2021.06.08

5

2021.05.25 Tue
2021.05.26 Wed

DOMAIN&FUNCTION

生産性カイカク研究会

REPORT
日目

05.25 Tue

生産性カイカク推進によるビジネスモデルカイカク

視察&講義株式会社エムアイシーグループ
代表取締役社長三浦 康太郎 氏
学びのPOINT

①「危機感を高める・大義名分を伝える」
残業する人が高評価なのは時代遅れ。
「これからのスゴイ人はやるべきこと(売上利益達成)をしつつ早く帰れる人だ!」更に評価項目に平均産業時間を設定。
②「残業を減らす雰囲気づくり」
グループディスカッションを繰り返し、残業削減する社内雰囲気を醸成。また定時で「ほたるの光」を流すと雰囲気づくりに効果あり。
③「業務改善・組織改革」
業務を洗い出し誰でも出来る作業はパート化。少人数の部門は統合。機能別組織へ変革し専門性を強化。

KPI3年かけて残業時間を7割削減、
経常利益率0.4%→5.3%増益を達成


残業時間は大幅減

見える化でムダ排除
コッター教授の「組織改革のための8段階のプロセス」に沿った取り組みの成果として、残業を大幅に減らしながら業績向上 という理想的な生産性カイカクを実現!
日目

05.26 Wed

『克ち進む経営』先進技術による生産性カイカク

視察&講義エイベックス株式会社
代表取締役会長加藤 明彦 氏
学びのPOINT

①「人間尊重・幸せ追究」
リーマンショック以降、人中心の経営へシフト。これが生産性カイカクのポイント。人の成長が売上グラフに表れている。
②「克ち進む経営」
コロナ禍でも先を見据えて自動化の積極投資。現状に甘んじることなく危機感持てば先手を打てる。
③「潜在能力が発揮できる風土づくり」
目標設定と絶対評価。本質的な問題発見で企業体質づくり。達成感と満足感を醸成すれば能力発揮に繋がる。

KPIリーマンショック以降の売上規模3倍以上!
ポイントは人間尊重・社員の幸せを徹底追究


人はコストでなく資産

達成感得られる目標を
■人間尊重経営は「生産を豊かにする」「人間らしく生きる」ことを徹底追究。
■現状に甘んじるのではなく、常に危機感を持つ。これが会社が発展する秘訣!
NEXT TIME

第6回目は、IoT活用による現場のDXを推進する「株式会社日伝」、DX~データ駆動型経営の「株式会社エクス」を視察します!

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ