2020/8/30(日)~3泊5日
未来を生み出す、中東のシリコンバレー
古の文化と最先端技術に触れるイスラエル視察

イスラエルビジネスモデル視察

詳細はこちら

シリコンバレーで学ぶ!ビジネスモデルイノベーションの流儀。
米国視察リポート

シリコンバレーで学ぶ!ビジネスモデルイノベーションの流儀。米国視察リポート

詳細はこちら

新刊!ザ・ビジネスモデルイノベーション 成功企業にみる事業革新の流儀

ザ・ビジネスモデルイノベーション

書籍の詳細はこちら

一部書籍の無料ダウンロードは
こちらから

ビジネスモデルイノベーション研究会
報告リポート~卸売・流通業編~

ビジネスモデルイノベーション研究会報告リポート

詳細はこちら


異分野イノベーション
自社の改革に必要な理由

あらゆる「モノ・情報・サービス」が交差する今日、
顧客の体験価値向上にビジネスモデルの改革は必要不可欠なものとなっています。
しかし、改革に同業他社だけを参考にすることは差別化が図れず
"競争不可避なレッドオーシャン"から抜け出すことはできません。
このノーボーダー時代の今、持続的成長を実現するためには、
優良モデルを異分野から学び、自らが業界のイノベーターへと変革することでこそ
成し遂げられるのです。

タナベ経営では、ビジネスモデルを複数の要素に分け、 それらの要素を定義付けた体系図を「ビジネスモデル・コンポジション」と呼んでいます。

当研究会では、このビジネスモデル・コンポジションの考え方と秀逸な
ビジネスモデルを持つ様々な企業の現場を「体感」する機会を提供することで、
イノベーションのヒントをご提供いたします。

  • 多種多様な異分野を実際に 見て「ビジネスモデル変革のチャンス」を発見する。
  • 新たな結合や組み合わせ によりイノベーションの方向性を固める。
  • 業界の慣習・社内の慣習 などの、イノベーションを阻害する壁を打開する。
こんな課題は
ありませんか?
  • 現状のビジネスモデルに限界を感じている。
  • ビジネスモデル構築・戦略構築のセンスを磨きたい。
  • 事業計画力と組織展開力を備えた戦略リーダーを育成したい。
  • 自社の既存事業に新たな価値を付加したい。
  • 新規事業のアイデアが思い浮かばない。
年間、全国12社の珠玉の
ビジネスモデル企業視察
東証一部上場の全国展開企業から地域創生を担う中堅中小企業までメーカー・卸・小売・サービス問わず、 ここでしか見ることができない珠玉のビジネスモデル企業を選定しております。
視察先企業による
実践型講義
視察先企業より毎回講義をいただいております。 講義の中では、そのビジネスモデルに至るまでの過程、苦労話も含めた現場の"生の声"を聞くことができます。
異分野の
経営者との交流
多種多様な企業の経営層の方々に会員となっていただいています。 同じ志を持つもの同士の出会いは、知的好奇心を刺激し、ビジネスへのチャレンジ精神をかきたてます。 また、共に学ぶことで視野の拡大・ビジネスチャンスに繋げていただきます。
コンサルタントの
アドバイス
毎回視察で学ぶべきポイント・見るべきポイントをタナベ経営でまとめ、 お伝えすることで異分野からの学びを実際に活用できるようサポートいたします。

ビジネスモデルのイノベーションに成功している優秀企業を視察し、
そのノウハウを自社の強みに転換する実践方法までを学びます。

今期の主な視察・講演先

  • 株式会社 パーク・コーポレーション

    株式会社 パーク・コーポレーション

  • 猿田彦珈琲 株式会社

    猿田彦珈琲 株式会社

  • 株式会社 大都

    株式会社 大都

  • 有限会社ココ・ファーム・ワイナリー

    有限会社ココ・ファーム・ワイナリー

  • 株式会社 能作

    株式会社 能作

日程・スケジュール

東京
エリア

株式会社 パーク・コーポレーション/猿田彦珈琲 株式会社

  • 緑化ビジネスの潮流と、グリーンを
    活かした空間デザインがもたらす価値

    parkERs 事業部
ブランドマネージャー
梅澤 伸也 氏

    parkERs 事業部
    ブランドマネージャー
    梅澤 伸也 氏

    パーカーズ(parkERs)は、2013年7月に設立された株式会社パーク・コーポレーションの空間デザイン事業部。ブランド名の通り、「日常に公園のここちよさ」を提案すべく、商業施設や住宅、公共施設などの空間プランニング・デザイン設計や施工、オリジナル家具の開発を手掛けている。事業の幅も年々広がっており、新築分譲マンション開発、オフィスデザインをはじめ、JR新山口駅の壁面緑化、「茨城県フラワーパーク」のリニューアルプロジェクト(2021年春竣工予定)を手がけるなど、緑化にとどまらない幅広い活動をしている。「屋内緑化コンクール」(農林水産省後援)では5年連続で受賞、グッドデザイン賞は関わったプロジェクトが2018年から三年連続して受賞。さらに台東区が取り組んでいる東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた花と緑のおもてなしプランが公益財団法人都市緑化機構の「おもてなしの庭賞」、新山口駅の壁面緑化が「国土交通大臣賞」を受賞している。

    【POINT】
    1. parkERs事業部設立経緯
    2. 業界の常識を覆した、科学的エビデンスに基づく空間デザイン
    3. 個性を生かす組織マネジメントの仕組み
    4. ESGやSDGsを例に、世界の緑化の潮流を事例

    講演・視察
  • 究極の一杯で日本発の世界ブランドを創る
    猿田彦珈琲のビジネスモデル

    猿田彦珈琲 株式会社
代表取締役
大塚 朝之 氏

    猿田彦珈琲 株式会社
    代表取締役
    大塚 朝之 氏

    「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」をコンセプトとし、恵比寿に8.7坪のスペシャルティコーヒー専門店を2011年にオープン。こだわりの豆を海外から直接仕入れ、最高のホスピタリティとともに提供することで人気を博している。一方で、異業種とのコラボレーション等業界に捉われない異質のビジネスモデルでその知名度を高めている。

    【POINT】
    1. 猿田彦珈琲のビジネスモデルと成長の軌跡
    2. 最高"の一杯とホスピタリティで顧客を呼ぶ接客モデル
    3. 業界に捉われないビジネスモデル推進のポイント

    講演・視察
愛媛
エリア

伯方塩業 株式会社/株式会社リバースプロジェクトトレーディング

  • 「世界で一番有名な塩メーカーになる」ためのわが社の取り組み

    伯方塩業 株式会社
    代表取締役社長
    石丸 一三 氏

    食卓でお馴染みの「伯方の塩」は消費者運動から生まれ、よりおいしく、安全な塩を提供するために、輸入天日塩田塩を製造工程では化学薬品を一切使わず作ることにこだわり、世の中に「良い塩(自然塩)を残す」という理念で取り組んでいる。テレビCMやプロモーションを活用した事業・経営戦略の取り組みをご紹介頂く。

    【POINT】
    1. 「良い塩(自然塩)を残す」という理念実現に向けたものづくり
    2. テレビCMやプロモーションを積極的に活用した営業戦略
    3. 一人ひとりの社員がイキイキと働くことが出来る環境づくり
    hakatanoshio_base

    講演・視察
  • ゼロから高付加価値製品を生み出すブランディング手法(仮)

    株式会社リバースプロジェクトトレーディング
代表取締役
河合 崇 氏

    株式会社リバースプロジェクトトレーディング
    代表取締役
    河合 崇 氏

    1997年に京都大学経済学部経営学科卒業後、住友商事株式会社(繊維原料部)などを経て、2016年4月に、株式会社リバースプロジェクトトレーディングを設立。同社は、株式会社リバースプロジェクトの商社的役割を担う会社として創業、現在は四国地域商社として活動している。新しいシルク産業の創出を目指して「愛媛シルクプロジェクト」を展開、「伊予銀行ビジネスプランコンテスト2016」最優秀賞、「ふるさと名品・オブ・ザ・イヤー2017」政策奨励大賞(地方創生担当大臣賞)、「広島県SDGsビジネスプランコンテスト2018」優秀賞、「環境省グッドライフアワード2019」エシカル賞を受賞。

    【POINT】
    1. 長年捨てられてきた未利用資源をアップサイクルし、商品価値を高めるブランディング手法
    2. メイドインからメイドウィズへの転嫁によるジャパンブランドの構築
    3. 国内外に関わらず、地域を巻き込んだビジネス展開のポイント

    講演・視察
東海
エリア

株式会社 Jpキュービック/錦見鋳造 株式会社

  • 高能率高生産性を生み出す
    わが社のビジネスモデル

    株式会社 Jpキュービック
代表取締役
伊藤 雅彦 氏

    株式会社 Jpキュービック
    代表取締役
    伊藤 雅彦 氏

    「できないと言わない」この言葉に裏打ちされたオンリーワンの高度な技術力を武器に、高付加価値業務を高能率でこなす。目標は「社員の平均年収2,000万円、完全週休3日残業なし」。5年後までの実現を見据える伊藤社長の考えや会社での取組内容を紹介する。

    【POINT】
    1. 高能率高生産性を生み出す企業の根幹
    2. 脱製造業"を掲げる我が社のビジネスモデル
    3. 他社がやらない仕事を受ける圧倒的技術力

    株式会社Jpキュービック_イメージ画像

    講演・視察
  • 売れ続けるオンリーワン商品のモノづくり
    ~そのフライパンは魔法と呼ばれている~

    錦見鋳造 株式会社
代表取締役
錦見 泰郎 氏

    錦見鋳造 株式会社
    代表取締役
    錦見 泰郎 氏

    厚さ4~5ミリが常識とされる鉄鋳物で、1.5ミリ・重さ980gの「魔法のフライパン」を開発。そのきっかけは、バブル崩壊後、元請メーカーからの「おたくの代わりはいくらでもいる」という一言だった。10年を費やし、ついに代わりのないオンリーワン商品の開発に成功。「料理が美味しくなるフライパン」として、現在までの販売数は約23万個。今も4年待ちの状態が続く。

    【POINT】
    1. 自社商品で下請け脱却
    2. 完成まで10年のオンリーワン商品
    3. 料理がおいしくなる調理器具

    錦見鋳造株式会社_イメージ画像

    講演・視察
大阪
エリア

株式会社 大都

  • “DIYを文化にする”を合言葉に
    創業82年のベンチャー企業が行う事業の「選択」と「集中」

    株式会社 大都
代表取締役
山田 岳人 氏

    株式会社 大都
    代表取締役
    山田 岳人 氏

    1969年11月生まれ。石川県出身。大学卒業後、リクルートに入社。6年間の人材採用の営業を経て、1998年に総合金物工具商社であった大都に入社。2002年にEC事業を立ち上げる。2011年、代表取締役に就任。2014年、リアル店舗「DIY FACTORY OSAKA」2015年東京二子玉川ライズに「DIY FACTORY FUTAKO」をオープン。2017年にGreenSnap株式会社を子会社化し、同年カインズと資本業務提携を結ぶ。2018年、一般社団法人ベンチャー型事業承継の理事を務める。(社)日本DIY協会が認定する「DIYアドバイザー」の資格を持つ。

    【POINT】
    1. 創業80周年のDIYベンチャー企業の成長の軌跡
    2. DIYカルチャーを育んだ事業のポイント
    3. 新たな事業ドメインを開拓してく経営者マインド

    講演・視察
栃木
エリア

有限会社 ココ・ファーム・ワイナリー

  • サミットや外相会議、各国VIPへのおもてなしで饗されたワインを
    つくるワイナリーに学ぶワインづくりとその経営理念

    有限会社ココ・ファーム・ワイナリー
    取締役  
    池上 峻 氏

    障害者支援施設「こころみ学園」のワイン醸造場。学園生とスタッフによってつくられたワインは、2000年に行われた九州・沖縄サミットの晩餐会や、2008年の北海道洞爺湖サミット総理夫人主催夕食会に使用され、近年ではローマ教皇来日の際に食事会で饗されるなど、世界に誇れるワインとして一躍有名になっている。創業者が持っていた「同情で買ってもらうワインはつくらない」という信念のもと、「本気のものづくり」ということをキーワードに、消費者、生産者、地域事業者らを巻き込んだ事業展開や商品づくりを実施し、社会事業の成功事例としてだけではない包括的なブランディングを実施している。

    【POINT】
    1. 創業者の想いを軸とした事業展開の軌跡
    2. こころみ学園設立からワインの製品化実現までの成功ポイント
    3. 顧客からの"共感"を生むブランディング戦略構築

    講演・視察
北陸
エリア

丸井織物 株式会社/株式会社 能作

  • 『地方から日本一のテキスタイルメーカーへ』
    ~斜陽産業で成長し続ける高収益ビジネスモデル~

    丸井織物株式会社
代表取締役会長
宮本 徹 氏

    丸井織物株式会社
    代表取締役会長
    宮本 徹 氏

    国内では斜陽産業と言われる繊維業界で『革新200』のビジョンを掲げ3つのカクシン(業態革新・技術革進・製品革信)で持続的成長を実現。ITとの融合によるサプライチェーンの多様化と生産性の革新を行い新業態・新事業を次々に創造。高収益で成長し続けるビジネスモデルに学ぶ。

    【POINT】
    1. 高収益を維持しながら5年で売上3倍へ急成長
    2. ものづくり×ITによる新たなビジネスモデルの創造
    3. 積極的なM&Aによる事業展開

    hattendo-bread

    講演・視察
  • 地域とともに歩む。~伝統産業の挑戦~

    株式会社 能作
代表取締役社長 
能作 克治 氏

    株式会社 能作
    代表取締役社長
    能作 克治 氏

    400年前から続く伝統産業「高岡銅器].その技術と販路を革新し独自のブランドを確立した。地域に愛される企業を目指し、近年は地域を代表する企業として産業観光に力を入れ年間12万人が訪れる観光スポットとなっている。地域そして日本を愛する人々を増やしたいと考え事業を展開され、伝統工芸の技術だけでなく、取り組みも評価されている。時代に適応し、創業100年以上の歴史ある企業へ成長したポイントを学ぶ。

    【POINT】
    1. チャレンジ精神を持って伝統産業に轍をつける「出来ないといわない、仕事を楽しみ失敗を恐れない」
    2. 自信を持ったものづくり、社員の気持ち、地域の素晴らしさを全員が伝える
    3. 伝統産業の常識を"曲げて"成長「伝統を守るだけではなく、新しい形で伝える」

    講演・視察

タナベ経営 コンサルタント

  • 
                    村上 幸一

    リーダー

    村上 幸一

    執行役員
    東京ドメインコンサルティング本部長

  • 
                    藤井 健太

    コーディネーター

    藤井 健太

    東北支社長

参加要項・お申込み

受講対象:
経営者・後継者・経営幹部 など
定員:

30名

ビジネスモデルイノベーション研究会 ダウンロードはこちら

「ビジネスモデルイノベーション研究会」の
リーフレットをダウンロードしていただけます。

詳細はこちら
会費:

1社1名 390,000円(税別)
ファーストコールカンパニーフォーラム参加費込み
ファーストコールカンパニーフォーラムの詳細はこちら

※教材費、懇親会費を含みます。交通費・宿泊費は各自手配・ご負担いただきます
※お申込期限日(第1回開催の1週間前、同一企業様からの追加お申込の場合は各会開催の1周間前)までの取消につきましては全額返金いたします
※お申込期限日の翌日からの取消につきましては代理受講をお願いいたします代理受講が不可能の場合は下記の通り取消料を申し受けます。ご了承ください
 (1)お申込期限日の翌日から第1回開催日の前日:会費の40%
  (同一企業さまからの追加お申込の場合、各開催日の前日)
 (2)第1回開催日以降:会費の全額
  (同一企業様からの追加お申込の場合、各開催日当日)
※諸般の事情により、お申込をお受けできない場合がございます。
 予めご了承ください
※お申込み後、請求書をお送りいたします。
 会費の前納をもってお申込みとさせていただきます。

1名様追加料金(同一企業様)
1回 50,000円(税別)
全6回通し 330,000円(税別・フォーラム参加費含)

※全6回通し以外で複数回ご参加の場合は、別途お問い合わせください

FCCメルマガ配信中

経営の現場で活躍する弊社トップコンサルタントが、日々変化する経営環境を捉えたタイムリーな情報や、経営者が「今、打つべき手」、また、ファーストコールカンパニー経営の研究成果など、「ファーストコールカンパニー(FCC)」に共感していただいた経営者・後継者・幹部の方に向け、毎月お届けするメール情報サービスです。

申込ページへ