組織力のタナベ経営

「コンサルティング戦略本部」「SPコンサルティング本部」「マネジメントパートナーズ本部」の高度な専門性を持った3つの組織と、戦略や経営の研究機関である「戦略総合研究所」、それらの組織を支える「経営管理本部」。この5つの組織力を背景に、コンサルティングチームを生み出し続けています。
高度なスキルを持ったプロフェッショナルたちが1つのチームとなり、顧客最適に力を尽くします。

Team Consulting
高度の専門化と高度の総合化のチームコンサルティング

「ドメイン(事業戦略)×ファンクション(組織戦略)×リージョン(地域戦略)」これら3つの総合的視点から、各スペシャリストが一つのチームとなってコンサルティングを提供します。患者中心の治療を実現するチーム医療のように。
「We're Business Doctors」の精神で企業の課題を解決し、その先にあるファーストコールカンパニーをともに目指します。

戦略総合研究所へ

戦略総合研究所

戦略や経営の研究機関として、戦略ドメイン&マネジメント研究、チームコンサルティング、人材開発などのナレッジを集約・分析し、セミナー・出版物・FCC REVIEW・WEBなどを通じて、企業・社会に還元していきます。

変化と成長

コンサルティング&コングロマリット戦略

1957年の創業以来、タナベ経営は6,000社以上ものコンサルティングに取り組み、多岐にわたる課題を解決してきました。その圧倒的な臨床実績と、会社ごとに最適な人材を選出するチームコンサルティングが私たちの強み。時代の変化に適応していくためのソリューションを提供します。

アライアンスをより拡く、より深く、さらに人材育成へ

マネジメントパートナーズ本部へ

顧客企業の成長は金融機関、会計事務所等の成長として還元され、ひいては地域経済の発展につながります。タナベ経営では、全国約150の金融機関、会計事務所等と提携。これまでに培ってきた経営戦略や人材育成のノウハウを提供することにより、顧客企業の成長・発展に協力しています。
今年も地域の金融機関や会計事務所等とのアライアンスを拡大し、さらには顧客企業への人材育成サービスを通じて地域経済の活性化に貢献します。

4つのパートナー

セールスプロモーションの
新たなコンサルティングモデルへ

SPコンサルティング本部へ

セールスプロモーションやプロモーションツール、マーチャンダイジングに特化したコンサルタントが、企業の課題や目的を精査した上で最適な企画を提案します。プランニングから実施までトータルで担うことにより、ワンストップで大きな効果をあげることができます。
ターゲットとの距離を縮めるための最適なSPツールや、オリジナル商品の開発・製作支援も可能です。商品やサービスの販売促進、開発、ブランディングというアプローチから、企業全体を成長させます。

経営者こそ、地方創生の主人公だ。

タナベ経営では、全国の主要都市に10の拠点を構えています。最も新しい支社でも、設置されたのは30年以上前。時間をかけて地域の実状を理解し、それぞれに適した経営コンサルティングを行っていることは、タナベ経営にとって大きな強みです。
よりスムーズなサポートを実現するために、大阪本社と東京本社との連携も強化。各エリアの情報を集約し、コンサルティングサービスのさらなる最適化を図ります。各拠点がさらに成長し、地域創生に貢献すること。それが私たちの願いです。

  拠点・事業所一覧

採用強化─プロフェッショナルへの挑戦

コンサルティングの質を今以上に引き上げていくため、積極的に新卒・中途採用を行い、幅広く優秀な人材を求めます。
同時に、社内でのキャリアアッププランを整備し、全事業部のコンサルタントが一堂に会する場を設定。コンサルタントアカデミー(社内ビジネススクール)も創設し、経営戦略からセールスプロモーションまで分野を越えて多角的に携わり、リーダーシップを発揮できる「プロフェッショナルコンサルタント」を育成していきます。

Vision2020

2017年に創業60周年を迎えるタナベ経営は、大きな節目を含むこれからの5年間で再創業を行います。テーマは「変化」と「成長」経営戦略。戦略コンサルティング、マネジメントパートナーズ、SPコンサルティング、戦略総合研究所、経営管理という異なる切り口の事業部が連携し、祖業であり最大の強みでもあるコンサルティングを多角的に行います。この取り組みがスムーズに行われ、顧客にとって最大限のサービスを提供できるよう、組織体制を改変しました。さらに、今後の成長が見込まれるドメインには積極的に着手。コンサルティングの価値を拡大していきます。