各種研修支援

経営コンサルタントによる
各種研修支援

特徴

1. テーマ別研修

コンサルティング能力向上スクール

事業性評価、ソリューション提案が求められる中、行職員も企業の経営課題を掴み、仮設の改善提案を考えるコンサルティング能力が必要となっています。創業以来コンサルティングを本業とするタナベ経営が、様々な切り口から経営改善ノウハウを指導、取引先企業を分析し、改善策を考える実践型の研修も行っています。

ポスト2020研修

取引先経営者が必ず抱えている悩みは、「わが社の未来」です。
環境が変わって自社が生き残っていけるか、この危機感を常に感じています。
経営者と対峙する金融機関行職員として、未来の経済環境・経営環境がどうなるのかを考え、提言ができるよう、タナベ経営が毎年分析しているマクロ・ミクロの経済環境、中小企業がとるべき戦略について、お伝えします。

2. 階層別研修

各階層の行職員が価値観を変え、
「行職員様が取引先企業を更なる支援をすべく財務諸表や現状分析に加え、未来に向けた成長戦略を一緒に描く」
従来通りの階層研修の他に、企業と未来に向けた意志を共有するための意識改革が重要になります。