トップメッセージ

t_img_wakamatsu_2.jpg

株主・投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。


当上半期(2018年4月1日~2018年9月30日)においては、クライアント企業の高度化・専門化する経営課題を解決し、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社(FCC)」へと導くために、中期事業戦略として掲げる「コンサルティング&コングロマリット(C&C)戦略」(コンサルティングメニューの拡大とプラットフォーム化)を推進し、コンサルティングメニューを強化してまいりました。

経営コンサルティング事業では、クライアント企業の成長ニーズおよび人材不足の深刻化から、「中期経営計画 (ビジョン)策定・推進」「ビジネスモデル・成長戦略」「ブランディング戦略」および「FCCアカデミー(企業内 大学)設立」「人材採用・育成・活躍」「働き方・生産性改革」等のコンサルティングテーマを推進してまいりました。また、業界別・経営テーマ別研究会のテーマを拡大・リニューアルいたしました。

SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業では、外部パートナーとの連携や戦略総合研究所の「デザインラボ」の機能を活かして、WebプロモーションやSPデザイン等のコンサルティングメニューを強化・拡大してまいりました。また、経営コンサルティング事業との連携による全社一体でのチームコンサルティングにより、全国規模でこれら付加価値の高いサービスを提供してまいりました。

以上の取り組みの結果、売上高40億83百万円(前年同期比3.5%増)、営業利益4億46百万円(同比4.6%増)、経常利益4億61百万円(同比4.3%増)、四半期純利益3億20百万円(同比5.6%増)の増収増益となりました。


通期(2018年4月1日~2019年3月31日)の見通しおよびビジョンにつきましては、新しい中期経営計画「Tanabe Vision 2020(2018~2020)」がスタートしており、先述した「C&C戦略」を進化させてまいります。「変化から成長へ」のスローガンのもと、ドメイン(業界)・ファンクション(経営テーマ)という観点で、引き続きコンサルティングメニューを拡大かつ強化していくと共に、大阪本社・東京本社以外の各地域事業所(リージョン)のコンサルティング機能および人員体制も強化し、全国的にコンサルティングを「プラットフォーム化」してまいります。これにより、顧客創造力の強化、そして顧客基盤の拡大を実現してまいります。

経営コンサルティング事業では、ドメイン・ファンクションコンサルティングに加え、クライアント企業の人材育成・活躍を一気通貫で支援する人材開発コンサルティング、全国の金融機関等との連携によるM&Aアライアンスコンサルティング、地域金融機関等のビジネスモデル構築・人材育成を支援する金融ドメインコンサルティング、全国の主に中小企業を支援するステージアップコンサルティングを推進してまいります。

SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業では、ドメイン(業界)・ファンクション(プロモーションテーマ)という観点から業務プロセスの見直しとチーム組成を推進し、外部パートナーとも連携して専門領域を拡大していくと共に、Webプロモーションやデザイン機能により顧客価値を高め、クライアント企業の販売促進を一気通貫でトータルに支援してまいります。

そして、これら各コンサルティング事業における専門コンサルタントのチーム連携も強化し、「ドメイン×ファンクション×リージョン」という観点で企業経営を包括的に支援するという、当社にしかできないコンサルティングモデルの推進をより一層、強化してまいります。

以上の取り組みにより、2019年3月期は売上高90億00百万円(前期比2.3%増)、営業利益9億70百万円(同比3.6%増)、経常利益9億90百万円(同比2.6%増)、当期純利益6億80百万円(同比0.7%増)の達成を目指してまいります。


中期経営計画「Tanabe Vision 2020(2018~2020)」の大事な1年目である当期も、業績目標を達成して安定的な株主還元を実現する「増収増益増配」経営を目指すことにより、株主の皆さまのご期待に応えていく方針であります。

また、これからも数多くの「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を創造し、社会・地域の発展に寄与してまいります。そして、当社自身も「100年経営」を目指して、持続的成長および中長期的な企業価値の向上を実現してまいります。

株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも格別のご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年12月