「緊急事態宣言」に伴う弊社セミナー・研究会の開催につきまして【1月15日―】
  • サノヤスホールディングス株式会社
  • SOEIホールディングス株式会社
  • 株式会社いずみホールディングス
  • ゼビオホールディングス 株式会社
テーマ紹介動画

Theme事業を生み出し、経営者を育む
プラットフォーム型ホールディングス

本研究会のPoint

01
多様なビジネスを
生み出す
プラットフォーム
02
多くの経営者人材を
生み出す
プラットフォーム
03
グループの最適な
資源配分を司る
コーポレート機能づくり

事業を生み出し、経営者を育む

プラットフォーム型ホールディングス

ホールディング経営モデルにシフトする中堅・中小企業が増えているが、
そのトレンドはプラットフォーム型ホールディングスであると言える。
プラットフォーム型とは、コーポレート機能を司るホールディングカンパニーが
マーケットと向き合う事業会社を土台(プラットフォーム)として支え、
事業に必要な経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・ノウハウなど)を供給するスタイルである。
組織づくりにおいては顧客ニーズや働き方の多様化に対応した
フラットでフレキシブルなモデルが求められている。
これからのホールディングスも多くの事業や経営者を生み出す
プラットフォーム型の考え方が望ましい。

Summary
1

総 論

ホールディング経営モデルとは何か?中小企業が淘汰される時代において、生産性を高めるために持続的成長することが大義となり得る

2

事業投資・ポートフォリオ戦略

不確実性がますます高まる時代において、既存事業に固執せずM&AやCVCを含め、新たな事業投資により最適なポートフォリオを構築する戦略が望まれる

3

グループ組織戦略

事業ポートフォリオ戦略を推進してゆく上では、遠心力(権限移譲)と求心力(全体最適)のバランスが取れた組織づくりを進めてゆく必要がある

4

グループ経営システム

グループ経営を推進してゆくにあたってはコーポレート(本社)機能を強化しなければならない。経営企画機能、CFO機能、ガバナンス機能などを充実化させるメソッドを学ぶ

5

グループ経営者育成

ホールディング経営が成功するかどうかのカギは、社内から経営者人材を生み出せるかどうかにかかっている。その育成のあり方や人材像を掘り下げる

6

グループ資本戦略

オーナー企業の場合、資本を安定させながら発展的に次世代に継承する枠組みを構築してゆかなければならない。ホールディング経営における資本戦略の基本を理解する

ホールディング経営の全体コンセプトデザイン

変化する顧客価値に
柔軟対応する

事業に必要な
経営資源を調達し、
事業会社に供給する

社会価値を
使命感に持つ

プラットフォーム型ホールディングスの企業様の事例

ヨシムラ・フード・
ホールディングス

中小食品事業へのM&A投資によりフードビジネスの事業ポートフォリオを形成し、連結売上高300億円の企業グループに成長している。同社の本社機能は「中小企業支援プラットフォーム」を形成しており、事業会社各社の強みがグループで水平展開してシナジー効果を発揮している

ボーダレスジャパン

社会起業家をインキュベートするグループ経営を展開しており、これまでに40社近くの社会事業と経営者を輩出している。「相互扶助のエコシステム」と称される同社の経営システムはStartup Studio(マーケティング機能)とBackup Studio(内部管理機能)で構成され、多くの事業を早期黒字化に導いている

由紀ホールディングス

零細企業の町工場(由紀精密)を継承した3代目の後継者が技術イノベーションにより同社を再生し、さらにはホールディング経営体制で現在ではグループ年商70億の規模にまで成長させている。ホールディングスというプラットフォームから提供されるメソッドは、他社の固有技術と融合し、進化を生み出し続けている

Carriculum

各回のテーマに沿ったコンサルティング事例を学ぶ。

基礎講義

ゲスト講師から実務体験や実現のノウハウを学び、ヒントを得る。

ゲスト講義

ゲスト講話をうけての提言と、ホールディングのノウハウをわかりやすく体系化。自社への展開を考える。

まとめ講義

※スケジュールは概ねの目安で、運営上変更する場合がございます。予めご了承ください。

ホールディング経営研究会リーダー

タナベ経営 経営コンサルティング本部 九州本部 副本部長

中須 悟/ Satoru Nakasu

2004年タナベ経営入社2017年より、九州本部副本部長兼ホールディング経営研究会リーダー。「経営者をリードする」ことをモットーに、企業の財務収益構造や組織体制、資本構成を大局的かつ戦略的に改革するコンサルティングを得意としている。また上場・中堅企業における事業承継、ホールディング経営推進のスペシャリストとして、建設業、物流業、不動産業、製造業、小売・サービス業など幅広い業種での実績があり、全国で活躍中。著書に『ホールディング経営はなぜ事業承継の最強メソッドなのか』(ダイヤモンド社)『オーナー経営者のためのホールディング経営』(タナベ経営)、がある。CFP®認定者。

ホールディング経営はなぜ事業継承の最強メソッドなのか

ホールディング
経営研究会リーダー
中須 悟 著

ホールディング経営は
なぜ事業継承の
最強メソッドなのか

ダイヤモンド社刊・
定価1,760円(税込)

中須 悟

今期の主な視察・講演先

  • 第1回 東京エリア
    2021/09/27

    サノヤスホールディングス株式会社

    講演テーマ
    「変化常態化時代」を生き抜くための
    HD体制と事業ポートフォリオ再構築戦略
    講師
    サノヤスホールディングス株式会社
    代表取締役会長
    上田 孝 氏
  • 第1回 東京エリア
    2021/09/27

    SOEIホールディングス株式会社

    講演テーマ
    持続的成長を達成するための
    グループ経営推進体制の構築(仮)
    講師
    SOEIホールディングス株式会社
    代表取締役社長
    若山 圭介 氏
  • 第2回 東京エリア
    2021/11/17

    株式会社いずみホールディングス

    講演テーマ
    株式会社いずみホールディングスの
    イノベーションとビジネスモデルの構築
    講師
    株式会社いずみホールディングス
    代表取締役社長
    泉 卓真 氏
  • 第2回 東京エリア
    2021/11/17

    ゼビオホールディングス 株式会社

    講演テーマ
    グループ価値領域の最大化に向けた
    コングロマリット戦略
    講師
    ゼビオホールディングス株式会社
    執行役員(グループ財務担当)
    中村 和彦 氏
  • 第3回 東京エリア
    2022/01/20

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第3回 東京エリア
    2022/01/20

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第4回 東京エリア
    2022/03/23

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第4回 東京エリア
    2022/03/23

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第5回 東京エリア
    2022/05/24

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第5回 東京エリア
    2022/05/24

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第6回 東京エリア
    2022/07/14

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
  • 第6回 東京エリア
    2022/07/14

    講演テーマ
    未定
    講師
    現在交渉中です。
ゲスト
講師一覧

「ホールディング経営研究会」ゲスト講師一覧の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

参加要項・お申込み

受講対象:

中堅企業・上場企業でHD化を目指している、
または既にHD化をした経営者・後継者・経営幹部

定員:

20名

※定員になり次第締め切らせていただきます

開催日:
第1回 東京エリア 2021/09/27
第2回 東京エリア 2021/11/17
第3回 東京エリア 2022/01/20
第4回 東京エリア 2022/03/23
第5回 東京エリア 2022/05/24
第6回 東京エリア 2022/07/14
ホールディング経営研究会ダウンロードはこちら

「ホールディング経営研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

お1人様(全6回通し) 363,000円(税込)
お申込ご本人様以外の方の受講もOK!

例えば1・2回目参加者は社長様、3回目参加者は他の経営幹部様など変更可能です。
ファーストコールカンパニーフォーラム受講費込み
ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込み期限日(第1回開催の1週間前、同一企業様からの追加お申込みの場合は各回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込み期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込み期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(同一企業様からの追加お申込みの場合、各回開催日の前日)
(2)第1回開催日以降:会費の全額
(同一企業様からの追加お申込みの場合、各回開催日当日)
※諸般の事情により、お申込みをお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください。
※お申込み受付後、ご請求書をお送りいたします。会費の前納をもってお申込みとさせていただきます。
※状況により懇親会が実施できない場合がございます。予めご了承ください。

1名様追加料金(同一企業様)
1回 55,000円(税込)
全6回通し 363,000円(税込・FCCフォーラム受講費含む)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問合せください

「戦略ドメイン・ファンクション研究会規約」はこちら

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ