トップメッセージ

t_img_wakamatsu.jpg

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

当社は、2016年9月28日に東京証券取引所市場第二部から同市場第一部銘柄に指定されました。これもひとえに株主・投資家の皆さま、クライアントの皆さま、お取引先さまをはじめ、これまでお力添えをいただきました関係者の皆さまの温かいご支援の賜物であると心よりお礼申し上げます。

これからも「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」ことで広く社会に貢献し、当社自身も変化と成長に挑み続けることで、持続的な企業価値の向上に努めてまいります。


当社は現在、中期経営計画「Tanabe Vision 2020」を推進しています。その中核である「C&C(コンサルティング&コングロマリット)戦略」、すなわちコンサルティングの多角化戦略の推進のため、ドメイン(事業)&ファンクション(組織)&リージョン(地域)のコンサルティングメニューを拡大し、研究会は20テーマとなりました。

経営コンサルティング事業では、研究会の開催テーマ数の増加や各種セミナーの動員活動の強化等により顧客基盤が拡大し、それら顧客へのチームコンサルティング型経営協力契約数が増加しました。また、全国の地域金融機関・会計事務所等の提携先への人材育成コンサルティングも前年同期を上回る推移となりました。

SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業では、SPコンサルティング(プロモーション戦略の立案・推進)とSPデザインツール(オリジナル商品の企画開発)の推進を強化してまいりました。SPデザインツールについては、オリジナル商品が好評で、前年同期を上回る推移となりました。SPコンサルティングについては、付加価値を高めることに注力した結果、売上高は前年同期を下回りましたが、利益率は改善いたしました。


今後も、「C&C戦略」を推進することにより、クライアント企業の繁栄を実現し、当社自身も「変化と成長」に挑んでまいります。東京オリンピック・パラリンピック後のポスト2020を見据え、当社では従来型の業種・業態での発想ではなく、「未来の社会的課題の解決」を起点としたビジネスモデル戦略の提供を強化してまいります。

そして、これら高度化・専門化する顧客課題に対して、社内にコンサルタントを養成するビジネススクール「タナベコンサルタントアカデミー」を創設し、プロフェッショナルコンサルタントの早期育成・戦力化を推進してまいります。

地域戦略としては、5月に九州本部を九州各地へのアクセスに優れたJR博多駅前に移転し、7月に中部本部をJR名古屋駅前の大名古屋ビルヂングに移転、SP名古屋営業所も統合いたしました。

このような取り組みを通じて、全国各地域で一番に選ばれる「ファーストコールコンサルティングファーム」を目指してまいります。


株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも格別のご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2016年11月