こんな方におすすめします。

成長期、成熟期が未来に待っている、
次代の注目ドメイン分野は「ウェルネスビジネス」。

マーケットライフサイクルと市場規模の現在

Reason01

ウェルネスビジネスが求められる理由1
カラダが病んでいる
日本人の健康意識は、先進国の中で最も未成熟

Reason01_icon病院が大好きな日本人

国民一人あたりの年間医療機関受診回数 画像をクリックすると拡大できます。

国民一人あたりの年間医療機関受診回数

閉じる

日本人は、1ヶ月に1回は医療機関を受診しています。一年間の医療機関受診回数はOECD加盟国の中で最多であり、他の主要国の1.5倍~4倍。世界的にみて日本人は、医療機関に行き過ぎと言えます。
日本では、アメリカなどとは違い、比較的安い負担で医療が受けられます。また、健康維持や予防に対する自律意識が他の先進国と比較すると未成熟であるため、少し具合が悪くなると、安易に医療機関を受診しているのが日本という国の現状です。このまま健康増進が浸透しなければ、医療費・介護保険費用給付財源がなくなり、世界に誇る日本の社会保障制度の維持が困難となります。つまり、「健康増進」とは、国民が全力で取り組まなければならない社会的課題なのです。

>> 財源破綻の社会保障制度維持のためにも、健康増進が必須。

Reason02

ウェルネスビジネスが求められる理由2
クラシが病んでいる
不健全な生活が、予後不良な病気を誘発

Reason02_icon生活を改めない日本人

20歳以上人口における生活習慣病患者・予備軍割合 画像をクリックすると拡大できます。

20歳以上人口における生活習慣病患者・予備軍割合

閉じる

増え続ける医療費・介護保険費用抑制の観点より、「セルフメディケーション」が提唱されています。セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」を意味します。
先に記述した通り、日本はこのセルフメディケーションに対する意識が、先進国と比較すると未成熟であります。その結果、「心筋梗塞等に繋がり易く、何らかの食事制限が必要な死の四重奏」と呼ばれる疾病(上記疾病)を患っている人が数多く存在します。
偏食、運動不足、喫煙、飲酒、ストレス・・・、健康に悪いことは解っていながらも、生活習慣の改善が徐々にしか進んでいないのが現状なのです。

>> 積極的に身体を動かす機会・時間が低下。子供の低体力も。

Reason03

ウェルネスビジネスが求められる理由3
ココロが病んでいる
ココロの病いを抱える人が世界No.1

Reason03_iconメンタル的ケアが求められる日本人

精神疾患・うつ病患者数推移(万人) 画像をクリックすると拡大できます。

精神疾患・うつ病患者数推移(万人)

閉じる

日本は、精神病院のベッド数がダントツで多い国です。全世界にある精神病院のベッドのうち、5分の1は日本が占めています。精神疾患の患者数は約330万人存在し、要介護者数と変わりません。2011年から2014年の3年間で70万人もの精神疾患の患者が増えており、ココロを病んでいる人が急増していることが伺えます。
日々のニュースの中で、殺人事件、薬物事件、いじめ・虐待等が取り上げられない日はなくなりつつあります。また、うつ・ストレス、ひきこもり、育児・介護疲れ、非正規雇用からくる将来不安、未婚・独居に伴う生活不安、パワハラ・セクハラ等、豊かなはずの日本の中で、メンタルヘルスを病んでいる人が明らかに増えています。高齢化社会と言うと、要介護者数の増加ばかりに目が行きがちですが、ココロの病いを持つ人へのケアも解決すべき新たな社会的課題なのです。

>> 精神病院のベッド数が世界一。ココロの病いにも注目が必要。

マーケットの拡大は確実!「ウェルネス・イノベーション研究会」へのご参加はこちらから

今、日本ではウェルネスを切り口に様々な
イノベーションが起きている!

今、日本ではウェルネスを切り口に様々なイノベーションが起きている!

ウェルネス・イノベーション研究会とは

ウェルネス・イノベーション研究会とは

今期の主な視察・講演先

  • 株式会社ルピナス

    株式会社ルピナス

  • 株式会社とくし丸

    株式会社とくし丸

  • 株式会社テレファーム

    株式会社テレファーム

  • 日本駐車場開発株式会社

    日本駐車場開発株式会社

  • 株式会社AsMama

    株式会社AsMama

  • 株式会社おとなの学校

    株式会社おとなの学校

  • KCJ GROUP株式会社

    KCJ GROUP株式会社

  • 株式会社岡村製作所

    株式会社岡村製作所

  • akippa株式会社

    akippa株式会社

  • 株式会社第一興商

    株式会社第一興商

日程・スケジュール

東京
エリア

株式会社博報堂/株式会社ルピナス

  • 生活者発想で行動を変える
    ウェルネス市場におけるイノベーションのヒント

    株式会社博報堂ウェルネスデザイン・プロジェクトリーダー 石附 洋徳 氏

    株式会社博報堂
    ウェルネスデザイン・プロジェクトリーダー 石附 洋徳 氏

    同社は、「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーに、新しい広告会社の姿へと常に自己革新を続けています。「未来を発明する会社へ。」をスローガンに掲げ、広告・プロモーションに留まらず、生活者の豊かで幸せな毎日のために、様々な仕組みを創造することを目指し、各種ソリューションを提供するマーケティングカンパニーです。医療・ヘルスケアはその中でも、生活者が健やかに生きるために欠かせない重要な領域として、積極的に取り組んでいる分野の一つであり、今回は社内において「新しい生活者の健康を創りだすこと」を目的とした『ウェルネスデザイン・プロジェクト』の視点から、ヘルスケア市場の新しいイノベーションのヒントをご提供できればと考えております。

    【POINT】
    1. 日本人の健康に対する特殊な意識
    2. 生活者発想で創りだす新たなヘルスケアマーケット
    3. 人の行動を変える、習慣を変えるイノベーション

    講演
  • 玩具のイノベーションで実現する、ウェルネス&ビューティー

    株式会社ルピナス 代表取締役社長 山本 博一 氏

    株式会社ルピナス 代表取締役社長 山本 博一 氏

    1966年に医薬品卸会社を創業後、介護・福祉用具のレンタル・販売に事業領域を拡大。その後、予防分野の市場が拡大するとの判断より、江戸時代からの玩具である「吹き戻し」を、口腔機能改善のための健康増進ツールとして改良・販売。産学連携でエビデンスを実証しつつ、特許も取得。現在では、国内の医療業界の他、美容業界・海外からも注目を集めている。

    【POINT】
    1. 玩具を口腔機能改善商材としてイノベーション出来た経緯
    2. 玩具をインナーマッスルと小顔づくり商材としてイノベーション出来た経緯
    3. 使い慣れたモノをイノベーションする際の着想とホワイトスペースの見つけ方
    kaigolupinus-bese

    講演
11:30 - 12:00
集合・ガイダンス
13:00 - 14:45
講演①
15:00 - 16:45
講演②
16:45 - 17:00
まとめ
17:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
大阪
エリア

株式会社とくし丸/株式会社テレファーム

  • 移動スーパーで買い物弱者を解消
    ~ 目指すは「おばあちゃんのコンシェルジュ」 ~

    株式会社とくし丸 代表取締役 住友 達也 氏

    株式会社とくし丸 代表取締役 住友 達也 氏

    「見て触って買う」という買い物の原点と、社会問題化している買い物弱者への課題解決に対し、「移動スーパー」で挑むとくし丸。インターネットの普及による小売の新たな環境変化や、高齢者マーケットへ取り組む巨大資本へ、いかにして対抗しうるのか、その真髄に迫る。

    【POINT】
    1. 創業の経緯と社会的意義
    2. とくし丸ならではの強みと独自性
    3. 3年後、全国1,000台の移動式スーパーを目指す成長戦略
    tokushimaru-bese

    講演
  • 遠隔農場を通じた、ココロとクラシのウェルネス

    株式会社テレファーム 代表取締役 遠藤 忍 氏

    株式会社テレファーム 代表取締役 遠藤 忍 氏

    パソコン・携帯・ゲーム端末などを使い、インターネット上で有機野菜の遠隔栽培を行なうサービスを提供。会員ユーザーは農地のレンタル料等を支払うかわりに、農家に自分の希望通りの野菜を栽培してもらい、収穫後の野菜は自宅に送ってもらう。「過疎地活性化」「耕作放棄地再生」「就農支援」「安心な農作物の流通」「ユーザーの願望実現」を支援する新しい農業ビジネスとして注目を浴びている。

    【POINT】
    1. 3方よしの遠隔農場サービスの概要と、ビジネスモデル発案の着想
    2. テレファームで解決・実現する社会的課題、ユーザーの願望
    3. 遠隔農場システムのASPサービス提供の可能性、今後の事業展開

    講演
11:30 - 12:00
集合・ガイダンス
13:00 - 14:45
講演①
15:00 - 16:45
講演②
16:45 - 17:00
まとめ
17:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

日本駐車場開発株式会社/株式会社AsMama

  • 忙しいビジネスパーソンのウェルネスを支える都心型プラットフォームの可能性

    日本駐車場開発株式会社 社長室長 小海 信哉 氏

    日本駐車場開発株式会社 社長室長 小海 信哉 氏

    商業施設や大型ビルの空き駐車スペースの収益化事業を皮切りに、不採算なスキー場の再生事業やビル内の不稼働スペースの活用を広く手がける。2015年3月より、「都心で忙しく働くビジネスパーソンの健康で豊かな毎日を応援する」をコンセプトに、東京・丸の内エリアのビジネスパーソンを対象に、疾病予防・健康増進のための情報・サービスを提供・発信する「丸の内ヘルスケアラウンジ」を運営開始。

    【POINT】
    1. ヘルスケアラウンジの概要と、プロジェクトを開始した背景
    2. 今日までの取り組みからみた、ビジネスパーソン向け健康増進分野の可能性と課題
    3. 健康意識が高くない層を行動へと転化させるための効果的な取り組み・着眼

    講演
  • 子育てシェアのインフラ化が解決する社会課題

    株式会社AsMama 代表取締役CEO 甲田 恵子 氏

    株式会社AsMama 代表取締役CEO 甲田 恵子 氏

    こどもの送迎や託児を、ネットを通じて親同士で頼り合う「子育てシェア」を展開。サービス開始から2年半でサービス利用登録者は3万人を突破し、全国にサービスが拡大している。中小機構主催「Japan Venture Awards」での「社会貢献特別賞」、日経ソーシャルイニシアチブ大賞、三菱東京UFJ銀行主催「ビジネスサポート・プログラム」での最優秀賞など、受賞多数。

    【POINT】
    1. 子育てシェアリングの概要と、AsMamaの事業モデル
    2. 創業の経緯と、子育てシェアが解決する社会的課題
    3. 知人間共助のインフラ化が切り開く新たな未来・ビジネスチャンス

    講演
14:00 - 14:30
集合・ガイダンス
14:30 - 16:30
講演
16:30 - 17:00
まとめ
17:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講演
11:30 - 12:00
まとめ
12:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

株式会社おとなの学校/KCJ GROUP株式会社

  • 高齢者が”学び”で”元気”になる、新しいタイプのアクティビティ

    株式会社おとなの学校 代表取締役 大浦 敬子 氏

    株式会社おとなの学校 代表取締役 大浦 敬子 氏

    グループ理念『私たちは、生きる喜びが溢れる場を世界中に広げるために挑戦し続けます。みんなにありがとう ! みんなでおめでとう ! 』に基づき、"高齢者の意欲を引き出す学校形式の高齢者サービス"「おとなの学校」を関東、近畿、中国、九州等、現在13ヶ所でフランチャイズ事業を展開中。2015年4月からは高齢者向け教科書「おとなの学校メソッド」を開始。2014年3月には医療法人社団大浦会「おとなの学校 本校」が、【経済産業省 平成25年度「おもてなし経営企業選」】として選出された。

    【POINT】
    1. 最終学歴はおとなの学校卒 ~ 高齢者に未来を ! ~
    2. 気分はずっと17歳 ! ~ 介護をラクにするたったひとつの方法 ~
    3. 介護サービスのイノベーション ~ 介護しないおとなの学校の挑戦

    講演
  • 未来を生き抜く力を育み、子供の未来のクラシを豊かにするキッザニアの挑戦

    KCJ GROUP株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資 氏

    KCJ GROUP株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資 氏

    3~15歳のこどもを対象にした、こどもが主役の街「キッザニア」を運営。警察署、裁判所、新聞社、消防署、ガソリンスタンド、ベーカリー、銀行、ハンバーガーショップ、病院、出版社等、約100種類ある職業や社会体験を通じ、「働くことの意味」「社会のしくみ」を学ぶ場を提供している。週末・学校休業期間の予約は取れないこともあるほどの人気で、平日も校外学習のプログラムで訪れるこども達も多い。

    【POINT】
    1. 新たなチャレンジとして「キッザニア」を開業した経緯と、キッザニアの提供価値
    2. グローバル社会に向けて必要なポイント
    3. 日本の未来に向けて、考えるべきこと

    講演
14:00 - 14:30
集合・ガイダンス
14:30 - 16:30
講演
16:30 - 17:00
まとめ
17:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
8:30 - 9:30
オリエンテーション
9:30 - 11:30
講演
11:30 - 12:00
まとめ
12:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
大阪
エリア

株式会社岡村製作所/akippa株式会社

  • 『~ながら』が実現する、社員のウェルネスと健康経営

    株式会社岡村製作所 マーケティング本部ソリューション戦略部 販促企画室 室長 武田 浩二 氏

    株式会社岡村製作所 マーケティング本部
    ソリューション戦略部 販促企画室 室長 武田 浩二 氏

    業界第一位のオフィス家具メーカー。国内外に40社弱の関連会社を保有し、製品開発から販売・物流・施工・アフターサービスまでの一貫体制を確立している。快適な空間創造をめざすソリューション企業として、近年はオフィス環境の改善と事務・生産効率向上に関する「健康的オフィス」の普及に力を入れている。今回は、実際に従業員が働いているオフィス見学を通じて理解を深めます。

    【POINT】
    1. 日本のオフィス環境が抱える健康問題
    2. 社員の健康・効率・交流がアップする新しい働き方
    3. 最先端の大手企業などで導入が進む健康オフィスとは
    okamura-bese

    講演・視察
  • 『空き駐車場』シェアリングサービスで遊休資産を有効活用

    akippa株式会社 代表取締役社長 金谷 元気 氏

    akippa株式会社 代表取締役社長 金谷 元気 氏

    全国の使われていない月極・個人の駐車場のシェアリングサービスを展開。2014年のサービス開始から2年で約1万ヶ所の駐車場を確保している。コインパーキングより事前予約ができて「便利」、現地での支払いもなく「簡単」、駐車場料金も「安い」サービスを提供しており、駐車場オーナーにとっても空いている駐車場を有効活用できるとして喜ばれている。

    【POINT】
    1. 空き駐車場シェアリングサービス「akippa」の概要
    2. シェアリングサービス立ち上げの経緯と事業チャンス発見のポイント
    3. 空き○○ビジネスの今後の可能性

    講演
11:30 - 12:00
集合・ガイダンス
13:00 - 14:45
講演①
15:00 - 16:45
講演②
16:45 - 17:00
まとめ
17:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。
東京
エリア

株式会社竹屋旅館/株式会社第一興商

  • 美味しい健康食が広める、喜びのウェルネス

    株式会社竹屋旅館 代表取締役 竹内 佑騎 氏

    株式会社竹屋旅館 代表取締役 竹内 佑騎 氏

    静岡市清水区でホテル『ホテルクエスト清水』を運営。糖尿病患者でも楽しめるフルコース「駿河湾レシピ」、低糖スイーツ「いとをかし」を開発し、大ヒットとなる。食事制限のある方でも美味しく食べられる料理を提供することで、「家族みんなで食べられる喜び」を実現した。「通常食以上に美味しい健康食」をテーマに「喜びのヘルスケア」を目指す。

    【POINT】
    1. 「医学×おいしさ」 プロサッカーチームへの食事提供で培った栄養管理ノウハウと、シェフの腕を生かした新ビジネス
    2. 食事制限を気にせず食べられる「美味しい健康食」開発の経緯
    3. 「みんなで食べる喜び」を広めるための今後の取り組みと事業展開
    hotelquest-bese_1hotelquest-bese_2

    講演
  • うたと音楽の力で楽しみながらできる健幸社会への挑戦

    株式会社第一興商執行役員 エルダー事業開発部長 戸塚 圭介 氏

    株式会社第一興商
    執行役員 エルダー事業開発部長 戸塚 圭介 氏

    業務用カラオケ機器「DAM」の販売やカラオケ店を運営しており、業務用カラオケ機器業界ではトップシェアを誇る。同社が開発した「DKエルダーシステム」は、自社のノウハウを生かした「うたと音楽の力」を健康づくりに役立てるために開発されたもの。楽しみながら継続できるプログラムとして、特に自治体との連携を強めている。

    【POINT】
    1. 「カラオケ」×「介護予防」の着眼点 -レジャー産業から健康産業へ-
    2. 「歌と音楽」が健康にもたらす効果と介護予防コンテンツの特徴
    3. 「楽しみながら」が示唆する今後の健康ビジネスのあり方
    dkkaraoke-bese

    講演
11:30 - 12:00
集合・ガイダンス
13:00 - 14:45
講演①
15:00 - 16:45
講演②
16:45 - 17:00
まとめ
17:00
解散
※各回の詳細スケジュールは変更の可能性があります。参加される方は最新のご案内を参照ください。

タナベ経営 コンサルタント

  • 仲宗根 政則

    アドバイザー

    仲宗根 政則

    取締役

  • 松室 孝明

    リーダー

    松室 孝明

    東京本部 本部長代理

  • 木内 健介

    コーディネーター

    木内 健介

    東京本部 部長

  • 森田 裕介

    コーディネーター

    森田 裕介

    大阪本部 部長

参加要項・お申込み

受講対象:

経営者、後継者、経営幹部、事業部長クラスの方

定員:

30名

※定員になり次第締め切らせていただきます
※直接競合する業種・業態からのお申込は1社のみとさせていただきます

ウェルネス・イノベーション研究会 ダウンロードはこちら

「ウェルネス・イノベーション研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

年会費 1社1名 390,000円(税抜)
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み

ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込期限日(第1回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
 代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(2)第1回開催日以降:会費の全額
※諸般の事情により、お申込をお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税抜)
全6回通し 330,000円(税抜・フォーラム参加費含)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問い合わせください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ