トップメッセージ

t_img_wakamatsu_2.jpg

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

当社は、2017年10月16日に創業60周年を迎えました。これもひとえに株主・投資家の皆さまのご支援の賜物であると心よりお礼申し上げます。


当上半期(2017年4月1日~2017年9月30日)においては、中期事業戦略である「C&C(コンサルティング&コングロマリット)戦略」(コンサルティング領域の多角化戦略)を推進し、ドメイン(事業戦略)やファンクション(組織戦略)の研究テーマを拡大いたしました。

経営コンサルティング事業では、「FCCアカデミー(企業内大学)設立」「ビジネスモデルデザイン」等の経営コンサルティング契約が増加し、人材育成コンサルティングや階層別セミナーも好調に推移いたしました。また、「食品・フードサービス」「ヘルスケア」「住まいと暮らし」のスペシャリストでそれぞれ構成される3つのドメインチームを東京本社内に新設し、各専門コンサルタントが全国で高付加価値を提供できる体制の構築を図ってまいりました。

SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業では、経営コンサルタントや上記ドメインチームとの連携・提案によるセールスプロモーションコンサルティング契約が増加し、戦略総合研究所「デザインラボ」の機能を活かした独自性の高いプロモーションツールも好調に推移いたしました。また、新たにGoogle合同会社、ヤフー株式会社とパートナーとなり、Webプロモーションコンサルティングもスタートいたしました。

以上の取り組みの結果、売上高39億47百万円(前年同期比6.9%増)、営業利益4億26百万円(同比5.0%増)、経常利益4億42百万円(同比2.5%増)、四半期純利益3億3百万円(同比2.8%増)の増収増益となりました。


通期(2017年4月1日~2018年3月31日)の見通しおよびビジョンにつきましては、引き続き、「C&C(コンサルティング&コングロマリット)戦略」を推進して顧客企業へのコンサルティング価値を高め、当社自身も「変化と成長」に挑んでまいります。

経営コンサルティング事業では、ドメイン・ファンクションコンサルティングに加え、顧客企業の人材育成・活躍と働き方改革を実現できる「FCCアカデミー(企業内大学)設立」コンサルティングを推進してまいります。また、全国約150のアライアンス先地域金融機関・会計事務所等を通じて、各地域のファーストコールカンパニーをより多く創造できる戦略を推進してまいります。

SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業では、食品・住宅等の業種別プロモーション、こども・子育てママや女性等の市場別プロモーション、Webプロモーション等のサービスメニューを強化するとともに、リ・ブランディングを実施している主力ブランド商品「ブルーダイアリー」手帳の販売を強化してまいります。また、SPデザイン等の商品についても、専門コンサルタントによるデザイン性・付加価値向上に引き続き努めてまいります。

そして、経営コンサルタント・人材育成コンサルタント・SPコンサルタントのチーム連携を強化し、企業経営を包括的に支援するという当社にしかできないコンサルティングモデルの推進を全社的に強化してまいります。

以上の取り組みにより、2018年3月期は、売上高85億50百万円(前期比1.9%増)、営業利益9億15百万円(同比4.1%増)、経常利益9億45百万円(同比3.3%増)、当期純利益6億45百万円(同比1.1%増)の達成を目指してまいります。


当期は、中期経営計画「Tanabe Vision 2020(前半)」の最終年度であります。その仕上げとして、前記の業績目標の達成と安定的な株主還元を目指すことにより、株主の皆さまのご期待に応えていく方針であります。

また、これからも「変化と成長」に挑み続ける戦略パートナーとして、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を創造し、社会・地域の発展に寄与してまいります。そして、当社自身も、「100年経営」を目指して、持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上を実現してまいります。

株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも格別のご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2017年12月