vol.18 物流価値で小売業の商流を変える流通革命
– 低温食品物流の
 ファーストコールカンパニーへ挑む –
丸和運輸機関 和佐見 勝氏 × タナベ経営 若松 孝彦

2 / 3ページ

1604_100nenmidashi

2017年6月号

 

3PLから「7PL」へ商流提案でスーパーを支援

 

若松 低温食品物流は、未開拓市場のホワイトスペースとして取り組み方にも独創性がありますね。具体的にどのように取り組んでいらっしゃるのですか。

 

和佐見 中核となるのが、「AZ-COM 7PL」(アズコム セブン・パフォーマンス・ロジスティクスの略)です(【図表】)。7つのサービスメニューをそろえていますが、例えば「集客力の向上」は、生鮮物流改革によって販売力を強化。具体的には、北海道の夏野菜を低温食品物流によって店舗に提供する産地直送です。ブランド力の高い北海道産の青果物を、関連会社である丸和通運のクールコンテナに乗せて鉄道輸送します。市場を通すと2日かかりますが、当社なら店舗への翌日納品が可能です。

 

若松 7PLが提供する価値は流通革命のレベルですね。食品の領域において、価格破壊を超える価値をもたらすビジネスモデルになり得ます。

 

和佐見 物流を生命線に、新しいビジネスモデルを構築した一例がネットスーパーですが、低温食品物流もこれに匹敵するインパクトをもたらすでしょう。今は顧客開拓の段階で、地域ナンバーワンのスーパーマーケットと取り組んでいく予定です。

 

若松 ナンバーワン企業を狙うのは正しい選択です。どの業界もナンバーワン企業に集約されている。この傾向は地方でより顕著に表れています。私たちの提言しているファーストコールカンパニーが多角化していく時代ですから、どこをパートナーとするかは非常に大事です。

 

「AZ-COMネット」を通し、全国の物流企業を支援

 

若松 2017年3月期の第3四半期連結決算を見ると、売上高は507億6800万円、経常利益36億8900万円。自己資本比率が50%近く(48.0%)に達しているほか、収益力(売上高経常利益率)も7%です。私の臨床ケースからひもといても、物流業界でトップクラスの財務体質ですね。

 

和佐見 ありがとうございます。ただし、物流業界の経営環境は厳しいのです。国内には運送業者が約6万2000社ありますが、そのうち約50%が赤字です。規模別に見ても、車両30台以下が86.5%を占めるなど中小・零細企業がほとんどです。

 

48年前、私はトラック1台で物流業界に入りました。そこから今日まで何とかやってこられたのは、いろいろな方のご指導があったからこそ。2015年に全国の物流事業者を組織化する「AZ-COM 丸和・支援ネットワーク」(以降、アズコムネット)を立ち上げたのは、「これからは私がそうした企業のお手伝いをする番だ」と考えたからです。

 

若松 アズコムネットの活動内容や支援内容についてお聞かせください。

 

和佐見 まずはアズコムネットの会員企業が幸福になるために、「経営支援」と「価格革命」の両面からサポートしていきます。一部の例を紹介すると、経営支援としては当社から良質な仕事を提供し、月末の締め日から20日という短い期間で報酬を支払います。これは業界内でも最短ですから、社内からは強く反対されました。しかし早く支払うことで、「キャッシュフローが大幅に改善している」と会員企業の方々には喜んでいただいています。

 

一方、価格革命としては車両やガソリンをはじめ、さまざまな経営資源を市場価格より30%~50%安い価格で提供しています。他にも、階層別社員教育や経営相談などの多様な支援メニューによって、経常利益率10%以上の高収益企業を目指しています。

 

若松 入り口を高くして出口を低くすることで、利益が出る体質へ変える。さらに、丸和運輸機関との継続的な取引によって経営を安定させるわけですね。

 

和佐見 当社は、会員企業を業者や協力会社ではなく、「使命感」と「価値観」を共有しながら目標に向けて行動する「パートナー」と捉えています。使命感とは、至誠惻怛の精神。誠を尽くし、いたわりの心を持って、世のため人のために尽くすこと。価値観は、強固な団結心と利他の心で“考働”することと定めました。一言で言えば、誠を尽くすということです。今後の目標としては、660社(2017年3月現在)の会員を、2020年までに3000社以上に増やしたいと考えています。

 

若松 このまま進めば十分に可能な目標です。私たちの使命でもある、「全国の経営者を元気にすること」「ファーストコールカンパニーを創造すること」と同様の価値を目指していらっしゃいます。結局、企業の栄枯盛衰はリーダーの志で決まります。アズコムネットはそのためのインフラになり得る。物流ビジネスの根本を変える仕組みだといえます。

 

 

201706_100taidan-03

 

1 2 3