「緊急事態宣言」解除に伴う弊社研究会の開催につきまして 【5月26日以降】

Themeイノベーション(革新、新連携等)×ソーシャル(社会価値)
=サステナブル(持続的成長)

旧来型のビジネス展開がまだまだ多いアグリ関連ビジネス。
一方で、進化する先端技術を活用して成長を図っている企業や、
イノベーションで新しいビジネスモデルを構築し、成長を続けている企業も出現しています。
アグリ関連分野における未来経営モデルのポイントは、
イノベーション(革新)×ソーシャル(社会的価値)=サステナブル(持続的成長)。
事業ミッションの明確化にはじまり、先端技術のIoTやAI等を取り入れたスマートアグリ、
商品価値・サービス価値を高めるためのイノベーション等、
様々な要素を融合してバランスさせ、持続的成長につなげていくことが重要となります。
今回の研究会では、地球規模での環境変化への対応や、社会的な高まりとなる安全・安心への要求、
その上での事業の持続的成長を図っていくために、全国の先進事例から学びを得ていきます。

本研究会のPoint

01生きた先進事例から、
成功するための
ポイントを研究
02アグリ関連分野における
ピジネスモデルの成功要因
(誰に、何を、どのように提供して、どう収益をあげるか)
を整理できる
03アグリ関連ビジネスの
大きな潮流を押さえ、
新規事業開発や
成長戦略につなげられる
革新(イノベーション)×社会価値(ソーシャル)×持続的成長(サステナブル)

非常に分かりやすく、興味深い内容でした。
生産者、そして日本の農業、それぞれの
課題をよく整理されていたので、自社の
課題とも照らし合わせて参考になりました。
農作物卸売業 管理職

若手農家に経営意識を持っていただくよう
行われたワークショップで、目標設定計画の
立案まで体験でき、とても素晴らしいと感じた。
農業資材・機材販売業 部長

オランダの大規模農場がどのように高生産性を実現したのか、またその裏で、現在どのような課題点を抱えているのかをよく理解できました。自分の目で現場を視察する大切さを改めて認識しました。
電機設備資材卸売業 社長

今期の主な視察・講演先

  • 農林水産省

    農林水産省

  • 株式会社サラダボウル

    株式会社サラダボウル

  • FTI JAPAN 株式会社

    FTI JAPAN 株式会社

  • 京丸園株式会社

    京丸園株式会社

  • 株式会社ブルーチップ

    株式会社ブルーチップ

  • GreenGroove

    GreenGroove

  • カタシモワインフード株式会社

    カタシモワインフード株式会社

日程・スケジュール

東京
エリア

農林水産省/株式会社サラダボウル/FTI JAPAN 株式会社

  • 日本の目指す
    “持続可能な生産消費形態のあり方”とは?

    農林水産省
    大臣官房政策課環境政策室
    持続可能な生産消費形態のあり方検討会
    事務局担当 課長補佐

    永田 一穂 氏

    食品成長戦略研究会とアグリビジネスモデル研究会で合同開催

    農林水産省では、持続的な生産を支える「持続可能な消費」のあり方や普及方策について、有識者による検討を行い、本年6月に、「あふの環2030プロジェクト」を設立。同プロジェクトの目的や現在の取組状況の報告を通じ、食と農林水産業のサステナビリティについて考える。

    講演
  • サラダボウルが描く、
    持続可能な農業モデルのカタチ

    株式会社サラダボウル
    代表取締役 田中 進 氏

    食品成長戦略研究会とアグリビジネスモデル研究会で合同開催

    「農業の新しいカタチを創る」をビジョンとして掲げ、最先端の技術と徹底した管理を追求してきた同社は、2004年の設立以降、ハイスピードで国内最大級の農業法人に上り詰めた。農業経営に様々なマネジメント手法を積極的に導入。特にヒューマンリソースマネジメントにも注力し、「人を育てられる人を育てる」を目指している。仲間を作り、事業を拡大し続ける同社に、これからの未来的な農業モデルを学ぶ。

    講演
  • FTI JAPAN が実現する
    美味しいフェアトレード マグロ

    FTI JAPAN 株式会社
    代表取締役 鳴海 健太朗 氏

    食品成長戦略研究会とアグリビジネスモデル研究会で合同開催

    "日本人が知らない美味しいマグロがある"インドネシア国営水産会社とのパートナーシップにより、マグロの漁獲・加工から、日本への空輸・販売までのサプライチェーンを一貫して手掛け、「天然・生・無添加」の高品質マグロを日本の食卓に届けている同社。付加価値を最大化することで、インドネシアの漁業関係者が正当な利益を手にすることができる"フェアトレード"の取り組みと今後のビジョンを学ぶ。

    講演
九州
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察
東海
エリア

京丸園株式会社/株式会社ブルーチップ

  • ~喜びと安心と誇りの農業経営~
    「農業と福祉と企業のビジネスモデル」

    京丸園株式会社
    代表取締役 鈴木 厚志 氏

    水耕栽培で「京丸姫シリーズ」を展開する同社は、「ユニバーサル農園」を掲げ、積極的に障がい者採用を行っている。しかし、この取組は福祉のためではなく、「農業経営における幸せの追求」だと鈴木社長は語る。そんな同社に以下の3点を学ぶ。
    1.農業と福祉と企業のビジネスモデルのあり方
    2.互いの笑顔が互いの支えとなる「笑顔創造」
    3.「農を通した働きの場づくり」をめざし、土耕部・水耕部・心耕部がそれぞれの役割を果たす仕組み

    講演・視察
  • ~アメリカンスタイルのアグリビジネス~
    アメリカン+レイドバック=ブルーチップの事業戦略

    株式会社ブルーチップ
    代表取締役 馬場 憲之 氏

    異業種からアグリビジネスへ参入し、いくつかの挫折を経ながらも困難を克服してきた馬場社長。「農業+加工+サーヴィス」の6次化産業に、コミュニケーションを取り入れた「アメリカンスタイル総合型農業ヴィジョン」の事業戦略を学ぶ。
    1.異業種から「アメリカンスタイルのアグリビジネス」へ参入した経緯
    2.BtoCからDtoC(ダイレクトカスタマー)への展開
    3.企業として「プロフィット」を追求する

    講演
関西
エリア

GreenGroove/カタシモワインフード株式会社

  • 都市型農業から見る国産農業の可能性と課題

    GreenGroove
    代表
    中島 光博 氏

    大阪府和泉市にて独自開発・自作の水耕栽培システムでベビーリーフを中心に多品目を栽培。2019年のG20大阪サミットでは野菜生産者で府内唯一の指定食材として選出された。「縁もゆかりもなかった大阪」で「誘われただけ」で農業を始め13年目。特に農業に憧れや先入観を持っていなかったからこその客観的視点で営農し、目標は「優良企業になる」と決め、「普通の人が普通に選べる農業」の経営モデルを目指す中島代表から今後のビジョンをお話いただく。

    講演・視察
  • 100年の歴史を紡ぐ西日本最古のワイナリー
    ~5代にわたって愛されてきた秘訣と今後のビジョン~

    カタシモワインフード株式会社
    代表取締役 髙井 利洋 氏

    良質なワインを生み出し続け、国内外問わず数々の受賞歴を持つ同社。その歴史は古く、明治時代初期に植えられたブドウの木々、大正元年から培われてきたワイン醸造のノウハウは、今もなお大切に受け継がれている。減農薬栽培の採用、地域への貢献活動等、ワインを通した活動も積極的に行う同社は、その取組も国や地域から高く評価されている。そんな老舗ワイナリーに、選ばれ続ける秘訣とこれからの農業のあるべき姿を学ぶ。

    講演・視察
関東
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察
北海道
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察先を交渉中です。

    講演・視察

タナベ経営 コンサルタント

  • 
                    阿部 和也

    リーダー

    阿部 和也

    北海道支社 副支社長

  • 
                    井上 禎也

    サブリーダー

    井上 禎也

    九州本部

  • 
                    水谷 好伸

    サブリーダー

    水谷 好伸

    中部本部

参加要項・お申込み

受講対象:

農業、畜産業、流通業、農機具製造業、飼料製造業
農協およびJAグループ企業等の経営者・後継者・経営幹部の方など

定員:

30名

※定員になり次第締め切らせていただきます

アグリビジネスモデル研究会 ダウンロードはこちら

「アグリビジネスモデル研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

お1人様(全6回通し) 390,000円(税別)
お申込みされた方以外の受講もOK!
例えば1・2回目参加者は社長様、3回目参加者は他の経営幹部様など変更可能です。
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み

ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込み期限日(第1回開催の1週間前、同一企業様からの追加お申込みの場合は各回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込み期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込み期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(同一企業様からの追加お申込みの場合、各回開催日の前日)
(2)第1回開催日以降:会費の全額
(同一企業様からの追加お申込みの場合、各回開催日当日)
※諸般の事情により、お申込みをお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください
※お申込み受付後、ご請求書をお送りいたします。会費の前納をもってお申込みとさせていただきます

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税別)
全6回通し 330,000円(税別・フォーラム参加費含)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問合せください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ