「緊急事態宣言」解除に伴う弊社研究会の開催につきまして 【5月26日以降】

ホールディング経営研究会
研究会のご紹介映像です

ホールディング経営研究会 紹介映像

ホールディング経営研究会
研究会のご紹介映像はこちら

Theme長期ビジョンのもと、
グループとしての企業進化を考える

 現在、事業承継を機にホールディング経営を目指す中堅中小企業が増加している。企業が目指すべき、サステナブルな姿とは。具体的なビジネス・財務・資本・組織モデルを思考し、経営者の決断を促すことを目的とする。事例となるゲスト講師はこれまでの中心であった中堅企業から上場企業にまで広げ、幅広い視点と角度からホールディング経営を浮き彫りにする。

本研究会のPoint

01
事業ポートフォリオの最適化
で進化するビジネスモデル
これから想定される低成長時代でも
持続的成長を目指すには、
複数の事業をミックスして
付加価値を最大化することが重要である。
その手段としてのM&AやCVCを考える。
02
社員が経営者として成長
するグループ組織戦略
これからは自律性の高い事業経営者を
多く輩出しながら、かつグループ全体最適で
経営していくバランス感覚も問われる。
そういったテーマを実現するグループ組織、
マネジメントシステムを考える。
03
100年続く経営の
礎としての資本戦略
所有と経営を分離することで創業家の
理念を伝承し、それをブレない不易の
価値観と位置づけることを目指す。
資本の一子相伝による税務リスクを
増大させる矛盾も含めて100年経営の
所有と経営のあり方を考える。
総 論 ~HD経営の大義は何か~
ホールディング経営モデルとは何か?中小企業が淘汰される時代において、生産性を高めるために持続的成長することが大義となり得る。
M&A戦略
中小企業が淘汰されていく時代において、M&AやCVCなどの企業投資を効果的に組み込んでグループとして成長し、収益性・生産性を高めていく。
グループマネジメントと事業評価
HDの組織・機能・収益構造設計と子会社管理のあり方を考える。またファイナンス思考による事業評価と投資プロジェクトの評価について研究する。
グループ・リブランディング
HDCを使ったマルチブランド化により既存ブランドと両立させるモデルについて研究することで、企業の進化のあり方を考える。
経営者人材育成
ホールディング経営の生命線は、社内から経営者人材を生み出すことにある。その育成のあり方や人材像を掘り下げる。
資本戦略
オーナー企業が資本を安定化させながら、円滑に次世代に継承する枠組みとしてのホールディングスキームについて研究する。

受講者の声
三和建設株式会社

代表取締役社長
森本 尚孝
 ホールディング自体を目的とするのではなく、会社の持続的成長を実現する組織戦略として、ホールディング経営を考える機会になりました。常に、生々しい実例とタナベ経営による理論の両方が紹介されることで、より理解が深まりました。
株式会社タカカツ
ホールディングス
代表取締役会長
高橋 勝行
 ホールディング経営は手段であり、目的が何かが大事と実感しました。自社のグループビジョンを推進して行く上で、HDCの運営の仕方など参考になっています。

今期の主な視察・講演先

  • 由紀ホールディングス株式会社

    由紀ホールディングス株式会社

  • ヤマチユナイテッド

    ヤマチユナイテッド

日程・スケジュール

東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察
東京
エリア

由紀ホールディングス株式会社

  • ものづくりの力で世界を幸せに
    中小製造業を輝かせる事業承継

    由紀ホールディングス株式会社
    代表取締役社長 大坪 正人 氏

    同グループは、優れた技術を持ちながら後継難にある中小製造業をグループ化(M&A)することで「ものづくり」の技術を守り、中小1社では持てない機能・プラットフォームを提供することでさらに輝かせることを目指している。2017年10月からこれまでの実例を元に、そのコンセプトや手法(YUKI Method®)についてお話しいただく。

    講演
東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察
東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察
東京
エリア

ヤマチユナイテッド

  • 100の事業、100の経営者を育てる

    ヤマチユナイテッド
    グループ代表 山地 章夫 氏

    創立から建材業を軸に成長してきた同社は、現代表の入社後に建材の輸入事業、輸入住宅の会社を立ち上げ、新しいライフスタイルを提案するビジネスに踏み出す。持ち株会社・山地ユナイテッド株式会社設立後は、複数の事業を育てていく多角化・連邦経営を本格的にスタート。現在では住宅産業を中心に50以上の事業を経営している同グループ代表から、事業と経営者を生み出すノウハウを学ぶ。

    講演
東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察

タナベ経営 コンサルタント

  • 
                    中須 悟

    リーダー

    中須 悟

    九州本部 副本部長

  • 
                    北東 良之

    サブリーダー

    北東 良之

    大阪HRコンサルティング本部

  • 
                    笠井 健司

    サブリーダー

    笠井 健司

    M&Aアライアンスコンサルティング本部
    金融アライアンス部(大阪)

参加要項・お申込み

受講対象:

中堅企業・上場企業でHD化を目指している、
または既にHD化をした経営者・後継者・経営幹部

定員:

30名

※定員になり次第締め切らせていただきます

ホールディング経営研究会ダウンロードはこちら

「ホールディング経営研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

お1人様(全6回通し) 330,000円(税別)
お申込ご本人様以外の方の受講もOK!

例えば1・2回目参加者は社長様、3回目参加者は他の経営幹部様など変更可能です。
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み
ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込み期限日(第1回開催の1週間前、同一企業様からの追加お申込みの場合は各回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込み期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込み期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(同一企業様からの追加お申込みの場合、各回開催日の前日)
(2)第1回開催日以降:会費の全額
(同一企業様からの追加お申込みの場合、各回開催日当日)
※諸般の事情により、お申込みをお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください
※お申込み受付後、ご請求書をお送りいたします。会費の前納をもってお申込みとさせていただきます

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税別)
全6回通し 330,000円(税別・FCCフォーラム参加費含む)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問合せください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ