観光・ツーリズムインタビュー
沖縄ツーリスト様

観光・ツーリズムインタビュー 沖縄ツーリスト様

動画を見る

観光・ツーリズムインタビュー
一條旅館様

観光・ツーリズムインタビュー 一條旅館様

動画を見る

2016年度開催
研究会のご紹介

2016年度開催 研究会のご紹介

動画を見る

「観光・ツーリズム」優良企業3社のビジネスモデル事例集を無料ダウンロード!

「観光・ツーリズム」優良企業3社の
ビジネスモデル事例集を
無料ダウンロード!

「感動」「交流」「体験」価値の加速とインバウンド市場の増大は
新たなツーリズムマーケットとつながる

感動・交流・体験
サービスツーリズムモデル

突き抜ける人材力(自立した人材)

人材不足の時代を迎え、成長する企業としない企業の格差は
戦略格差以上に推進する人材格差になりつつある

プロフェッショナルサービス

口コミで評価が決まる時代、
顧客の期待を超える真のサービスだけが勝ち残る

協創・オープンイノベーション

通販、不動産など様々な企業が、観光産業へ進出「越境」の時代業種の境を超える企業との協創が求められる

感性マーケットへのブランディング投資

モノ余りコト不足のマーケット多様化時代、
自社の魅力・強みを魅せるためのブランディング投資が必要

滞在倍増モデル(5バリュー・アプローチ)

地域に5ヶ所の魅力あるポイントを構築する。
滞在時間を倍増し、宿泊を伴う滞在型を実現する

観光・ツーリズムにかかわる産業規模

観光ツーリズムマーケットは現状約17兆円で国内5番目に大きな産業で、今後成長が見込まれるマーケットとして注目を集めています。

日本国内の総人口は峠を越えて減少へと向かっている中、国内でのマーケットシェアの獲得と、世界市場へと目を向けたビジネスモデルに取り組む事が課題となっています。

また、訪日外国人を2020年4000万人、2030年6000万人にするという目標も掲げられ多くのビジネスチャンスの創造が見込まれることから、独自の価値提供を行ない、収益を上げているナンバーワン、オンリーワンと呼ばれている企業が生まれています。

観光・ツーリズムビジネスの「1」「10」「100」を目指す! 感じる・吸収する・繋がる

今期の主な視察・講演先

  • 日本ホテル株式会社(東京ステーションホテル)

    日本ホテル株式会社
    (東京ステーションホテル)

  • 株式会社ホテル泉慶

    株式会社ホテル泉慶

  • 株式会社自遊人

    株式会社自遊人

  • 株式会社トラベルジャーナル

    株式会社トラベルジャーナル

  • 株式会社モスフードサービス

    株式会社モスフードサービス

  • 株式会社黒壁

    株式会社黒壁

  • 株式会社海遊館

    株式会社海遊館

  • 株式会社Glamp

    株式会社Glamp

日程・スケジュール

東京
エリア

株式会社帝国ホテル/日本ホテル株式会社(東京ステーションホテル)

  • 創業明治23年、日本を代表する迎賓館ホテルの最高のおもてなしと、
    それを支え続ける人材育成の神髄とは(仮)

    株式会社帝国ホテル 代表取締役社長 定保 英弥 氏

    株式会社帝国ホテル 代表取締役社長 定保 英弥 氏

    週刊東洋経済2月6日号において、「日本のベストホテル」第1位の評価。創業125年、多岐にわたる顧客の要望を実現するDNAをベースに、2020年以降を見据え、「日本の迎賓館」としての、最高のおもてなしを受け継いでいくための、人材育成にも力を注ぐ。メイド・イン・ジャパンの代表格ホテル。

    【POINT】
    1. 帝国ホテルが選ばれ続ける理由(仮)
    2. 最高のおもてなしを提供する帝国ホテルが求める人材像とは(仮)
    3. 帝国ホテルが見据える今後の成長戦略(仮)

    講演・視察
  • 歴史をブランド化し、未来へ向け成長する
    東京ステーションホテルの成長戦略

    日本ホテル株式会社(東京ステーションホテル)常務取締役 総支配人 藤崎 斉 氏

    日本ホテル株式会社(東京ステーションホテル)
    常務取締役 総支配人 藤崎 斉 氏

    東京駅が誕生した翌年の1914年に東京ステーションホテルは誕生。以来、国指定重要文化財・東京駅丸の内駅舎とともに、大正・昭和・平成の3つの時代を見守り続けてきた。駅舎の保存・復原事業により6年半休館後、内装を一新して2012年に再び扉を開いた。2015年開業100周年を迎えた、<東京の玄関口>で輝き続ける唯一無二のホテル。

    【POINT】
    1. ホテルの基本的価値は「ストーリー」にある
    2. 重要文化財内にある唯一無二のホテルが提供する価値
    3. 東京ステーションホテルが見据える今後の成長戦略

    講演・視察
13:00
集合、オリエンテーション
13:20 - 14:40
基調講義/ゲスト講話
14:40 - 17:30
企業視察(移動、質疑含む)
18:00 - 19:30
講師を囲んでの情報交換会、懇親会
19:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
沖縄
エリア

沖縄ツーリスト株式会社

  • プラットホーム型価値創出による地域活性化戦略(仮)

    沖縄ツーリスト株式会社 代表取締役会長 東 良和 氏

    掲載内容調整中です。

    【POINT】
    1. 将来を見据え、沖縄ツーリストが挑むプラットホーム型事業戦略とは(仮)
    2. 地域の資源をいかに事業と結びつけるか。成長過程と今後の戦略(仮)
    3. 成長発展を続ける沖縄ツーリストのビジネスモデルとこれからの展開(仮)

    講演・視察
13:00
集合、オリエンテーション
13:20 - 14:40
基調講義/ゲスト講話
14:40 - 17:30
企業視察(移動、質疑含む)
18:00 - 19:30
講師を囲んでの情報交換会、懇親会
19:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講義・質疑応答
11:30 - 12:30
企業視察(移動、質疑含む)
12:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
新潟
エリア

株式会社ホテル泉慶/株式会社自遊人

  • 『最高級のおもてなしでブランディング化を図るホテル泉慶の成長戦略』

    株式会社ホテル泉慶 常務取締役 飯田 武志 氏

    株式会社ホテル泉慶 常務取締役 飯田 武志 氏

    創業48年という短期間で、プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選にて、全国約50,000軒の旅館の中で、施設部門第1位、総合で第2位!旅行者が選ぶ「トリップアドバイザー」にて2015年のCertificate of Excellence(エクセレンス認証)を授与。「常にお客様の期待以上のサービス」をスタンダードに実践している。

    【POINT】
    1. プロが選ぶ日本の旅館100選で全国2位!泉慶のブランディング
    2. 「和楽逸楽」ホテル泉慶の目指す最高級のおもてなし
    3. 泉慶の目指す、今後の成長戦略

    講演・視察
  • 新たな価値を地方から発信する!
    自遊人の最新型体験ビジネスモデル

    株式会社自遊人 代表取締役 岩佐 十良 氏

    株式会社自遊人 代表取締役 岩佐 十良 氏

    2000年に本当に良いものだけを伝える雑誌を創りたいと雑誌 「自遊人」を創刊。そこで紹介する内容を体験して頂くために2014年「里山十帖」をオープン。地域のストーリーを、雑誌を通じ、新たなツーリズムマーケットを創造している。

    【POINT】
    1. 雑誌「自遊人」から新たなツーリズムマーケットを創造する
    2. デザイン思考で里山にストーリーをつくり、リアルメディアで展開
    3. 共感マーケティングを利した地域のPR戦略のあり方

    講演
13:00
集合、オリエンテーション
13:20 - 14:40
基調講義/ゲスト講話
14:40 - 17:30
企業視察(移動、質疑含む)
18:00 - 19:30
講師を囲んでの情報交換会、懇親会
19:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講義・質疑応答
11:30 - 12:30
企業視察(移動、質疑含む)
12:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

株式会社トラベルジャーナル/株式会社モスフードサービス

  • 創刊から50年「トラベルジャーナル」が見る観光・ツーリズム業界の今後

    株式会社トラベルジャーナル 常務取締役 鏑木 清隆 氏

    株式会社トラベルジャーナル 常務取締役 鏑木 清隆 氏

    観光産業に関わる経営者・管理職 必読のビジネス専門誌として、観光産業のトレンドをプロの視点で深堀し50年。読者数6万人、ウェブ読者1万8千人と業界NO1の情報ネットワークを確立。観光・ツーリズム業界の今後のトレンドを伺います。

    【POINT】
    1. 最新の観光・ツーリズム業界のトレンド
    2. 地域創生の成功事例、志ある経営者たち
    3. 業界の垣根を超える「越境」の新たなビジネスモデル事例

    講演
  • 成長する観光・ツーリズムマーケットで
    日本の提供価値にこだわるモスの成長戦略(仮)

    株式会社モスフードサービス 代表取締役会長 櫻田 厚 氏

    株式会社モスフードサービス 代表取締役会長 櫻田 厚 氏

    今後増えることが予想されるインバウンドマーケットは飲食業にとっても大きなチャンスである。そこに「日本のおいしさとおもてなし」の価値を提供するという、モスフードサービス独自のこだわりを持ちサービスを展開。顧客と地域と海外とつながるモスのブランディング戦略。

    【POINT】
    1. 「おもてなし」と「幸せ」を提供するフードサービスの使命を追求するモスバーガーの成長戦略とは(仮)
    2. 日本の味を大切にするモスバーガーの事業戦略について(仮)
    3. 「はじめにこころありき」変わらぬモスのこころを大切にするモスバーガーの基本理念について据えた今後の成長戦略(仮)

    講演
13:00
集合、オリエンテーション
13:20 - 14:40
基調講義/ゲスト講話
14:40 - 17:30
企業視察(移動、質疑含む)
18:00 - 19:30
講師を囲んでの情報交換会、懇親会
19:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講義・質疑応答
11:30 - 12:30
企業視察(移動、質疑含む)
12:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
滋賀
三重
エリア

株式会社黒壁/株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム

  • 『滋賀・長浜を「黒壁スクエア」で再生!更なる発展に向けたツーリズム戦略(仮)』

    株式会社黒壁 代表取締役社長 高橋 政之 氏

    株式会社黒壁 代表取締役社長 高橋 政之 氏

    滋賀・長浜の中心市街地で、人気観光施設「黒壁ガラス館」などを運営する「黒壁」。郊外店の進出により、シャッター街となった中心街を、「ガラス文化」の事業化に取り組むことで再生。年間の集客、来街者数は200万人を超える。

    【POINT】
    1. 年間観光集客数を10万人から200万人にした黒壁スクエア!(仮)
    2. 「強み(黒壁、ガラス)」×「成長マーケット(観光)」の実例(仮)
    3. 地域で目指すツーリズム(滞在)型観光客誘致戦略(仮)

    講演・視察
  • 『ロマンと夢のある21世紀型農業』で地域活性化を目指すモクモクの成長戦略

    株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム 代表取締役会長 木村 修 氏

    株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム
    代表取締役会長 木村 修 氏

    自ら生産し加工し販売する。1次産業から3次産業まですべて行う「6次産業」を実践する新しい農業に挑戦。ものづくり体験など企画を中心に、人口わずか8000人の町に、年間50万人を集客している。

    【POINT】
    1. 年間50万人が訪れるモクモク、今後の成長戦略
    2. モクモク流6次産業化の成功事例
    3. もくもくファームの海外戦略

    講演・視察
13:00
集合、オリエンテーション
13:20 - 14:40
基調講義/ゲスト講話
14:40 - 17:30
企業視察(移動、質疑含む)
18:00 - 19:30
講師を囲んでの情報交換会、懇親会
19:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講義・質疑応答
11:30 - 12:30
企業視察(移動、質疑含む)
12:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
関西
エリア

株式会社海遊館/株式会社Glamp

  • 高リピート率を実現する海遊館のビジネスモデルと今後の戦略展開

    株式会社海遊館 代表取締役社長 三輪 年 氏

    株式会社海遊館 代表取締役社長 三輪 年 氏

    世界最大級の水族館として1990年に「海遊館」を開館。四半世紀を経た現在も、休日は1万人以上の来場者を迎える。国内外からの集客に成功し、リピート率は6割を超える。旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」は水族館ランキングでアジアNO.1と評価。2015年に「生きているミュージアム ニフレル」を開業。

    【POINT】
    1. 選ばれ続ける「海遊館」の成長の歩み
    2. 顧客満足を可能にする海遊館の企画、サービス
    3. 海遊館の目指す、今後の成長戦略

    講演
  • グランピングの魅力と最新トレンド
    ~変化するアウトドアブーム~

    株式会社Glamp 代表取締役 吉村 司 氏

    株式会社Glamp 代表取締役 吉村 司 氏

    「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語。従来型のキャンプとは一線を画し、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすラグジュアリーなキャンプのこと。全世界で新しいアウトドア型リゾートスタイルとして注目され、欧米では2000年頃から流行。日本でも数年前から高級志向と相まって注目され始め、日本発のグランピングリゾートとして「星のや富士(星野リゾート)」の開業(2015年10月30日)を機にブームに火がついた。雑誌Glanpの発行・出版業務をされている同社 吉村代表に、グランピングブームの本質と今後の広がりについて最新事例を交えお話を伺います。

    【POINT】
    1. グランピングとは
    2. グランピングの魅力と流行の理由
    3. グランピング最新取り組み事例と選ばれるポイント

    講演
13:00
集合、オリエンテーション
13:20 - 14:40
基調講義/ゲスト講話
14:40 - 17:30
企業視察(移動、質疑含む)
18:00 - 19:30
講師を囲んでの情報交換会、懇親会
19:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講義・質疑応答
11:30 - 12:30
企業視察(移動、質疑含む)
12:30
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。

タナベ経営 コンサルタント

  • 中村 敏之

    アドバイザー

    中村 敏之

    常務取締役

  • 中東 和男

    アドバイザー

    中東 和男

    取締役

  • 日下部 聡

    リーダー

    日下部 聡

    東北支社 支社長代理

  • 比嘉 純弥

    コーディネーター

    比嘉 純弥

    沖縄支社長

  • 近藤 正晴

    コーディネーター

    近藤 正晴

    北海道支社 部長

参加要項・お申込み

受講対象:

経営者、後継者の方、事業部長クラスの方

定員:

30名

※定員になり次第締め切らせていただきます
※直接競合する業種・業態からのお申込は1社のみとさせていただきます

観光・ツーリズムビジネス成長戦略研究会 ダウンロードはこちら

「観光・ツーリズムビジネス成長戦略研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

年会費 1社1名 390,000円(税抜)
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み

ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込期限日(第1回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
 代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(2)第1回開催日以降:会費の全額
※諸般の事情により、お申込をお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税抜)
全6回通し 330,000円(税抜・フォーラム参加費含)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問い合わせください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ