vol.12 ブラザー販売 × タナベ経営SPコンサルティング本部

3 / 5ページ

201609_monogatari-07

2016年9月号

 

新たなミシンファンをつくる幼稚園プロモーション

 

2015年にブラザー販売とタナベ経営SPコンサルティング本部は、幼稚園マーケットにおける販促プロモーションを開始。第1弾として、幼稚園や小学校への入園・入学を控えた子どもの親へ向けた手作りの良さの発信と、通園・通学バッグなどの手作りをサポートする「入園入学準備ママ応援」キャンペーンで、ミシン需要の喚起に取り組んだ。

 

同プロモーションでは、先輩ママのアドバイスや手作りレシピなどを掲載した特設サイトを開設。さらに全国約30万世帯のママへ、「手作りの良さ」を訴求するメッセージ性の高いチラシを幼稚園を通じて配布し、ターゲットの幼稚園ママに向けたメッセージを確実に届けた。

 

一連のキャンペーンを担当したホームファッション機器事業部の広域法人部・商品企画グループの鈴木梢(こずえ)氏は、「プロモーション効果は高かった。多くの方に特設サイトに来ていただきました」と成果を語る。

 

コンテンツマーケティングの手法を取り入れ、特設サイトには入園・入学ママ向けの情報を充実させた。実際に、特設サイトのユーザー平均滞在時間は例年の2倍以上となったほか、手作りの作品と子どもの笑顔を撮影した「スマイルフォトコンテスト」の応募数は通常の数倍の応募があり、大きな反響があったという。キャンペーンは2016年度も引き続き実施する計画だ。ただ、ミシンの売り上げという点では「課題も見えてきた」と鈴木氏は言う。

 

「特設サイトには『入園・入学ママサポーター店』として全国121店のミシン販売店を掲載し、販売店への送客を試みましたが、ユーザーが販売店へ行きたくなるような動機付けは、まだ弱いと思います」(高瀬氏)。そのため、今後は販売店への送客と販売実績をKPIに加え、キャンペーンをブラッシュアップしていく考えだ。

 

幼稚園への販促プロモーションのために作った特設サイト

幼稚園への販促プロモーションのために作った特設サイト

 

 

 

1 2 3 4 5