vol.24 Peach × タナベ経営 SPコンサルティング本部

3 / 3ページ

2017年9月号

 

企業・自治体との連携強化地方とアジアのかけ橋へ

 

20代~30代の若い女性層に、Peachを使った新たなライフスタイルを――。そうした同社の価値観・世界観に共感する企業や団体とのコラボレーションが今、多数実現している。アーティストのケツメイシや、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンとの取り組みがその一例である。

 

ケツメイシによるPeachのイメージソングが機内で流れ、搭乗者の気分を盛り上げる。また2016年、フォルクスワーゲンの人気車種『ビートル』を、コラボ企画として機内販売した。機内で自動車を販売したのは、日本の航空会社で初の試みだ。

 

こうした取り組みは企業だけでなく、自治体との間でも進んでいる。2016年7月からは就航地での注目エリアをピックアップし、リアリティーあふれる写真を中心に紹介する隔月フリーマガジン『PEACH LIVE』を発行。国内就航空港や機内、就航地の飲食店などで配布している。「『A part of community』をキーワードに、エリアの一員となって就航地やその周辺エリアを盛り上げていきたいという思いで展開しています」(中野氏)

 

その一環で、インバウンド需要の取り込みにも力を入れている。「訪日客の需要を掘り起こすキーワードは『爆買い』から『体験』へシフトしていますが、体験を楽しんでもらうためのコンテンツは、観光スポット化されていない日本の地方にまだまだ多く存在します。例えば、日本人にとっては当たり前の地方の光景も、訪日客には魅力あふれる観光スポット」と中野氏は話す。

 

地方観光では交通手段の利便性向上が鍵となる。Peachは就航以来培ってきた空港会社や自治体、公共交通機関との独自の連携体制に拍車を掛け、地方創生を目指すという。

 

価格競争のステージは終了新たな価値に磨きをかける

 

2017年3月で就航5周年を迎えたPeach。「価格競争のステージはすでに終わりを迎えました。これからは低運賃を維持しつつ、新たな価値を創造し提供する航空会社となることがテーマです」と射手矢氏。そのために、タナベ経営には「航空会社の枠を超えた、お客さまに新たなPeachのブランドを体現できるノベルティーの提案や開発を期待しています」と言う。

 

「飛行機を身近な乗り物にして、気軽に旅を楽しんでもらいたい」との思いで、数々のイノベーションを起こし、独自のビジネスモデルで突き進むPeach。新たなステージに向けて、同社の飛行はすでに始まっている。

 

Peach Aviation株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ 中野 知子氏

Peach Aviation株式会社
コーポレートコミュニケーション部
広報グループ 中野 知子氏

 

「おもろい」かどうかが決め手!?

 

Peach には、物事を決める指標として「おもろいか、おもろくないか」(面白いか、面白くないか)という関西企業らしい基準がある。

 

例えば、機内食としてたこ焼きやお好み焼きを販売するが、そうしたにおいの強い機内食は従来、タブー視されていた。しかし、既存の常識にとらわれず、「おもろい」の判断で販売してみることに。すると「おいしいにおいが機内で循環し、『私も頼んでみたい』と注文が重なるようになった」という。

 

たこ焼きの他にも、各就航地のご当地メニューを独自の視点でアレンジした機内食を提供。こうした機内食により「機内に乗った瞬間から、旅を楽しめる」(中野氏)。ご当地メニューはPeach の独自色を打ち出すコンテンツとしても一役買っている。

 

201709_brand-05

 

PROFILE

  • Peach Aviation㈱
  • 所在地 :〒549-0011 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1 関西国際空港エアロプラザビル3F
  • 設立 : 2011年
  • 資本金: 75億1505万円
  • 営業収入 : 517億円(2017年3月期)
  • 社員数: 926名(派遣社員・出向者を除く、2017年4月現在)
  • 事業内容 : 航空運送事業(国内線・国際線)
    https://corporate.flypeach.com/

 


日本でなじみのなかったLCCがわずか5年で航空業界を席巻し、今では消費者にとって当たり前の存在になった。その先頭を走り続けているのがPeachだ。
低価格だけを強みにするのではなく、業界の常識を覆す数々の取り組みによって、新たな価値を提供してきた。こうしたチャレンジへの姿勢こそが、新たな顧客の取り込みに成功している理由だろう。今後も関西企業の代表として、「おもろいこと」を発信し続けてほしいと願うばかりである。
SPコンサルティング本部 副本部長 兼 大阪本部 副本部長 足田 悟史

SPコンサルティング本部
副本部長 兼 大阪本部 副本部長
足田 悟史

SPコンサルティング本部 大阪本部 課長代理 竹綱 一浩

SPコンサルティング本部
大阪本部 課長代理
竹綱 一浩

1 2 3