Vol.25 イワキテック

2 / 3ページ

1_miraibanner

2017年10月号

 

次世代のリーダー育成に挑む

 

「当社の社員は勤勉で真面目。突貫工事などの際の団結力や遂行力は誇れる部分ですが、転勤や職場変更がほとんどない社風だったからか、変化を避けたがる傾向がある」と山本氏。タナベ経営の性格能力判定でも、社員の多くが「受け身型」と判定された。

 

次世代リーダーの育成に課題を感じていた山本氏は、『実践リーダーガイド』(タナベ経営)を管理監督者に配り、感想を提出させ、さらに、タナベ経営と相談して「中堅リーダー革新セミナー」に管理監督者全員を参加させた。

 

その後、ジュニアボードの提案を受け、その趣旨に賛同した山本氏は「リーダーズコラボレーション」(以降、リーダーズコラボ)というオリジナルネームを冠して実施に踏み切った。

 

リーダーズコラボの中心は、各工場や部署で活躍する40代前後の職長クラス。第1期は経営陣から課題を聞き取らせ、メンバーに改善策を提案させた。「人事評価への不満が判明したので、スキルマップを自分たちで作成してもらうことで評価の難しさを理解させ、伸ばすべきスキルや成長幅を明確にしました」と山本氏は振り返る。

 

第2期の現在は「技術の伝承」をテーマに、今後イワキテックの要となる現場の技術・ノウハウを収録した動画作成などに取り組んでいる。「新入社員や外国人スタッフも一目で分かるクオリティーを目指しています。メンバーは日々の業務と並行しながらよくやっています」(山本氏)

 

 

1 2 3