Home
  • 資料請求・ご相談
  • 資料請求・ご相談
  • MENU

Webプロモーション
コンサルティング

Web活用を中心とした戦略ソリューション支援で
営業力強化・売上アップ・人材採用の課題解決に
貢献いたします
無料お問合せ・資料請求

タナベ経営はGoogle・Yahoo!JAPANの
マーケティングソリューションパートナーです

Webコンサルティングの成功事例

※実績は一部になります。また守秘義務があるため、数字を調整しております。

  • 1.売上高50億円の製薬メーカー

    販売促進を目的とした、 Web広告を使ったPRを実施
    月間出荷数
    昨対比200%

  • 2.売上高300億円の電材メーカー

    エンドユーザーを対象に顧客接点を目的とした、Web広告を使ったPRを実施
    無料説明会
    10件獲得

  • 3.売上高3億円の呉服店

    着物催事への来客促進を目的とした、Web広告を使ったPR
    月間来場予約
    新規7件獲得

  • 4.売上高240億円の不動産会社

    販売促進を目的とした、
    Web広告を使ったPRを実施
    一週間での申込数
    新規15件獲得

まずは、Webサイトの健康診断をしてみませんか?

Webサイトへのアクセス情報は常に蓄積を続けています。その蓄積し続けるデータを活用し、迅速な改善も可能です。
今のホームページの健康状態は良好ですか?たった4つの診断方法でできる健康診断をしてみませんか?

4つの診断方法

  • 問診(ヒアリング)

    現状把握や業務管理の体制、
    経営戦略をヒアリング

    診断結果との相違を明確にするために、現状把握や業務管理の体制、経営戦略をヒアリングいたします。
    そのヒアリングをもとに実現可能なジャーニーマップを設計いたします。

  • 表示スピード分析

    表示が1秒から3秒に遅延すると、
    3割以上の顧客が離脱

    価値ある情報を提供しているにも関わらず、「表示が待ちきれない」という理由で3割の顧客がページを離れるといったケースも多くあります。
    またモバイルユーザーが増えている現在では、快適に閲覧ができる環境を整えるためにも、表示スピードはWebページの離脱に直結する重要な項目です。

  • アクセス分析

    貴社に関連したキーワードや顧客が
    本当に流入していますか?

    自社の製品や商品、サービスに関するキーワードの流入状況や、性別・年齢・興味関心・流入後の動きを分析いたします。
    アクセス分析をして初めて「想定と全く違う流入ばかり」「自社に関連したキーワードが弱い」「訴求ポイントが閲覧されていない」という事実に気づくことがあります。

  • 競合分析

    顧客に選ばれるきっかけを作る

    Webページ上での比較はリアル以上に激しく、盛んにおこなわれているため、顧客から選ばれるためにも、自社の優れた点や強みを明確に訴求し、差別化を図らなければ競合に負けてしまいます。

    そのため、競合ページとの方向性の違い・差別化ポイントを明確化にすることで、顧客が選ぶきっかけを作ります。

4つの診断結果から導き出した7つの分析結果と改善案を治療方針書として報告

7つの分析結果

  • ページの表示スピード・
    モバイル対応

    トップページの表示速度を同じ業種のサイトと比較。
    合わせてモバイル対応の有無もチェックいたします。

  • サイトの品質

    離脱の割合や滞在時間、どの程度ページを閲覧されているか等、数値を元に分析を行います。

  • 流入数

    期間内における流入の数や流入元のサイトを分析し、どの入り口が成果に結びついているか分析を行います。

  • 流入キーワード

    顧客が実際に検索で使用しているキーワードを調べ、掲載順位・表示回数・クリック数などを分析いたします。

  • 流入者特性

    流入者の性別・年齢・興味関心のあるカテゴリや、サイトでの行動を分析します。

  • ヒートマップ

    流入者がよくクリックするエリア、熟読するエリア、離脱するエリアを分析いたします。

  • 競合分析

    競合3社と比較を行い、自社と競合他社の強みや弱みを分析いたします。

  • ※解析用のタグをサイトへ埋め込み、最大3カ月の時間をかけて分析

改善案(例)

  • ペルソナ(想定)

    Webサイトへ訪問している顧客の人物像をリアルに設定。
    その人物像に合わせた改善案をご提案いたします。

  • コンテンツ整理案

    より顧客に情報を伝えるために、現在のWebサイトのページ構成の改善案をご提案をいたします。

  • 新コンテンツ提案

    現在のWebサイトに不足している、顧客の情報収集・課題形成に必要なコンテンツをご提案いたします。

  • ロードマップ

    改善案を実行するためのスケジュールをご提案いたします。

実際のご報告書サンプル

Web診断の結果を踏まえ、課題に応じた最適なコンサルティングメニューをご提案
Web診断
  • Webプロモーションコンサルティング
    (LP作成・Web広告出稿)

  • 顧客創造推進コンサルティング

  • Web採用推進コンサルティング

  • ランディングページを作成しリスティング広告を出稿します。リスティング広告を通して、当たる商品やコンテンツ、キーワードが顧客の反応がいいのかなどを探ることができます。
    また、訪問者の情報を蓄積しながら見込み顧客情報の育成を行っていき、新商品や新サービスのテストマーケティングやWebページ修正のテストなども可能となります。

  • 見込み顧客情報育成~成約、ファン(ロイヤルカスタマー)化までのマップを具現化していきます。マーケティングを上位概念におきながら無理なく継続的なPDCAを回していくために、経営層や組織を巻き込みながら施策を推進していきます。タナベ経営はWebを一つの手法として考え、皆様のフェーズに合わせた顧客創造のプランを設計・推進をご支援いたします。

  • ノウハウを蓄積し、PDCAしっかりと回していくために人事やWebのご担当だけでなく、組織全体を巻き込んで推進していきます。
    見込み情報育成~エントリー・内定までを俯瞰し、Eラーニングを活用した企業内大学の設立支援など、選考前~採用後まで、Webを中心とした人事採用を具現化していきます。
    このプランはWebのみに限らず貴社のフェーズに合わせて貴社独自の人材採用計画を設計・推進します。

まずは、貴社におけるWebの課題をお聞かせください。

WebはBtoCはもちろん、BtoBの企業でも重要です

BtoBにおけるWebの重要性

約75%が企業のWebサイトを
取引業者選定の情報源として活用

Q.取引業者選定で参考にする情報は?

「情報収集・課題形成」に役立つことが、
見込み客からの「第一候補」に選ばれる

Q.取引業者選定時の第一候補企業は?

引用:2017年10月「BtoB購買行動の調査結果レポート」/株式会社リーディング・ソリューション

BtoCにおけるモバイルの必要性 ~Googleが提唱するマイクロモーメント~
  • 53%のビデオ視聴者がエンターテイメントやインスピレーションのためにビデオを視聴

  • 65%のオンライン消費者が数年前に比べて、オンラインで調査をするようになったと回答。

    66%のモバイルユーザーが、テレビで見たものをスマートフォンで検索すると回答。

  • 2倍
    2014年の検索クエリでは、近隣情報の検索が2倍。

    82%のモバイルユーザーが、近隣の店舗情報を調べるためにスマートフォンを使用。

  • 91%のモバイルユーザーが、何かをしようとする時にスマートフォンでその方法を調べると回答。

  • 82%のモバイルユーザーが、店内で商品について調べるためにスマートフォンを使用。

    29%モバイルでのコンバージョンが増加(北米、2015年4月対前年比)

マイクロモーメント・・・
人が何かを「知りたい」「見つけたい」「観たい」「買いたい」と思った時に、反射的にスマートフォンやタブレットに向かうその「瞬間」のこと
Google「Micro-Moments:Your Guide to Winning the Shift to Mobile」より引用
https://think.storage.googleapis.com/images/micromoments-guide-to-winning-shift-to-mobile-download.pdf

一方で、Webの重要性は理解できているものの、
Webへの理解度、担当者の不在やスキルの課題などで
ほとんど踏み込めていないというお話をとても多く伺います

Web活用に関してよくご相談いただく内容

ホームページはあるものの、お問い合わせがほとんどない
自社の名前でしか検索結果で上位に出てこない
どんな検索キーワードでユーザーが訪問しているのかがわからない
必要性を感じているが、わかる人・できる人がいない
欲しいターゲットからのお問い合わせが来ない
既存顧客ばかりに営業活動をおこなっており、新規が獲得できていない
営業のテレアポだけで顧客を獲得しており、限界を感じている
人材採用をかけてもほとんど応募がない、すぐに辞められる
新商品やキャンペーンのテストを実施してみたいが、その方法がわからない

また、中にはWebに関する間違った認識を持っており、
Webの効果を最大限活かせていないお客様も多くいらっしゃいます

Webにおける誤った認識
  • Webサイトは公開することがゴール
    Webサイトは集客や認知が主な目的になるため、公開してからターゲットとなる顧客が効果的に訪問しているか、効果検証を行う必要があります。
    そのため定期的に分析を行い、課題があれば改善を行うことが重要です。
  • 自社の名前で上位に出れば良い
    まだ取引や購入に至ったことのない人は、果たしてどの程度、貴社の名前を認知しているでしょうか?
    自社の名前が含まれたキーワードでの流入は商材などにもよりますが、2~3割程度になることが多いため、自社の社名だけでなく、どれだけ自社の製品・商品・サービスに関連したキーワードで集客できるかが重要になります。
  • 検索結果は誰もが同じ
    Googleの場合、検索結果は個人に合わせてカスタマイズされるため、自社に関する同じキーワードで検索を行っても、自社のサイトを普段から見ている人と初めて検索を行った人では検索結果が異なります。
    つまり、今自分が見ている検索結果が、必ずしも他の人と同じとは限りません。
  • 予算をかけてWeb広告出稿すれば良い
    広告出稿を行うことにより、流入数を増やすことは可能ですが、誘導先のページの情報が適切に顧客へ伝えられる内容である必要があります。
    適切に伝えられなければ直帰の原因となり、顧客が訪問してもすぐに離脱する原因となります。
    適切に情報が伝えられているか、各種解析ツールで分析を行う必要があります。

Webサイトの役割

顧客の購買行動に合わせた施策を打つことで、Webサイトの効果は最大限活かされます

  • ポイント01
    課題認知の場
    - 行動のスタート地点 -

    顧客の環境を貴社が関わることで、どれだけ充実できるかを訴求することがポイント

    サイトを訪問した顧客の不満・不快の感覚を「課題」と認知させる場所です。
    貴社の商品・製品・サービスに対し、どれだけ興味・関心を高く持ってもらえるかが重要です。
    提供する情報は最低限のスペックや条件だけでなく、それを導入することにより、顧客の環境を今よりどれだけ充実させられるかを意識する必要があります。
  • ポイント02
    見込み情報育成の場
    - 検討層を顕在層へ -

    顧客が持つ貴社に対する意識を高めることがポイント

    見込み情報育成とは、サイトを訪問した顧客が認知した課題に対し、興味・関心をさらに高めさせることを指します。
    課題解決の方向性を示すことがポイントで、例えば導入までの過程やそれに付随する情報を提供し、顧客が持つ貴社に対する意識を高める必要があります。
  • ポイント03
    コミュニケーションの場
    - ファンづくり -

    顧客が持つ貴社への信頼感をどれだけ広められるかがポイント

    購買・契約・問い合わせをおこなった顧客とのコミュニケーションを増やし、ファンとして育成します。
    例えば貴社のWebサイト上でお客様の声の声の掲載やコラボレーション企画などの発信や、SNSを活用したシェアなどが増える土台作りが必要です。

Webサイトは正しい活用をすれば、顧客との関わり方が劇的に変わります
上記に当てはまる場合、ぜひ一度ご相談ください。

タナベ経営における、Webコンサルティングの
4つの強み

1.経営コンサルティング会社のWeb専門チーム

その分野に精通したコンサルタントが、Webを中心にした戦略ソリューションを支援
高度の専門性(経営コンサルティング・SPコンサルティング)を有したコンサルタントが、課題に対して最適なコンサルティングチームを編成。
多角的な視点から課題解決を支援いたします。

2.「課題」に対する最適なソリューション支援

Webを活用したセールスプロモーションからイベントプロモーションまで幅広くトータルサポート
Webの分野に留まらず、理念・ビジネスモデル・経営企画・リアルプロモーションを組み合わせ、客観的な立場から的確なソリューション支援をいたします。

3.マーケティングツールや専門性の高いパートナーとの連携

課題解決のテーマに合わせて、最適なパートナーと綿密に連携
Webサイトの制作会社・Webデザイン会社・マーケティングオートメーションツールの会社など、多くのパートナーと連携し、皆様の課題解決の方向性に合わせた連携をいたします。

4.47都道府県を網羅したREGION(地域)戦略

エリアにとらわれることなく、日本全国で質の高いWebコンサルティングが可能
全国10カ所の拠点にコンサルタントが在籍。創業60年のノウハウ蓄積に裏づけされた、地域特性を熟知したコンサルティング設計・推進が可能です。

関連コンサルティングメニュー
  • セールスプロモーションコンサルティング

    ブランディングは全社員活動です

    ランディングページを作成しリスティング広告を出稿します。リスティング広告を通して、当たる商品やコンテンツ、キーワードが顧客の反応がいいのかなどを探ることができます。
    また、訪問者の情報を蓄積しながら見込み顧客情報の育成を行っていき、新商品や新サービスのテストマーケティングやWebページ修正のテストなども可能となります。

  • ナンバーワンブランドコンサルティング

    ブランドとは、顧客との約束であり
    信頼の証

    ブランドは顧客との約束であり、選ばれるために「持続的価値」を優先しなければなりません。
    ブランディングとは単なる広告宣伝キャンペーンではなく、まさに企業のトップが自らリーダーシップを発揮し、全社員で取り組むべき経営テーマです。

  • 採用力強化コンサルティング

    成長エンジンを加速化させる人材採用

    リーマン・ショック以降、有効求人倍率は年々上昇を続け、売り手市場に大きくシフトしております。 各企業が採用に大きな課題を感じている中、特に専門性の高い分野では「採用難」が企業経営を圧迫している状況です。タナベ経営では、そうした企業の皆様へ、「採用力強化コンサルティング」をご提案いたします。

ページトップへ戻る