動画・クラウドによる新OJT

アカデミー(金融機関内大学)
設立コンサルティング

概要 新時代に対応したあるべき人財像を再設定し、体系化(金融機関内アカデミー設立)
デジタルの活用による新しい“カタチ”のOJT
目的
●新入行職員の早期育成
●一人の職員が一つの専門家。「みんなが先生、みんなが生徒」全行職員活躍の風土づくり
●モノからコトへ。行職員の問題解決能力の向上

導入後成果

求められている時代背景
地域金融機関は、人材育成体系は整っていても、各営業店の 上司の価値判断の違いにより、成長スピードが異なる傾向にあります。

リアルとデジタルの融合による新たな研修スタイルにより、学び方を 改革。教育・研修の生産性を飛躍的に向上させます。

また、教育の機会均等とコンピテンシーモデルの設計、体系化により、 人材の早期育成を可能にし、同時に軸となる貴行庫の理念を直接 届けられ、行職員の良いモデルを早期に共有できます。

特徴

デジタルとリアルが融合した新たな時代の教育システムです

デジタル(クラウド)とリアル(集合教育)の組み合わせで理解が倍増します

ネットで事前学習と復習、繰り返して
学ぶことで理解が深まる

パソコン、タブレット、スマートフォンなどで視聴可能で、学習時間と学習スタイルを選べます。また、動画での講義なので分かりやすく理解が進みます。

Face to Faceの集合研修で
コミュニケーションが活性化

組織横断の集合研修やプロジェクト、異業種交流のセミナー、さらに視察などを定期的に設定し、視野の拡大を図り、相互啓発を促進します。

ご支援内容

多様な人材の体系的・計画的な育成を実現するための金融機関内大学(人材育成 アカデミー)を設計。 階層別・職種別に必要能力と不足能力を整理し、人事制度と 連動させた計画的・体系的・継続的な教育プログラムを策定する。

第1フェーズ
  • ① ひとづくり状況確認とビジョン共有による教育体系づくり
  • ② アカデミーガイドづくり、教育スケジュール化(中期・年度別)
  • ③ アカデミーカリキュラムごとのコンテンツ制作(テキスト・レジメ等)
  • ④ アカデミー運営チームデザイン(運営体制づくり)
第2フェーズ
  • ① メンバーでの運営キックオフ
  • ② 講師陣のスキル向上(貴行庫内講師研修)
  • ③ 本格稼働(WEB録画・コンテンツ設計)
  • ④ 運営サポート アカデミー開校
【6つのメリット】
  • WebクラウドでOJT
  • 構成スピード改革
  • 投資・時間効率最大化
  • 採用ブランディング
  • 働き方改革
  • 全員リーダーシップ&活躍

支援期間

6カ月~12カ月

(ご支援内容の範囲によって異なります)