Vol.25 親族外承継で持続的発展を目指す
社員一人一人の「幸せ」を追求
三陽建設 × タナベ経営

2 / 4ページ

2_teamconsul
2017年10月号

 

10の事業を育て売上高100億円へ

 

北東 三陽建設の事業承継は、形式的にはホールディングス(以降、HD)化を採用されていますが、最大のテーマは「経営理念や人づくりの考え方をしっかり伝承すること」です。そして、その考えに賛同する会社の受け入れや、成長性のある事業の独立を積極的に行う考え方です。以前からこのようなお考えだったのでしょうか?

 

大石 2年前、得意分野・個性的な事業を作ろうとM&Aを実施したのを機に、そう考えるようになりました。傘下に個性的な会社をいくつも設立し、それらを効率的に束ねるには、HDという形が最適と判断しました。

 

また、当社のような親族外承継の場合、株の譲渡という高いハードルがあります。HD化でその難関をクリアし、「実力のある人材が社長になれる仕組み」の確立を急いでいます。

 

さらに、人材確保が難しくなる中、せっかく採用した人が辞めたいと言った時に「建設業が向かなくても、他の事業をやっている会社があるよ」とHD傘下の会社を紹介できるメリットもあります。

 

北東 一般的なHD化とは目的が異なっていますね。多くの場合はスムーズな同族承継を目的とするのに対して、三陽建設ではモノの考え方を承継し、親族外の経営者で会社を永続発展させることを目的にしています。

 

大石 HD経営のキーワードは、多様性です。人の生き方は多様性に富んでいるし、そのような人材を受け入れる企業側にも多様性がないと存続は難しい。私は「10の事業を育て、売上高100億円を目指す」という10年計画を推進する中で、仕組みや規則を練り上げてきました。後を継ぐ阪本専務には、それを実践しながら、社員がいきいきと活躍できる組織づくりに励んでほしいです。

 

北東 事業承継はそう遠くないと思いますが、引き継ぐ立場としてのお考えはいかがですか?

 

阪本 承継が刻々と迫る中、一緒になって会社をつくってくれる人材の確保が最大の課題です。社内外のバランスを配慮して、よい出会いを果たしたいですね。さらに、将来を見据えた若手幹部候補の育成にも取り組んでいきます。

 

北東 経営幹部の候補となる条件は何でしょうか。

 

阪本 社是に共感し、こつこつ努力できること。そして、三陽建設が大好きなことです。

 

大石 自立していることも重要です。中小企業でも社員が自立していれば、どんな苦境も乗り越えられます。

 

北東 オーナー経営者の分身型ではなく、自立した社員の中から経営者が育ち、責任を持って事業継続に取り組む。そのような仕組みや文化をつくることがポイントになります。

 

大石 経営者によって経営に対する考えや手法が異なるのは当たり前。阪本専務にも自分なりのやり方を確立してほしいと思います。

 

201710_team-08

 


タナベ経営 コンサルティング戦略本部 部長 戦略コンサルタント 北東 良之 経営理念やビジョン策定、中期経営計画策定を軸に、方針管理制度、予算管理システム、人事評価賃金制度構築など、中堅・中小企業を主なクライアントに経営システム構築を支援。事業承継案件も多数手掛け、「会社をつぶしてはならない」の信条のもと、持続的成長企業づくりを目指し、改革・改善に取り組んでいる。中小企業診断士。

タナベ経営 コンサルティング戦略本部
部長 戦略コンサルタント
北東 良之
経営理念やビジョン策定、中期経営計画策定を軸に、方針管理制度、予算管理システム、人事評価賃金制度構築など、中堅・中小企業を主なクライアントに経営システム構築を支援。事業承継案件も多数手掛け、「会社をつぶしてはならない」の信条のもと、持続的成長企業づくりを目指し、改革・改善に取り組んでいる。中小企業診断士。

 

 

1 2 3 4