Vol.18 日本全薬工業

2 / 3ページ

1_miraibanner

2017年3月号

酪農家同士の新たな交流が生まれる

 

「次世代リーダー育成塾」の意義をまず社内で徹底させるために、タナベ経営と共に社内説明会、検討会、勉強会を実施した。その後、カリキュラムの作成など細部を詰め、東日本の酪農家を対象に育成塾をスタートした。セミナー会場は利便性を考慮して、日本全薬工業の東京支社を利用した。

 

「20~30代の若い経営者候補など、多くの方々に参加をしていただきました。私たちが考えていた以上に皆さんの意識は高く、驚きました。大手酪農家のご子息や、将来の幹部候補、さらには獣医の先生や酪農組合の職員など、立場の異なる方々が集まり、有意義なセミナーになったと感じています」(黒田氏)

 

育成塾の第1回は「原理原則」(企業経営と後継者の使命)、第2回が「事業戦略」(時流に合わせた事業戦略の構築)、第3回では「計数」(損益計算書や貸借対照表、損益分岐点分析など)といったように、経営を体系的に学べる内容で構成。講義とグループディスカッション、さらにはケーススタディーを取り上げながら、各テーマを掘り下げていった。

 

201703_leader-02

CC経営推進本部 事業開発室 小川 雅史氏

 

 

1 2 3