Vol.6 住まいと暮らし編
フィット × タナベ経営

2 / 4ページ

2_teamconsul

2016年3月号

 

地方都市の問題に着目し新たな市場を切り開く

 

山本 戸建賃貸住宅は四国エリアでナンバーワンの実績ですね。

 

鈴江 前身会社時代にスタートした事業ですが当初は鳴かず飛ばずで、前任の担当者が辞めて商品だけが残っていました。ニーズはあると思いマネジャー兼営業担当者として事業を引き継ぎ、もう1人の営業担当者と一緒に再度営業に回りました。その結果、前身の会社では初年度の2009年が96棟、翌2010年度は営業担当者を2人加えた4人体制で140棟の実績ができました。不動産業界は借り手があるか半信半疑でしたが、現在では400棟ほど管理しています。

 

山本 どのようなニーズがあったのですか?

 

鈴江 私が徳島に戻ってきた当時は、賃貸マンションの建築が盛んでした。しかし、賃貸マンションは節税対策という面で効果はありますが、収益が上がる商品になっていないため、オーナーは儲からないようでした。地方の地主は土地の活用法に困っています。一方、住む側から見ると、一戸建てに住みたいと考える人が8割に上るのに、実際の供給量は賃貸物件全体の3%にすぎず(※1)、ミスマッチが生じています。
※1 国土交通省『平成17 年版土地白書』より
山本 供給側と需要側がそれぞれ問題を抱えているわけですね。

 

鈴江 戸建賃貸住宅は、両方の問題を解決できる面白い市場だと思いました。加えて、規格型のビジネスが可能というメリットもある。注文住宅の場合は個々の要望を反映する必要がありますが、賃貸住宅はプロの視点によって効率的な間取りに統一できるため、生産性が高くなるのです。

 

山本 賃貸マンションと比べると、家賃や居住スペースの差はどの程度ですか?

 

鈴江 徳島県内の物件でいえば、家賃は8万円前後と賃貸マンションより1、2万円ほど負担は上がりますが、居住面積は78㎡と2、3割ほど広くなるイメージです。

 

中村 少しの追加費用で一戸建てに住めるという点が受け入れられたわけですね。2010年代、私は「社会課題解決時代」の幕が開いたと認識しています。戸建賃貸住宅の提供を通して社会に役立つ、新たな市場を創造されました。

 

鈴江 社会の課題を解決するという理念がないと事業は成長しないと思っています。世の中に存在しないもの、必要とされるものをつくることに私は燃えます。直営では限界がありますので、今後はFCを通して地方に必要とされる住宅を広げていきたいですね。

 

山本 その後、規格型住宅にも参入されました。

 

鈴江 きっかけは戸建賃貸住宅の内覧会でした。フィットの社員が、「これなら私も家が持てますね」と言ったことに大変ショックを受けました。住宅を販売する会社に勤めながら、自分の家は持てないと諦めていたのです。戸建賃貸住宅は、機能的ながら規格化を進めたことでローコストを実現しています。こうしたノウハウを戸建住宅に応用できれば多くの人に夢が与えられると思い、『コンパクトハウス』事業を始めました。

 

山本 コンパクトハウスの特徴を教えてください。

 

鈴江 「建売以上、注文未満」のカスタマイズ住宅である点です。土地や間取り、設備などを7ステップで選ぶと、過剰な機能や無駄を省いた、自分にちょうどいい住宅がつくれます。

 

山本 コンパクトハウスでは太陽光発電を提案していますね。

 

鈴江 21世紀は環境産業が有望とされますが、住宅はエネルギー産業だと私は思っています。

 

中村 住宅はエネルギー産業というのは新しい視点ですね。2011年に住宅で使用されるエネルギー量は1973年比で2.0倍へと推移しています(※2)。東日本大震災を経て、電力自由化元年でもある2016年は、エネルギーについて真剣に考えねばならないタイミングであるともいえます。
※2 資源エネルギー庁『エネルギー白書2015』より
鈴江 再生エネルギー事業では、ソーラー発電所の開発・運用も手掛けています。地方の問題は、活用されていない土地が多いこと。そこで地方の地主から土地を借り、フィットがソーラー発電所を建設し、そこに個人や法人が投資する流れをつくることで、エネルギーや土地活用の問題に取り組んでいます。

 

フィット 代表取締役社長 鈴江 崇文 氏 徳島市生まれ。大学卒業後は 大手住宅メーカーの関東支店で 営業職を経験。その後、大手 住宅メーカーの住宅フランチャイ ズ本部で加盟店支援を経験。 2009 年、「第2 の住宅産業を 創る」というコンセプトのもと、㈱ フィットを設立。妻と2 女2 男 の6 人家族。 「いえとち本舗」FC 本部運営 会社代表、「投資の窓口」FC 本部運営会社代表。

フィット 代表取締役社長 鈴江 崇文 氏
徳島市生まれ。大学卒業後は大手住宅メーカーの関東支店で営業職を経験。その後、大手住宅メーカーの住宅フランチャイズ本部で加盟店支援を経験。2009年、「第2の住宅産業を創る」というコンセプトのもと、㈱フィットを設立。妻と2女2男の6人家族。「いえとち本舗」FC本部運営会社代表、「投資の窓口」FC本部運営会社代表。

 

1 2 3 4