2020.06.29

4

2020.05.26 Tue

DOMAIN&FUNCTION

新規事業開発研究会

REPORT
講演

05.26 Tue

CAMPING OFFICEにみる
新規事業開発とブランディングのポイント

講師株式会社スノーピークビジネスソリューションズ
取締役事業戦略本部長藤本 洋介 氏
学びのPOINT

①成り立ちは、トップ自らのスノーピーク商品への強い情熱とスノーピークへのアライアンス提案がきっかけとなり事業が始まった。
②当初、自社が活用していた方法は共感を得なかった。そこで商品価値をキャンプ用品から、収納性、可変性へと目線を切り替える事により、オフィス内ニーズを見出す事に成功。
③祖業の強みである人材育成・チームビルディングとスノーピークの強みであるアウトドアを掛け合わせキャンピングオフィス、アウトドア会議を開発した。
728_01.jpg

KFSスノーピークビジネスソリューションズの
ターゲット顧客は93%の
Not Camperである

728_02.jpg
キャンプ商品を発想の転換で非キャンパー層に提供することで新たな市場を開拓した。非キャンパー層を熱狂顧客にするためには、キャンプ好きの自社基準ではなく、顧客を理解し・共感を得る工夫が重要である。
講演

05.26 Tue

タニタのブランディング戦略と新規事業について

講師株式会社タニタ
ブランディング推進部 部長 広報・新事業開拓統括
猪野 正浩 氏
学びのPOINT

①健康計測機器メーカーから外食への参入は全くの初挑戦。業界プレイヤーとアライアンスを組み、スピーディーに事業開発を推進。
②積極的なメディアへの露出、人気キャラクターとのコラボレーションにより、一気に認知度を高めポジション・売上を確立。
③「ご当地タニタごはんコンテスト」では、地域の活性化と健康推進を参加型イベントとして企画し、ごはん作りを通した社会貢献活動に。
728_03.jpg

KFS"モノ"から"コト"へ価値思考のシフト
タニタブランドを見直し、自ら市場を創造!

728_04.jpg
"モノ"から"コト"へと価値観が変化する中、価値を「共有」し、「共感」してもらうことが大切。部門横断で自社のブランドを見直し、価値に共感してもらえる新たな市場を自ら開拓していく。
NEXT TIME

第5回目は、オプテックス様に訪問し、今後益々必要となるセンシングテクノロジーを視察・体験します。

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ