vol.15 EvoL by : タナベ経営

1 / 1ページ

 

2016年12月号

 

ブランドの個性を顧客に伝える、
セールスプロモーション専用のオリジナルダイアリーが誕生。

 

201612_monogatari-01

 

50年以上培った手帳製作のノウハウを生かして誕生した、セールスプロモーション専用ダイアリー『EvoL』。シンプルにブランドロゴをあしらったものから全面イラストタイプ、高級感のある箔押しなど、自社製品・サービスのブランドを想起させる完全オリジナルデザインで、手帳を簡単に作ることができる。パーソナルな内容を記入するアイテムであるダイアリーを通して、ブランドへの親近感の醸成も狙う。

 

 

■TANABE’s voice
オリジナルダイアリーは有効な企業ブランディングツール

 

これまでの法人用オリジナルダイアリーの多くは、社員への理念共有や取引先への事業紹介を主な目的としており、ビジネス手帳らしい黒や紺の表紙に社名を刻印しているものがほとんどでした。シンプルできちんとした印象を与えることができる半面、B to C ブランドなどでノベルティーを製作する担当者にとっては、ブランドの個性を表現しにくい側面がありました。

 

ダイアリーは1年365日、毎日見て触れるアイテム。これだけ顧客接点の多いグッズは、10万点を超えるプロモーションツールを取り扱うタナベ経営でも類を見ません。また、ひとたびユーザーに気に入ってもらえれば、毎年のダイアリーを楽しみにしてもらえる可能性が高く、ユーザーのロイヤルカスタマー(ファン)化にもつながりやすいといえます。

 

しかし、自社でゼロからオリジナルダイアリーを作成するには、大変な手間とコストがかかります。そこで、各企業らしさを表現でき、かつ簡単にオリジナル版も製作できるダイアリーを目指し、2016年に誕生したのが『EvoL』(エボル)です。

 

『EvoL』の名前には、お客さまのニーズに合わせて常に進化(evolution)し、会社や商品への愛(love、逆から読むとevol)をユーザーに伝え、育んでもらえるようにという願いが込められています。誰もが使いやすいよう、本文(中身)レイアウトは「究極のスタンダード」をテーマに、あえて強い個性は排除。表紙は各企業のブランドの個性を存分に発揮させるため、年間3000社以上の企業にSPデザインツールを提供しているノウハウ、国内外800社とのアライアンスから生まれる表紙デザインで、要望に沿った完全オリジナルダイアリーをご提案しています。

 

経営コンサルタントが考えた手帳として1959年に誕生した、タナベ経営の『ブルーダイアリー』シリーズ。それから57年にわたるビジネスダイアリーの製作経験とノウハウを受け継いで開発した『EvoL』の信用力は、皆さまのブランディングをしっかりとサポートします。

 

201612_monogatari-02

 

■Customer’s voice
ブランドの個性を伝える、それぞれのデザイン
『EvoL』のオリジナルダイアリーをご採用いただいた企業

 

株式会社玉屋

 

20~30代のOL層をターゲットとしたアパレルブランド『MISCH MASCH』で、商品をご購入いただいた方へのノベルティーとして採用しました。ノベルティーの製作には制限が多いものなのですが、『EvoL』の自由度の高さには驚きました。デザインは、上品で女性らしさがあり、かつ幅広い年齢層の方にもお使いいただけるというコンセプトで発注。カバー素材は高級感のあるしっかりとした作りのものに即決しました。中身も働く女性に使いやすいレイアウトで、かわいらしさと実用性を備えた仕上がりに大変満足しています。

 

(販促 小笠 遥香様)

 

201612_monogatari-03

 

クロスプラス株式会社

 

40~50代の働く女性をターゲットにしたアパレルブランド『A/C DESIGN BY ALPHACUBIC』のクリスマスフェアで、1万円以上お買い上げくださった方にノベルティーとしてプレゼントします。ブランドの商品コンセプトが「シンプル」なので、手帳もシンプルでコーディネートしやすいデザインにしました。マンスリーとウイークリーが両方あり、すっきりしたレイアウトも使いやすそうで、採用の決め手となりました。毎年、同じ時期にお客さまが手帳を楽しみに来店されるという効果を期待しています。

 

(ブランドDIV DIV長 熊澤 真人様)

 

201612_monogatari-04

 

タナベ経営 SPコンサルティング本部