人材ブランディング

働き方改革
コンサルティング

概要・目的

長時間労働が是正されないことは、企業経営において大きなリスク要因となります。
客観的な現状分析とコンサルティング成功事例に基づいたノウハウ、
さらに外部の専門家を活用した改革の実行を支援します。

実施効果

進め方のステップ

  • 現状分析
    目指すべき姿と現状とのギャップを認識。働き方改革に向けたストーリーを構築する。
  • 働き方改革
    プロジェクトの
    推進
    業務フロー、マネジメントシステム、および評価・インセンティブ策を構築し、改革体制を整える。
  • 改革の実行
    全部門での実行。また結果を踏まえ、ブラッシュアップしていく。

アウトプットイメージ

業務フローにおけるネック工程把握、現在のマニュアル分析と活用度・実行度などを分析し、
業務分析による就労実態の把握と生産性分析を行う。

企業事例

E社

工期に追われ、休日も現場は動かざるを得ない現状であった。建設業全体を見ても、4週8休を中心に労働時間に関する問題を各社が抱えている。 E社では、部門単位の改善ではなく、会社全体の生産性を向上させる視点で一貫した業務内容の見直しを実施することにより、大きな改善が図れた。