります

Q1:採用選考においては、応募者との相互理解の場という
認識を持って取り組んでいる。
Yes or No
Q2:採用した社員が成長できるための仕組みを有している。 Yes or No
Q3:同業他社にはない、特徴・強みを持っており、
明確に差別化できている。
Yes or No

採用力診断の詳細はこちら


アンケートご協力のお願い

【回答特典付】人事・人材に関するアンケートご協力のお願い

    人材マネジメント研究会では、今後の人材戦略においての価値を提言する目的で、経営課題と密接にリンクする「人材マネジメント」分野の実態調査をしております。
    今回はその一環として、「人事・人材に関するアンケート」の回答をお願いしております。ご協力の程よろしくお願いします。

     アンケート回答・詳細はこちら

【回答特典付】製造業向けビジネスアンケートのご協力のお願い

    ものづくり研究会では、製造業を展開されている企業様を対象に、現下の経営環境を現状認識し、今後の戦略対応を提言する目的で、実態調査をしております。
    今回はその一環として、「製造業向けビジネスアンケート」の回答をお願いしております。ご協力の程よろしくお願いします。

     アンケート回答・詳細はこちら

【回答特典付】小売・サービス業向けビジネスアンケートのお願い

    小売・サービスのビジネスモデル改革研究会では、小売・卸売・製造・サービス業を展開されている企業様を対象に、現下の経営環境を現状認識し、今後の戦略対応を提言する目的で、実態調査をしております。
    今回はその一環として、「小売・卸売・製造・サービス業向けビジネスアンケート」の回答をお願いしております。
    ご協力の程よろしくお願いします。

     アンケート回答・詳細はこちら


無料見学会のご案内

幹部候補生スクール・無料見学会のご案内

幹部候補生スクール・無料見学会のご案内
    \どうすれば幹部が育つのか?/
    ・どんな方が参加されているのか見てみたい・・・
    ・申込みを検討していたが、今回の分はもう始まっていた・・・
    ・申込みを検討しているが、その前に雰囲気や内容を見てみたい・・・
    「幹部候補生スクール」「幹部人材の育成」に関心をお持ちの方のために「現地見学会」を開催いたします。ぜひご活用ください。

     詳細はこちら

チームリーダースクール・無料見学会のご案内

チームリーダースクール・無料見学会のご案内
    \どうすれば幹部が育つのか?/
    ・どんな方が参加されているのか見てみたい・・・
    ・申込みを検討していたが、今回の分はもう始まっていた・・・
    ・申込みを検討しているが、その前に雰囲気や内容を見てみたい・・・
    「チームリーダースクール」に関心をお持ちの方のために「見学会」を開催いたします。ぜひご活用ください。

     詳細はこちら

戦略リーダースクール・無料見学会のご案内

戦略リーダースクール・無料見学会のご案内
    \ビジョンを描き、実現するリーダーを育成します/
    ・どんな方が参加されているのか見てみたい・・・
    ・申込みを検討していたが、今回の分はもう始まっていた・・・
    ・申込みを検討しているが、その前に雰囲気や内容を見てみたい・・・
    「戦略リーダースクール」に関心をお持ちの方のために「見学会」を開催いたします。ぜひご活用ください。

     詳細はこちら