Vol.26 角弘

3 / 3ページ

1_miraibanner

2017年11号

 

社会のために使ってこそお金の価値がある

 

「銀行にも企業にも言えることですが、お金は自社にため込むのではなく、社会のために使ってこそ価値がある」。そう語る小田桐氏は、企業を「社会の公器」と捉えており、必要以上に資金を自社にため込まず、今後も新商品や新規事業に積極的に挑むという。投資するためには企業体力はもちろんだが、新しいことにチャレンジできる人材が不可欠。その意味でも角弘大学に寄せる期待は高い。

 

また、関連会社、関連事業の拡大にも意欲的だ。事業展開エリアは東北に限らず、全国、海外も視野に入れている。各事業の相乗効果の発揮も、これからの課題という。100年先、200年先も勢いよく発展し続ける理想の姿に向けて、道筋は今、定まったばかりだ。

 

 

PROFILE

  • ㈱角弘
  • 所在地 :〒030-8543 青森県青森市新町2-5-1
  • TEL : 017-723-2222(代)
  • 創業: 1883年
  • 資本金 : 3億7800万円
  • 売上高 : 300億円(2017年3月期)
  • 従業員数 : 330名(2017年3月現在)
  • 事業内容 : 建設資材の製造加工、情報処理関連、店舗・住宅設計施工・リフォーム、燃料の仕入・販売、プロテオグリカンの研究など
    http://www.kakuhiro.co.jp/

 

 タナベ コンサルタントEYE  
134年の歴史を持つ角弘は、その歴史の重みを知るからこそ、継続的発展に対する思いが強い。それゆえ、高卒・大卒、中途入社、男女にかかわらず、学ぶ機会を与えることで、未来に「人」を残したいという、社長の思いが角弘大学には詰まっている。
また「売って、儲けて、嵌るな」という考えが社内に浸透しており、まず第一に「売る」ことを重んじる。そのために必要なのは、顧客のニーズを創造し、自社の商品・サービスを磨き上げ、提供すること。未来を拓くための角弘の挑戦は続く。

コンサルティング戦略本部東北支社 支社長代理戦略コンサルタント日下部 聡

コンサルティング戦略本部
東北支社 支社長代理戦略コンサルタント
日下部 聡

 

1 2 3