vol.26 シグマ × タナベ経営 SPコンサルティング本部

3 / 3ページ

2017年11月号

 

シグマ 新妻氏(右側)

シグマ 新妻氏(右側)

 

シグマファンとのコミュニケーションを促進国内外で新たな市場開拓へ

 

製品の品質向上に伴って、ブランドイメージを一新することに成功したシグマ。しかし、デジタルカメラ業界全体の動向は決して予断を許さない状況という。スマートフォンのカメラ機能向上によって、コンパクトカメラが売れない時代になっているのだ。シグマ製品はデジタル一眼レフカメラ用の交換レンズが主体で、ハイエンドのユーザーが中心だが、高性能のコンパクトデジタルカメラも供給しており、危機感を募らせる。

 

「確かにデジタル一眼レフは売れていますが、一方でエンドユーザー数が少なくなってきているという状況もあります。今後は、デジタル一眼レフを初めて購入する方を増やしていかないと成長は望めません。今でも各種イベントに新製品のレンズを貸し出したりすることで、ファンとコミュニケーションを深める機会を設けていますが、それをさらに増大させることも必要でしょう。

 

また、コンパクトカメラの利用者であるライトユーザーの方に対しても、スマートフォンにはない優位性を訴求できる、具体的な施策を考えていくつもりです」(新妻氏)

 

国内市場ではファンとのコミュニケーションの機会の増加を打ち出すとともに、海外市場開拓の強化も図るという。特に購買力が増大するアジア諸国などの新興市場に対しては、さらに積極的に販売していく戦略を立てている。

 

高い品質の製品群と大胆なブランディングによって、シグマブランドを一新した今、新たな時代を築くための戦略から目が離せない。

 

 

PROFILE

  • ㈱シグマ
  • 所在地 :〒215-8530 神奈川県川崎市麻生区栗木2-4-16
  • TEL : 044-989-7430
  • 創業 : 1961年
  • 資本金: 1億円
  • 売上高 : 330億638万円(2016年8月期)
  • 従業員数: 1603名(2016年8月現在)
  • 事業内容 : デジタル一眼レフカメラおよびコンパクトデジタルカメラ、一眼レフ用交換レンズ、その他光学機器の製造、販売
    http://www.sigma-global.com/

 


201711_brand-06