オーナー経営者のための
ホールディング経営

オーナー経営者のためのホールディング経営

書籍の詳細はこちら

持続的成長に向けた
「成長の技術~存続の技術」
戦略財務研究会 報告リポート

持続的成長に向けた「成長の技術~存続の技術」報告リポート

報告リポートの詳細はこちら

研究会のご紹介
タナベ経営 中須 悟

研究会のご紹介 タナベ経営 中須 悟

動画を見る

100年先も安定した経営スタイルを実現する

日本は長寿企業大国と言われ、創業100年、200年といった老舗企業の数は全世界の約半数を占めていますが、これは日本では血の繋がり以上に「家(ファミリー)の継続」を大前提としてきたためと言われております。しかし、戦後民法の改正によって法制度上「家族」という概念がなくなり、家父長制の形が急速に減少しています。日本に現存する企業の9割以上は戦後創業ですが、「ファミリー」の承継を前提としない時代の中で存続して行かなければならないという課題を背負っています。
一方でファミリービジネス(FB)と一般企業を比較した場合、FBの方が収益性・安定性が優れているという調査結果もあります。
その理由として
1.株主と経営の利害が一致するため決断が早い
2.経営者の現役期間が長いため長期の視点で経営ができる
などが挙げられます。
日本ではFBは「同族企業」と訳され、むしろネガティブな印象が強いですが、近年欧米では左記のメリットから注目を浴び研究対象とされています。
FBの多くが第二世代から第三世代への事業承継期にあり、創業世代から第二世代は実子への承継が大半でしたが、第二世代から第三世代では半減しており、それに変わって社員承継や第三者承継が増加しています。この現象はFBから非FBへのシフトではなく、FBのあり方が多様化している現われと捉えるべきです。事業承継期に株式上場してもオーナー家が筆頭株主であったり、ホールディング経営で社員に事業をバトンタッチしても所有はオーナー家であるケースが多く、これらもFBの一つの形であると言えます。
第二世代から第三世代への世代交代を機にFBのあり方も多様化する傾向にあり、今後企業がどんな価値感で経営判断し、大きくどう舵を切るべきか?それを考え、研究するのが「戦略財務研究会」です。戦後70年を超えた今、日本の中堅・中小企業を取り巻く大きな潮流は事業承継ですが、それを税務対策や後継者対策など一面的に捉えることなく、多角的、帰納的、長期的アプローチで大きく「ファミリービジネスとはどうあるべきか?」を考え、これからのFBにおける新たな価値判断基準をつくっていきましょう。

資本の承継
curriculum

基本講義

基本講義
各回テーマに応じて
コンサルティング事例に
基づくノウハウの提供

ゲスト講義

ゲスト講義
現場感溢れる
実体験を聞く

ケーススタディ(事例研究)

ケーススタディ
受講者間で
ディスカッション
することにより
多様な考え方に触れる

まとめ講義

まとめ講義
原理原則化することで、
自社に応用が
可能になる
長寿企業の条件
~ファミリービジネス(FB)とは何か~

日本にFBが多い背景と、
その環境の変化に触れ、事業承継を含め、
これからのFBがどうあるべきか問題提起をする。
また、長寿企業の事例からその条件を探る。

老舗企業 第二創業 など
後継者選定と育成

親族内承継を前提におき、 ファミリービジネスにおける 後継者問題について考える。 トピックとして兄弟経営や女性経営者の 成功条件を考える。

兄弟経営 女性経営者 など
ブレーン育成と
組織づくり

世代交代を繰り返すたびに
経営者のカリスマ性は弱まり、
後継者のブレーンで
経営していくことが望まれる。
この回では後継人材育成について学ぶ。

同族企業のプロパー社長
ブレーンづくり など
ファミリーガバナンス

創業世代の理念を承継し、
末永く存続するためにはファミリー間で
共有すべき価値判断基準が必要。
ファミリーガバナンスのあり方を研究する

ファミリーガバナンス
ファミリー憲章 など
FBの資本政策①
(自社株承継対策)

親族内承継における資本政策
(自社株承継対策)のオプションと事例を研究する。
少数分散株主対策(分散防止策)や、
財団(社団)法人・持株会などを使った
安定株主構成スキームを紹介する。

種類株式、投資育成
ソーシャルビジネスモデル など
FBの資本政策②
(所有と経営の分離)

親族外承継が主流になりつつある中、
ファミリービジネスの経営スタイルを維持しつつ、
所有と経営を分離するスキームとしての
ホールディング経営を中心に、
そのあるべき体制を考える。

ホールディング経営、持株会社 など

今期の主な視察・講演先

  • 株式会社ハヤブサ

    株式会社ハヤブサ

  • 中日本氷糖株式会社

    中日本氷糖株式会社

  • 千代田ホールディングス株式会社

    千代田ホールディングス株式会社

  • 株式会社福岡運輸ホールディングス

    株式会社福岡運輸ホールディングス

日程・スケジュール

東京
エリア

日本経済大学大学院

  • 日本のファミリービジネスの概要とこれからの在り方

    日本経済大学大学院 特任教授
後藤 俊夫 氏

    日本経済大学大学院 特任教授
    後藤 俊夫 氏

    経営戦略(企業の持続的成長) を専門分野とする、日本における長寿企業、ファミリービジネス研究の第一人者。国内外の企業、大学における講演・セミナーならびに経営コンサルティングに積極的に取り組んでいる。「長寿企業」「ファミリービジネス」「事業承継」等について豊富な事例とデータに基づき講演頂く。

    【POINT】
    1. ファミリービジネスを持続的成長させる6つの定石
    2. 長寿企業から何を学ぶか?
    3. 三代100年、会社が潰れないための経営論

    講演
10:30 - 10:40
オリエンテーション
10:40 - 11:40
基本講義
11:40 - 12:30
昼食・休憩(個別面談)
12:30 - 13:50
ゲスト講義(1)(質疑応答含む)
13:50 - 14:10
休憩(名刺交換)
14:10 - 15:30
ゲスト講義(2)(質疑応答含む)
15:30 - 15:50
休憩(名刺交換)
15:50 - 16:50
ケーススタディ
※グループディスカッション形式
16:50 - 17:00
休憩
17:00 - 17:20
まとめ講義
17:20 - 17:30
終講 ※個別面談者以外は解散
17:30 - 18:00
個別面談
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

株式会社ハヤブサ

  • 後継者として女性経営者が描く
    わが社の今後の成長戦略

    株式会社ハヤブサ 代表取締役社長
歯朶 由美 氏

    株式会社ハヤブサ 代表取締役社長
    歯朶 由美 氏

    老舗釣具メーカーとして業界では他の追随を許さないリーディングカンパニー。女性経営者として先代から会社を承継し、「ハヤブサ」「鬼掛」「FINA」など複数ブランドを国内外を問わず広く展開し、毎期増収を達成する安定成長企業。

    【POINT】
    1. 毎期増収を続ける事業戦略のポイント
    2. 業績低迷期から脱却した経営判断
    3. 持続的成長の実現に向けた今後の中長期ビジョン


    講演
10:30 - 10:40
オリエンテーション
10:40 - 11:40
基本講義
11:40 - 12:30
昼食・休憩(個別面談)
12:30 - 13:50
ゲスト講義(1)(質疑応答含む)
13:50 - 14:10
休憩(名刺交換)
14:10 - 15:30
ゲスト講義(2)(質疑応答含む)
15:30 - 15:50
休憩(名刺交換)
15:50 - 16:50
ケーススタディ
※グループディスカッション形式
16:50 - 17:00
休憩
17:00 - 17:20
まとめ講義
17:20 - 17:30
終講 ※個別面談者以外は解散
17:30 - 18:00
個別面談
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察
10:30 - 10:40
オリエンテーション
10:40 - 11:40
基本講義
11:40 - 12:30
昼食・休憩(個別面談)
12:30 - 13:50
ゲスト講義(1)(質疑応答含む)
13:50 - 14:10
休憩(名刺交換)
14:10 - 15:30
ゲスト講義(2)(質疑応答含む)
15:30 - 15:50
休憩(名刺交換)
15:50 - 16:50
ケーススタディ
※グループディスカッション形式
16:50 - 17:00
休憩
17:00 - 17:20
まとめ講義
17:20 - 17:30
終講 ※個別面談者以外は解散
17:30 - 18:00
個別面談
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

中日本氷糖株式会社

  • 中日本氷糖122年の歩み

    中日本氷糖株式会社 取締役会長
福井 敏夫 氏

    中日本氷糖株式会社 取締役会長
    福井 敏夫 氏

    明治28年に氷砂糖製造を開始して以来、特殊な砂糖の製造を行ない「馬印」ブランドとして50%のシェアを持ち、企業として1世紀以上の歴史を持つ。平成6年のロック全自動生産ラインの完成、平成17年本社工場の液糖を生産委託、平成18年~20年にかけてのクリスタル生産機能の集約と、経営の効率化を進めている。

    【POINT】
    1. 安定成長を目標に全社員と共に考える経営
    2. 関係者にとってよい会社であり続けるための工夫
    3. 責任と役割分担を明確にして、親子三代、三兄弟での経営

    講演
10:30 - 10:40
オリエンテーション
10:40 - 11:40
基本講義
11:40 - 12:30
昼食・休憩(個別面談)
12:30 - 13:50
ゲスト講義(1)(質疑応答含む)
13:50 - 14:10
休憩(名刺交換)
14:10 - 15:30
ゲスト講義(2)(質疑応答含む)
15:30 - 15:50
休憩(名刺交換)
15:50 - 16:50
ケーススタディ
※グループディスカッション形式
16:50 - 17:00
休憩
17:00 - 17:20
まとめ講義
17:20 - 17:30
終講 ※個別面談者以外は解散
17:30 - 18:00
個別面談
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

千代田ホールディングス株式会社

  • 社員とともに持続的成長を目指すグループ資本戦略

    千代田ホールディングス株式会社
代表取締役社長
谷川 進 氏

    千代田ホールディングス株式会社
    代表取締役社長
    谷川 進 氏

    事業承継期を迎え、永続的に社員が経営し、オーナー家が所有するホールディング体制を選択した中、今後社員とオーナー家が共存共栄していくため、辿り着いた資本政策は、「三権分立」のバランスであった。その背景と真意をタナベ経営との対談形式で探る。

    【POINT】
    1. 「オーナー家で議決権を過半数持たない」その決断の真意とは?
    2. 社員持株会を活用した社員の経営参画
    3. グループ経営体制を整え、更に飛躍するホールディング体制

    講演
10:30 - 10:40
オリエンテーション
10:40 - 11:40
基本講義
11:40 - 12:30
昼食・休憩(個別面談)
12:30 - 13:50
ゲスト講義(1)(質疑応答含む)
13:50 - 14:10
休憩(名刺交換)
14:10 - 15:30
ゲスト講義(2)(質疑応答含む)
15:30 - 15:50
休憩(名刺交換)
15:50 - 16:50
ケーススタディ
※グループディスカッション形式
16:50 - 17:00
休憩
17:00 - 17:20
まとめ講義
17:20 - 17:30
終講 ※個別面談者以外は解散
17:30 - 18:00
個別面談
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

株式会社福岡運輸ホールディングス

  • 伝統と革新をバランスし、持続的成長を志すホールディング経営(仮)

    株式会社福岡運輸ホールディングス
代表取締役社長
富永 泰輔 氏

    株式会社福岡運輸ホールディングス
    代表取締役社長
    富永 泰輔 氏

    2006年10月、会社設立から70年を超える地場名門企業が大きな組織再編を断行し、ホールディング体制へ移行した。「伝統と革新」、将来に向け何を変え、何を守りグループを成長させていくのか、その展望を聞く。

    【POINT】
    1. 創業者のフロンティアスピリッツを受け継ぐ
    2. 組織再編を断行しホールディング体制へ移行した経緯と目的
    3. グループ発展のための事業戦略・組織戦略

    講演
10:30 - 10:40
オリエンテーション
10:40 - 11:40
基本講義
11:40 - 12:30
昼食・休憩(個別面談)
12:30 - 13:50
ゲスト講義(1)(質疑応答含む)
13:50 - 14:10
休憩(名刺交換)
14:10 - 15:30
ゲスト講義(2)(質疑応答含む)
15:30 - 15:50
休憩(名刺交換)
15:50 - 16:50
ケーススタディ
※グループディスカッション形式
16:50 - 17:00
休憩
17:00 - 17:20
まとめ講義
17:20 - 17:30
終講 ※個別面談者以外は解散
17:30 - 18:00
個別面談
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。

タナベ経営 コンサルタント

  • 藁田 勝

    アドバイザー

    藁田 勝

    取締役

  • 中須 悟

    リーダー

    中須 悟

    九州本部 副本部長

  • 小田巻 肇

    コーディネーター

    小田巻 肇

    大阪本部長

  • 鈴村 幸宏

    コーディネーター

    鈴村 幸宏

    東京本部 本部長代理

参加要項・お申込み

受講対象:
経営者・後継者・財務経理、経営企画室責任者 など
定員:

30名

※定員になり次第締め切らせていただきます

戦略財務 ダウンロードはこちら

「戦略財務研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

お1人様(全6回通し) 330,000円(税抜)
お申込ご本人様以外の方の受講もOK!
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み

ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込期限日(第1回開催の1週間前、同一企業様からの追加お申込の場合は各回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(同一企業様からの追加お申込の場合、各回開催日の前日)
(2)第1回開催日以降:会費の全額
(同一企業様からの追加お申込の場合、各回開催日当日)
※諸般の事情により、お申込をお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税抜)
お申込ご本人様以外の方の受講もOK!
全6回通し 330,000円(税抜・フォーラム参加費含)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問い合わせください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ