2021.07.09

5

2021.05.27 Thu
2021.05.28 Fri

DOMAIN&FUNCTION

アグリビジネスモデル
研究会

REPORT

05.27 Thu

アグリワークからはじまる新たな地域農業のカタチ

視察・講演グリーンラボ株式会社
代表取締役長瀬 勝義 氏
学びのPOINT

1.エネルギー分野から農業分野に参入
(1)縦型水耕栽培で特許取得
(2)縦型にするメリットは、空間効率、熱効率、作業性の向上
2.新規農業参入をマッチング
(1)新規事業としての農業
(2)IT農業人材の育成(センシングデータの把握と適切な対応)が大事
3.ONE FARM、移動型植物工場のメリット
(1)農地という制約がない(どこでもok)
(2)体験価値を提供できる(自治体にとっては短期流入人口を増やせる)
928_01.jpg

ココがすごい!自治体(埼玉県深谷市)連携で
新たな地域農業をつくる

928_02.jpg

【4ステップのソリューション】

1.観光客を含めた人の呼び込み

2.呼び込んだ人の中から短期滞在

3.短期滞在から定住へ

4.持続可能な地域へ(農業×観光×教育×福祉×周辺産業)

05.28 Fri

人工衛星リモートセンシングを活用した農業ICTの取組み

視察・講演株式会社ビジョンテック
代表取締役山本 義春 氏
学びのPOINT

1.農業関連分野の開発の経緯
(1)2002年に山形県で「高解像度衛星データ圃場管理システム」の開発
(2)その後、経済産業省、文部科学省、JAXAとの共同研究開発
(3)社会実装の段階で、内閣府「SIP」、農水省「スマート農業加速実証プロジェクト」に参画
2.人工衛星データを利用した農業情報サービス
(1)JAの営農指導担当者向けに開発。ブランド米栽培支援、担い手支援に活用
(2)衛星データで発育状況の変化が分かる
(3)過去~現在~未来の毎日の衛星画像および1kmメッシュの農業気象データ
3.WAGRI(データの連携や提供機能を持つ「農業データ連携基盤」への生育予測情報の提供・開発
(1)作物発育予測、栽培管理、高温障害・病害虫への対応
(2)農地環境推定システム
(3)栽培管理支援システム
928_03.jpg

Key word人工衛星データの活用でスマート農業を支援

928_04.jpg
928_05.jpg
928_06.jpg
視察風景
928_07.jpg
928_08.jpg
ドローンで集合写真を撮影して頂きました。(→→→)
928_09.jpg
NEXT TIME

次回は北海道開催になります。セコマ様(視察・講演)、Kalm角山様(視察・講演)へ訪問致します。

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ