アパレル業界を一言で言うと、
「内需は縮小するも、急速な技術革新と
顧客価値の変化による潜在的ビジネスチャンスの到来期」
である。
 アパレル業界の市場規模はバブル期(1991年)の約15兆円をピークに、2016年には約10兆円と25年間で3割も縮小している。
一方、アパレル国内供給量は同期間で約20億点から約40億点へと倍増している。
市場規模縮小、国内供給量拡大という2つが意味することは、直近の衣料品購入単価が1991年と比較し6割前後の水準まで下落しているということである。
まさに近年の業界環境は、価格競争が激化する成熟市場と言える。
 とはいえ、成熟市場においても「潜在的チャンス」は多く存在する。
そのチャンスをいかに的確に掴み、自社のビジネスへ反映するかが重要である。
特に近年中心となるのは
テクノロジーを融合した「アパレルテック」分野である。
この分野はスタートアップ企業の台頭が目覚ましい。
老舗企業ほど、そのような企業の秀逸なビジネスから学びを得ることが肝要である。
当研究会は、成長著しい企業より成功の要諦を学び、自社の未来のビジネスを創造していく研究会である。
全産業のデジタル化が加速化する時代において、顧客への価値提供方法としてデジタル化は避けては通れない。新たな販売、プロモーションのあり方について、AIやIoT等を軸にした顧客への価値提供方法を研究する。
経営効率・収益性・生産性を改善するには、システム投資は必須である。経営トップ自らがシステムの重要性はもちろん、目的と仕組みを正しく理解することが重要だ。システム事例に触れながら、投資の考え方、導入ステップについて紹介する。
多様化する顧客ニーズに対応するためには、顧客ニーズを先取りした製品・サービスづくりが必要となる。そこで、テクノロジーを活用した顧客視点でのマーケティングにより、売れる商品やサービス、その仕組みの開発プロセスを研究する。
デジタル化への対応に向けては、社員のデジタルリテラシー向上への教育が必須である。更にはデジタル教育を受けている若手人材を活用していくことが企業成長の鍵となる。時代の先端で行われているデジタル教育の実態とその活かし方について研究する。

ディスカッション
結果の実践

自社経営戦略
への落とし込み

参加企業との
連携
研究会のコンテンツ
各回のテーマに沿ったコンサ
ルティング事例をご紹介。
アパレル業界の講師から事
例やポイントを学びます。
成功している企業を視察し、
その取り組みに触れます。
受講者で検討し、多様な考
え方に触れます。
会員同士の情報交換を行い
ます。
アパレル市場はシュリンクしている
という現実を受け止め、勇気を持っ
て「業界の非常識」にチャレンジし
なければならないと痛感した。自社
が何のために存在しているかとい
う基本に立ち戻りつつ、進むべき
方向性を定めたい。
繊維総合卸売業
代表取締役社長
VRやMRといった最先端テクノロジーが、
我々の生活の一部として介入してくる未来と
そのイメージを掴むことができた。顧客との
コミュニケーションにおいて、最先端テクノ
ロジーをどう今後のビジネスに展開していく
のか、改めて考える必要があると感じた。
ユニフォーム企画販売業
常務取締役

今期の主な視察・講演先

  • 株式会社 Xenoma

    株式会社 Xenoma

  • ラクサス・テクノロジーズ  株式会社

    ラクサス・テクノロジーズ 株式会社

  • シタテル 株式会社

    シタテル 株式会社

  • 株式会社メッシュウェル

    株式会社メッシュウェル

  • SENSY株式会社

    SENSY株式会社

日程・スケジュール

東京
エリア

株式会社 Xenoma/ラクサス・テクノロジーズ株式会社

  • 東大発スタートアップ企業
    次世代スマートアパレルは世界をどう変えるか?

    株式会社 Xenoma
取締役経営企画部長
富取 祐香 氏

    株式会社 Xenoma
    取締役経営企画部長
    富取 祐香 氏

    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による、ERATO「染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト」(研究総括:染谷隆夫 東京大学大学院工学系研究科教授)で開発された「伸縮性エレクトロニクス」を実用化し、社会に貢献することを目的に、2015年11月に設立されたベンチャー企業。導電性のあるセンサーやデバイスを洗濯可能な形で布上に搭載したスマートアパレルを「e-skin(イースキン)」ブランドとして展開している。同社の「e-skin」を使うことで、全身の動きや心拍などの生体情報をセンシングし、介護や作業現場などでの活用が期待されている。

    【POINT】
    1. 創業の原点
    2. 新技術を生み出すXenomaの戦略(人・環境・資金・情報)
    3. e-skinがもたらす多様な付加価値の可能性

    講演
  • ~所有からシェアへ~
    最先端マーケティングとビジネスモデルの考え方

    ラクサス・テクノロジーズ 株式会社
代表取締役社長
児玉 昇司 氏

    ラクサス・テクノロジーズ 株式会社
    代表取締役社長
    児玉 昇司 氏

    広島市出身。シリアルアントレプレナー。早稲田大学EMBA修了。1995年早稲田大学入学半年後に最初の起業。会社売却などを経て、自身4度目の起業となるラクサス・テクノロジーズ株式会社を創業。2015年2月、毎月定額で有名ブランドバッグが無限に使い放題(貸したり借りたり)になるC2Cシェアリングプラットフォームアプリ「Laxus(ラクサス)」をローンチ。ローンチから50ヶ月連続で拡大中。会員数は30万人、流通総額は350億円を突破して推移。毎月の会員の継続率は95%以上。2017年3月までにWiLなどを中心に20億円以上を調達。

    【POINT】
    1. 変わりゆく顧客ニーズを捉えるビジネスモデル
    2. 時代の最先端を進むデジタル・AIを活用したマーケティング戦略
    3. 成長する会社を支える魅力的な経営システム

    講演
大阪
エリア

シタテル 株式会社

  • 「誰もが自由に、スマートに衣服を生産
    できるプラットフォーム」を提供するシタテルのビジネスモデル

    シタテル 株式会社
執行役員
鍛冶 村忠 氏

    シタテル 株式会社
    執行役員
    鍛冶 村忠 氏

    IT化の遅れなどにより優れた技術を生かせずにいる国内の「中小縫製事業者」をデータベース化し、さまざまな服の生産を必要とする事業者にインターネットを通して提供する新流通プラットフォーム「シタテル」を構築。SCS(シタテル・コントロールシステム)チームを中心に、アパレルに精通した経験豊富なシタテル・コンシェルジュと呼ばれる専属スタッフが、生産プロセス全体をサポートしている。プロフェッショナルのノウハウと、国内の幅広い縫製事業者や連携工場のネットワークを活用することで、より良い製品づくりを実現し、多くのブランド・企業の商品に関するパターン企画から生産・納品にいたるまで、お客様のニーズを踏まえて提案している。

    【POINT】
    1. シタテルが目指す未来(MISSION・VISION・BASE VALUE)
    2. 追随を許さないシタテルのビジネスモデル
    (コンシェルジュ・革新的流通・コミュニティプラットフォーム)
    3. シシタテルの技術と取り組み事例

    講演
東京
エリア

株式会社メッシュウェル

  • 「スキマ時間だけ働きたい」人と店をマッチング 新サービスの戦略とは?

    株式会社メッシュウェル
代表取締役
窪田 光平 氏

    株式会社メッシュウェル
    代表取締役
    窪田 光平 氏

    アパレル業界内外で話題を集めている、スキマ時間に接客販売の仕事がしたい人材と店舗をオンラインでマッチングする新サービス「MESHWell(メッシュウェル)」。販売員の人手不足という社会課題に対して、結婚・出産といったライフステージに合わせた「自由で多様な働き方」のできるサービス戦略についてお話いただく。

    【POINT】
    1. アパレル業界の現状と、創業の原点
    2. 販売員と店舗のオンラインマッチング、販売員版「Uber」「Tinder」
    3. 「販売員シェアリング」で提案するアパレルの新しい働き方

    講演
東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察・講演先を交渉中です。

    講演・視察
大阪
エリア

SENSY株式会社

  • パーソナル人工知能を活用した
    アパレルビジネス変革

    SENSY株式会社
代表取締役CEO
渡辺 祐樹 氏

    SENSY株式会社
    代表取締役CEO
    渡辺 祐樹 氏

    SENSY株式会社は、顧客一人ひとりの感性を学習するパーソナル人工知能「SENSY」を活用した次世代マーケティングの技術を提供している。「すべての人々に、人生が変わる出会いを」という理念と、その最先端技術から大手アパレル企業、大手百貨店など様々な企業で導入が進んでいる。今後ますます拡大するAI市場におけるSENSYの取り組みを学ぶ。

    【POINT】
    1. ユーザーの感性を学習するパーソナル人工知能とは
    2. アパレル業界の課題とAIによる解決策
    3. 大手アパレル企業におけるSENSYを活用した先進事例

    講演
東京
エリア

(タイトル未定)

  • 現在視察・講演先を交渉中です。

    講演・視察

タナベ経営 コンサルタント

  • 森田 裕介

    リーダー

    森田 裕介

    大阪ドメインコンサルティング本部

  • 市川 直

    コーディネーター

    市川 直

    SP東京本部

参加要項・お申込み

受講対象:

経営者・経営幹部・事業責任者 など

定員:

30名

※定員になり次第締め切らせていただきます

アパレルビジネス研究会ダウンロードはこちら

「アパレルビジネス研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
参加費:

お1人様(全6通し) 390,000円(税別)
お申込ご本人様以外の方の受講もOK!
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み

ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込期限日(第1回開催の1週間前、同一企業様からの追加お申込の場合は各回開催の1週間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします
代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
(1)お申込期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
(同一企業様からの追加お申込の場合、各回開催日の前日)
(2)第1回開催日以降:会費の全額
(同一企業様からの追加お申込の場合、各回開催日当日)
※諸般の事情により、お申込をお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください
※お申込み後、請求書をお送りいたします。
 会費の前納をもってお申込みとさせていただきます。

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税別)

全6回通し 330,000円(税別・フォーラム参加費含)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問い合わせください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ