Vol.24 エミヤ

3 / 3ページ

1_miraibanner

2017年9月号

 

理想は「社長がいらない会社」

 

エミヤ 代表取締役社長 三神 司氏

エミヤ 代表取締役社長 三神 司氏

 

ソリューション事業という新たな成長エンジンを手にした今、三神氏の目はエミヤの次の時代を見つめている。2014年からスタートした中期経営計画プロジェクトの最大の目的は、次世代リーダーの育成。三神氏や幹部社員もアドバイザーとして同プロジェクトに加わっていたものの、若手メンバーが作成した計画を「ほとんど直さずに採用した」(三神氏)という。

 

「自分たちで作った計画ですから、目標達成に対する意欲は高くなります。また、担当業務を超えて会社全体を見渡す視点が養われたこともプロジェクトの大きな成果でした」(三神氏)

 

メンバーを替えながら同プロジェクトを続けているが、2017年度のプロジェクトから三神氏は外れ、40代を中心とするメンバーとアドバイザーを務めるタナベ経営に計画策定を託している。

 

「理想は、『社長なんていらない』という会社です。社長は方向性を示すだけで、社員が実現までの具体策を考える。アイデアがどんどん出てくるような会社を目指しています」(三神氏)

 

9年後に100周年を控えた今、自ら成長する企業を目指して三神氏がまいた種は確実に実りつつある。社員とともに躍進を続けるエミヤが、快適環境の創造に向けた歩みを緩めることはない。

 

 

PROFILE

  • ㈱エミヤ
  • 所在地 :〒003-0030 北海道札幌市 白石区流通センター7-8-1
  • TEL : 011-890-0838㈹
  • 創業: 1926年
  • 資本金 : 8000万円
  • 売上高 : 91億5000万円(2017年3月期)
  • 従業員数 : 126名(2017年6月現在)
  • 事業内容 : 電気設備資材卸売、電気設備工事、機械器具設置工事、住設建材施工販売、介護事業(レンタル・販売・住宅改修)
    http://www.emiya.com/

 

 タナベ コンサルタントEYE  
地域に根差す電設資材商社であるエミヤは、創業から間もなく100年を迎える。会社の歴史・伝統にあぐらをかかず、事業領域を広げ、自社の使命として、「最適環境」(トータルプランニング)の提案で社会問題の解決に取り組んでいる。この常に新しいことへ挑戦し続ける姿勢こそ、エミヤの成長の源泉だ。その原動力は、社員一人一人の全社に対する取り組みである。それぞれが自分の役割を認識し、「みんなで解決していこう」という企業文化をベースに、地域の社会問題解決に大きく貢献していくことは間違いないだろう。

 

 

1 2 3