コンサルタントEYE

アルムナイ制度とは?
~概要からメリット・デメリット・事例まで

一度退職した元社員を再び雇用する考え方は、雇用の流動性が高まってきた日本でも徐々に普及してきている。アルムナイのメリット・デメリット、アルムナイネットワークについて解説する。

  • 人事制度構築
採用力の強化に繋がる
アルムナイネットワークをつくろう

経営者・人事部門のための人事関連 お役立ち資料

ダウンロードはこちら
経営者・人事部門のための人事関連 お役立ち資料

アルムナイ制度とは?

アルムナイ制度とは? アルムナイとは、通常は卒業生や同窓生を指す言葉であるが、採用面においては、かつて自社に勤務していた「元社員」を指し、アルムナイネットワークとはそのような元社員で形成されるコミュニティーを言う。人手不足が叫ばれる採用環境において、優秀な社員の退職を採用でカバーするコストが割高な現状から考えると影響力は計り知れない。
アルムナイ制度を設けていることで、退職した社員が戻ってくる可能性が高まる。その他、社員として戻れなくても自社にとって、副業として勤務してもらう、個人業務委託として請け負ってもらう、繁忙期にのみアルバイトで勤務してもらう、双方で支援する可能性など、様々な可能性が生まれる。

アルムナイネットワークを構築しよう

アルムナイネットワークを構築しようアルムナイについて中堅・中小企業の場合は、ネガティブな印象を持たれることも多いので、意思をもって構築しなければ難しいのが実態と言える。実際、メリットだけではなくデメリットとして専用サイト維持費やイベント開催費用など、関係維持にコストがかかる点も推進が進まない要因と言える。しかし、採用環境が厳しい現状において、アルムナイネットワーク構築は重要性を増している。
ある会社では、アルムナイパーティーと呼ばれる、元社員が一堂に会し、現役の役員・社員も加わった交流会を開催し、旧交を温めること以上に相互のビジネスに関する情報交換が盛んに行われている。
ぜひ、採用力強化に向け、前向きにアルムナイネットワークの構築をはじめていっていただきたい。

経営者・人事部門のための人事関連 お役立ち資料

働き方が大きく変わった2020年。
採用・育成・評価など人事関連もその在り方を抜本的に見直す必要性に迫られています。
タナベ経営では、創業63年 約200業種 7,000社のコンサルティング実績により蓄積した様々な人事に関連するお役立ち資料をご用意しています。
是非この機会にご覧ください。

経営者・人事部門のための人事関連 お役立ち資料
資料内容
  • ・コロナ環境下の人材採用・育成・研修に関する企業アンケート調査
  • ・新型コロナウイルスを乗り越える事例と対策
  • ・ATD人材開発国際会議2019報告レポート
  • ・人事コンサルティング導入事例集
  • ・コンサルタントレビュー 人事制度編
ダウンロードはこちら

コンサルタントEYE 一括ダウンロード

人事に関するより細部の課題をタナベ経営のコンサルタントの視点から解説しています。
印刷して社内回覧用等にもご利用いただけます。
是非互ご活用ください。

この資料をダウンロードする
c