サービス / 企業内大学「FCCアカデミー」設立支援

多様な働き方を踏まえた
戦略的人材育成・定着化の仕組みを構築

「学び方」を変えることで「働き方」が変わり、 更に魅力ある企業へと進化させます。
企業内大学の設立により、人材成長の仕組みを構築します。

タナベ経営の企業内大学「FCCアカデミー」は
経営と直結した学びの総合システム構築支援サービスです

タナベ経営が仕組みづくりをご支援する企業内大学「FCCアカデミー」のゴールは、ビジョン実現のために必要な、次世代のプロフェッショナル人材の早期育成です。
そのために、貴社の教育体制の現状認識から教育コンテンツ、アカデミーの運営体制づくりまでトータルにご提案します。
より早く、より的確に。
経験豊富なコンサルタントが、教育インフラをより短期間で改善・再構築します。

特長01デジタル(クラウド・eラーニング)と
リアル(集合教育)の組み合わせで理解が倍増します

学びっぱなしで終わらせない仕組みとして、インプットはネットで、アウトプットはリアルで、
というのがタナベ経営が提案する企業内大学の学び方です。社員の自発性を促し、「実務に活きる」人材育成を目指します。

特長02学びのサイクルを通じて、
教え学び合う風土が形成されます

タナベ経営が推奨するアカデミーのあり方、それは「社員同士が教え合い、学び合う」というもの。
教える役割を外部に依存し過ぎない。
お仕着せではなく、「若手=教わるだけ」でもない。
能力や経験ある者が社内講師役を務め、教えることを通じて学び、さらに知見が広がります。

特長03進捗や理解度が見えることで一人ひとりの状況に応じた
個別フォローができます

「一人ひとりの受講状況はどうか」「全体の進捗が遅い講座は何か」進捗状況の見える化によりタイムリーな受講促進策が可能

  • 講座別受講者別進捗一覧
  • 進捗率別分布図
  • 受講者別講座別進捗一覧

OUTLINEサービス概要

FLOWサービスの流れ

企業内大学とは?メリットとデメリット

近年、ニューノーマルな時代を迎え、働き方の変化により企業内大学の設立が注目されています。企業内大学とは、社員へ主体的な学びを促進し、自社が求める人物像を実現させることに加え、社内の人材が講師を務めることにより、互いに教え合い、学び合う社風(学ぶ習慣)の醸成を狙いとしています。企業内大学設立の主なメリット・デメリットをあげると以下の通りです。

メリット デメリット
受講者視点
  • 他では聞けない自社の固有の技術・ノウハウを体系的に学ぶことが出来る
  • 理念・ミッションなどの方向性を共有する場として提供できる
  • 社内講師からの指導により、コミュニケーションの活性化に繋がる
  • 学べる知識・スキルが社内固有の技術・ノウハウであるため、専門知識への偏りが生じる懸念がある
  • 階層別に必要とされる役割・能力の知識・スキルを指導できる人材が不在であるため、薄くなりがちである
  • 原則、社内講師のため緊張感が生まれにくい
運用側視点
  • 対象・時間・場所などフレキシブルに研修カリキュラムを組むことができる
  • 原則、社内講師が担当するため、ラーニングコストを抑えることができる
  • 他社にはないオリジナルカリキュラムを生みだし、競争力を高めることができる
  • 企業内大学設立のノウハウがなく、また人的資源を鑑みると構築に時間を要する
  • 社内講師の調整、現場との連携が煩雑である
  • 運用を継続するための定期的なブラッシュアップが必要である

タナベ経営では、上記のようなデメリットも踏まえ、最適な企業内大学の立上げ・運用ノウハウを有しています。
是非お気軽にお問合せください。

企業内大学の作り方

自社で企業内大学を作る際、次の5つのポイントを押さえてください。

 

01ビジネスモデル、戦略、求める人物像との整合性を持たせる
教育しなければいけないというミッションだけでは、教育だけが先走ってしまい、動機付けが不十分、不参加が多いなど絵に描いた餅で運用されない企業を多く見受けられます。
02ニューノーマル時代に対応するためのデジタルとリアルの双方の学習スタイルを活用する
前出での課題にもあるとおり、リアル研修一辺倒では今の時代に適応しません。デジタルとの組み合わせにより生産性を高めるハイブリッド型学習スタイルを設計しましょう。
03企業内大学を確実にPDCAを回す運用体制を確立する
人事担当者、教育担当者では育成計画の推進やコンテンツの品質維持・開発を行うのは難しい。よって、各事業・部門から協力を得られる体制や品質を高めるためにも責任を明確にすることが大切である。
04人材育成で成果を出す効果測定の仕組みをつくる
人材育成投資をしても回収できるのは、時間がかかるとよく言われます。しかし、先行きが不透明な現代だからこそ、より成果や成長を明確にしていかなければなりません。例えば、研修の満足度はアンケートから抽出する、理解度はテストやレポート提出など研修フローと照らし合わせた仕掛けをつくることが大事である。
05教え学び合う風土づくりは、社内講師をつくる
自分たちが教えるからこそ、自社の魅力や強み、ノウハウを伝えることができる。そして、学ぶ側の視点からみると、言っていることが腑に落ち、実践してみようと主体性が生まれる。また、社内講師も教えることにより学習をすることでレベルアップが図ることができる。

ABOUT TANABE CONSULTINGタナベ経営とは

タナベ経営は「日本には企業を救う仕事が必要だ」という志を掲げた1957年の創業以来
65年間で大企業から中堅・中小企業まで約200業種、約10,000社に経営コンサルティングを実施してまいりました。
企業を救い、元気にする。私たちが皆さまに提供する価値と貫き通す流儀をお伝えします。

コンサルティング実績

  • 創業 65
  • 200 業種
  • 10,000