vol.15 子どもが夢中になるリアルな世界「キッザニア」
– 学びと遊びの垣根を越える“エデュテインメント”を開拓 –
KCJ GROUP 住谷 栄之資氏 × タナベ経営 若松 孝彦

4 / 4ページ

1604_100nenmidashi

2017年3月号

 

キッザニアがいらない社会こそ理想の社会

 

若松 キッザニアのビジネスモデルの将来性については、どのようにお考えですか。

 

住谷 急速にIT化が進む中、新たなスポンサーの開拓は必要でしょうね。私は、モノができる過程を体験するアナログの部分は子どもにとって非常に重要だと考えていますが、社会性や職業観を培う上で、IT関連産業は欠かせない存在となっています。それらの先端技術と、アナログの部分をどのように合わせるかが鍵だと考えています。

 

若松 日本生産性本部がまとめた『レジャー白書2016』のテーマは、「少子化時代のキッズレジャー」。「遊ぶと学ぶは一緒」という結論で締めくくられていましたが、まさにキッザニアが掲げるエデュテインメントに通じています。先端技術を通した学びや遊びにも触れられていました。IT化によって、仕事はもちろん、社会の仕組み自体も大きく変化していくことが予想されます。

 

住谷 事業の形は時代によって変化します。例えば、富士フイルムを見ると、今では医療関係が主要事業となり、社名にあるフィルム事業の比率は5%以下まで縮小しています。キッザニアが子どもの成長に一石を投じたという自負はありますが、この事業が未来永劫(えいごう)続くかどうか分かりません。

 

オープン当初に受けたメディアの取材でも明言していたのですが、私は「キッザニアがいらない社会の方がよい」と考えています。私が子どもの頃、日々の暮らしの中で親や周囲の大人は子どもに自分の仕事を教えていました。しかし、社会は大きく変化していますから、今は職業体験できる場所や機会がもっとあった方がよいと思います。学校の授業の中で地域産業を体験できる機会や時間を増やしていくなど。そしてわれわれは失業するのが理想の社会なのかもしれないですね(笑)。

 

若松 「世の中に役立つ会社」しか存続することができない時代ですから、それは究極の社会貢献であり、社会課題の解決です。経験からしか学べない価値があります。キッザニアが担ってきた職業体験の必要性が社会に認知されつつある中、インターンなど教育現場でも取り組みが広がりつつあります。ただ、普及にはまだしばらくかかるでしょう。それまでは社会的テーマを担い続けるということでもあります。

 

住谷 キッザニアにたくさんの子どもたちが来てくれていますが、余力のある間に次の事業を模索していくことが大事。今は子どもの職業体験が事業の中心ですが、「社会の役に立つ」という軸さえぶれなければ、事業は時代に合わせて変わっていいと思っています。日本全体を見ても、現状を維持するだけでなく、将来を見据えて手を打つべき段階にあると感じています。

 

若松 今はキッザニアの活動を広げる大事な時期といえますね。活動を広げることで世の中をさらに良くしていく。KCJ GROUPが今後どのようなステージで活躍をされるのか、今から非常に楽しみです。本日はありがとうございました。

 

201703_100taidan-08

タナベ経営
代表取締役社長 若松 孝彦

タナベ経営のトップとしてその使命を追求しながら、経営コンサルタントとして指導してきた会社は、業種を問わず上場企業から中小企業まで約1000社に及ぶ。独自の経営理論で全国のファーストコールカンパニーはもちろん金融機関からも多くの支持を得ている。 関西学院大学大学院 (経営学修士)修了。1989年タナベ経営入社、2009年より専務取締役コンサルティング統轄本部長、副社長を経て現職。『100年経営』『戦略をつくる力』『甦る経営』(共にダイヤモンド社)ほか著書多数。

 

PROFILE

  • KCJ GROUP㈱
  • 所在地 : 〒104-0051 東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア3階
  • TEL : 03-3532-1701(代)
  • 設立 : 2004年
  • 資本金 : 2億5200万円
  • 事業内容 : 子どもの職業・社会体験施設「キッザニア」の企画、運営、開発。「食と農」をテーマとした複合施設「オークビレッジ柏の葉」の企画・運営他
    http://www.kidzania.jp/
  • 〈キッザニア東京〉
  • 所在地 : 〒135-8614 東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 ノースポート3階
  • TEL : 0570-06-4646
  • 〈キッザニア甲子園〉
  • 所在地 : 〒663-8178 兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園
  • TEL : 0570-06-4343

 

1 2 3 4