Vol.15 ユーミーグループホールディングス × タナベ経営

1 / 3ページ

2_teamconsul
2016年12月号

 

顧客視点を貫きRC賃貸住宅建築でナンバーワン

「YOU & ME」の理念を軸に入居者、オーナーに選ばれる利他経営を実践

201612_team-01

 

 

鹿児島県を中心に、RC(鉄筋コンクリート)賃貸住宅『ユーミーマンション』をFC(フランチャイズ)展開するユーミーグループホールディングス。同社はRC賃貸マンション建設FCの建設戸数において全国ナンバーワン(2016年3月、東京商工リサーチ調べ)を誇るトップ企業である。入居者やオーナーをはじめ、物件を仲介する不動産会社なども満足するWin-Winの関係を築き、躍進を続けている。

 

 

 

RC賃貸マンション市場でナンバーワン企業へ

 

201612_team-02
タナベ経営 常務取締役
南川 典大

1993年タナベ経営に入社(東京本部)。西部本部長、取締役を経て2014年より現職。上場企業から中小企業まで数百社のコンサルティング・教育などに従事し、数多くの実績を誇る。経営の視点から、仕組みと人の問題解決を行う“ソリューションコンサルタント”として定評がある。著書に『問題解決の5S』(ダイヤモンド社)ほか。

南川 2016年3月期の売上高が116億円と、順調に事業を拡大されています。2013年には創業50周年を迎えられましたね。

 

弓場 私の祖父が木造建築の棟梁として1963年に弓場建設を創業し、その後、父が事業を広げたものの1981年に倒産の危機に直面。賃貸住宅の建設へと事業転換し、2012年に私が社長を引き継ぎました。以降はおかげさまで増収増益が続いています。

 

2016年4月にはユーミーグループホールディングスを設立し、弓場建設を含む事業会社9社をグループとしました。主力事業は、ユーミーマンションの建設、ユーミーマンションのFC展開、不動産管理の3つですが、他に新電力関連の事業なども展開しています。

 

南川 ユーミーマンションは30年以上の歴史を持つマンションブランドに成長しました。「ユーミー」という名称にはどのような意味が込められているのですか?

 

弓場 「弓場に由来しているのでは?」とよく聞かれますが、全く関係ありません。当社の企業理念にある「YOU & ME」に由来しています。先代である父は倫理について熱心に勉強しており、「相手(YOU)のために働くことで、自分(ME)が幸せになる」という考えで会社を経営していました。自分や社員を幸せにするために、まずは関係する相手を良くするということです。

 

高島 相手が良くならない商売は長く続かないものです。「YOU & ME」の理念のもと、FC展開で市場を拡大されたのですね。

 

弓場 1985年ごろからFC展開をスタートし、現在の加盟店は60社。完工棟数は6200棟です。FCによる完工棟数は、東京商工リサーチ調べ(2016年3月末現在)で国内ナンバーワンです。

 

高島 日本一の実績を上げる秘ひ訣けつはどこにありますか?

 

201612_team-03
ユーミーグループホールディングス 代表取締役
弓場 昭大氏

1971年生まれ、鹿児島市出身。都城工業高等専門学校3年修了。91年4月に弓場建設入社。主任、係長から専務まで各役職を経験し、2012年4月より弓場建設の代表取締役に就任。2016年4月よりユーミーグループホールディングス代表取締役。賃貸マンション事業のノウハウやFC加盟店への経営支援などの経験を生かし、2000年4月にユーミーマンショングループのシンクタンク「ユーミー未来研究所」を設立以来、ブランド価値を高める活動にも力を入れている。

弓場 特に秘訣はありませんが、入居率にはこだわっています。FC全体で98.0%という入居率は、全国的にも高い数字だと思います。当社の直接の顧客はマンションのオーナーですが、企業理念の「YOU & ME」から見れば、YOUはオーナーではなく、その先にいる入居者です。オーナーに満足していただくためには、入居者に満足していただかないといけません。その入居者の満足度を測る指標として、入居率を重視しています。

 

南川 経営の軸となるミッションが明確ですね。入居者が満足しないと、オーナーの満足度も上がらない。オーナーの満足を得られないと、社員の満足にもつながらないわけですね。

 

弓場 その通りです。入居率向上にはグループ全体で取り組んでいます。具体的には、30年以上の実績を持つ管理部門がしっかりと対応。特に、清掃や内装には力を入れています。

 

また不動産部門は、当社で物件を仲介するメリットを提供しています。例えば、新築は人気が高く入居者が決まりやすいため、通常、不動産会社は物件情報を他社に公開せず、自社のみで入居者を決めようとします。しかし、当社は着工時点で物件情報をオープンにし、入居者を決めた不動産会社に仲介料を100%支払います。不動産会社からすれば、自社物件と同額の仲介料が入るので、当社の物件を優先して紹介してくださる。他にも、広告料の負担や入居者への特典など、入居率を上げるさまざまな施策を多面的に行っています。

 

南川 高い入居率が維持できるため、フランチャイジーとの付き合いも長いですね。

 

弓場 入居率の高さに加えて理念を共有していることも、退会防止につながっていると思います。さまざまな事情で退会されるフランチャイジーもありますが、実績を上げているところほど長いお付き合いが続いています。

 

タナベ経営 コンサルティング戦略本部 副本部長 高島 健二 プレイング・マネジャーとして活躍する傍ら、マーケティングを専門として事業戦略の構築・新規事業開発のフィージビリティー・スタディーなどの経営支援を手掛ける。Web・通販チャネルの研究会のサブリーダーとして、収益力向上に向けたコンサルティングを展開。著書に『プレイング・マネジャー最強の仕事術』(ダイヤモンド社)。

タナベ経営
コンサルティング戦略本部 副本部長
高島 健二
プレイング・マネジャーとして活躍する傍ら、マーケティングを専門として事業戦略の構築・新規事業開発のフィージビリティー・スタディーなどの経営支援を手掛ける。Web・通販チャネルの研究会のサブリーダーとして、収益力向上に向けたコンサルティングを展開。著書に『プレイング・マネジャー最強の仕事術』(ダイヤモンド社)。

 

1 2 3