Presented by(株)タナベ経営
http://www.tanabekeiei.co.jp

---------------------------------------------------------------------------
“ファーストコールカンパニーへ挑む”経営者にお届けする
  「一番に選ばれる会社」 FCCメルマガ<vol.5>        2013/8/27

                           株式会社タナベ経営
               http://www.tanabekeiei.co.jp/fcc/index.html
---------------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           フ ァ ー ス ト コ ー ル カ ン パ ニ ー           ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃     ■■■■■■  ■■■■■■■  ■■■■■■■      ┃
┃     ■■      ■■       ■■           ┃
┃     ■■■■■   ■■       ■■           ┃
┃     ■■      ■■       ■■           ┃
┃     ■■      ■■■■■■■  ■■■■■■■      ┃
┣━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┫
┃1│0│0│年│先│も│一│番│に│選│ば│れ│る│会│社│へ│挑│む┃
┗━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┛

◇◆ INDEX ◆◇ ---------------------------------------------------------

  □ 先見の明‐foresight‐
    「フレキシブルな組織・人材戦略の必要性」

  □ 今、打つべき手〜コンサルタントメッセージ〜
    「自社をどんな会社にしたいのか?!」
      −トップの思いを明確にする中期ビジョン−

  □ FCC経営の研究〜フィールドワーク〜
    「いかにして人材を『ブランド化』していくか」
              ≪人材マネジメント研究会≫



-----------------------------------------------------------------◇◆◇◆

            先見の明‐foresight‐
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫     フレキシブルな組織・人材戦略の必要性     ┣━┓
┃■┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛■┃
┗━━┛                          ┗━━┛

    総務省が8月13日に発表した今年4月〜6月の労働力調査によ
   ると、非正規雇用として働く人の数は1,881万人(四半期ベース)と
   なり、2002年の集計開始以来最多となった。
   
    7月に、筆者が担当役員を務める九州・沖縄エリアの中堅・中小
   企業に対してアンケート調査を実施したところ、景気対策が功を奏
      し「増収増益傾向にある」と答えた企業の割合は昨年よりも増えた
   ものの、「雇用増」への動きは、依然鈍い状態であった。
   (アンケートの詳細結果は、「西日本新聞」8月17日号に掲載)
                                 
    地域差もあるとは思うが、様々な景気対策は雇用は生んだものの、
   企業の多くは業績改善による労働力不足を、人件費が安い非正規社
   員で補っていると言えるだろう。
       一方、新卒採用においては、大企業が採用数を増やしたことによ 
   り、中堅・中小企業を志望する学生の数は減っており、採用予定人
   数を確保できない中堅・中小企業も少なくない。

    業績が改善したからといって、社員数を増やすのは確かにリスク
   も伴う。しかし、経営者は「より安定的に働ける環境を社員に提供 
   し、顧客満足につなげる」ということを考える必要がある。
    中堅・中小企業の多くは、現状は、来年4月に予定されている消
   費増税後の、景況感の様子見といったところであろう。いずれにし
   ても、経営者は環境変化に応じて、組織・人材戦略をフレキシブル
   に見直し、常に最高の商品・サービスを提供できる体制を整えてお
   かなければならない。
    
                           取締役
                            南川 典大


◆ 今、打つべき手〜コンサルタントメッセージ〜
┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃☆┃ 「自社をどんな会社にしたいのか?!」
┃ ┃   −トップの思いを明確にする中期ビジョン−
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

    企業経営者である皆様もそうだと思うが、コンサルタントとしての
   筆者も現在の社会環境変化には目まぐるしさを感じる。その変化に対
   して、企業経営者は自社を適応させていかねばならない。そのための
   羅針盤としての「中期ビジョン」の作成が重要となる。ここでの“中期”
   とは、3年先を見据えたビジョンの作成であることを、筆者はコンサ
   ルティングの現場で指導している。

    中期ビジョンを初めて作成する企業の経営者から出る意見は、大き
   く分けると次の3点である。

    1.目先のことに精一杯で、3年先なんて考えることができない
      (中小企業の経営者に多い意見)
    2.私(経営者)が創り上げた会社なので、私自身が羅針盤だ
      (創業経営者に多い意見)
    3.中期ビジョンの重要性は感じるが、社員が理解できないと思う
      (言葉では重要性を感じていると言うが、本心では感じていない
       経営者に多い意見)

    「1」のような意見が出る企業のほとんどは、外部環境に流されや
   すい企業や、先見性が不十分で、経営者の方針にブレがある企業であ
   る。すなわち、永続発展する可能性は極めて低いと言わざるを得ない。

    「2」については、考え方としては間違っていないかもしれない。
   なぜならば、それまでのやり方・考え方が正しいから成功し続けてい
   るのである。このような経営者は、すばらしい先見力(ビジョン構築
   力)をお持ちである。それを実現し続けられたのは、経営者の強固な
   推進力と統率力があるからである。しかし、そのような企業は、優秀
   な経営者が持つ先見力を羅針盤として明文化していない場合が多い。
   また、強力なリーダーシップを発揮するトップダウン型の経営者でな
   い限り経営が成り立たず、事業の承継が難しい。すなわち、経営者が
   変わった時に危機が起こり得る可能性が高い。

    「3」については、「1」のケースと似ているかもしれないが、目
   先の対応に追われ、重大な問題点が起こってから初めて“事の重大さ”
   に気づくパターンである。このような状況では、対応が遅過ぎ、我々
   企業ドクターとしても対応できない場合もある。
 
    これら3つのような企業にならないための処方箋が、「中期ビジョン」
   である。経営者として自社をどのような会社にしたいのか。ビジョン
   なき経営は破綻につながる。“場当たり的経営”“他力依存の経営体
   質”に陥らぬよう、その思いを「中期ビジョン」として明確にせねば
   ならない。

                            東北支社長
                              深澤 宏


◆ FCC経営の研究〜フィールドワーク〜
┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃☆┃ 「いかにして人材を『ブランド化』していくか」        ┃
┃  ┃                           ≪人材マネジメント研究会≫      ┃
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛
   
     「人材マネジメント研究会」は、人材成長の視点から、新しい取り
   組み、戦略的な取り組みをされている企業の視察や、ゲスト講師によ
   る講義から、現場での実体験をお聴きする中で、人材育成・人材成長
   について学んでいく実践的な研究会である。
 
    毎回、人材成長を実現する個別テーマを設定して、テーマにあった
   ゲスト講師の講義と、場合によっては企業の視察を交えてファースト
   コールカンパニーに向けての取り組みを研究している。

    ※これまでの主な視察・講演企業
     伊藤超短波 株式会社、株式会社 マスダック、ジョンソン・エンド・
     ジョンソン 株式会社、鍋屋バイテック 株式会社、未来工業 株式会社、
     株式会社 エム・シー・ジー、株式会社 産業医大ソリューションズ、
     桜美林大学、東京大学大学院、日本メンタルヘルス協会、
     株式会社 サンエース、新江州 株式会社  など

    経営資源を「ヒト・モノ・カネ・情報」と捉えた場合、モノ・カネ
   ・情報は社会に充分すぎるほど溢れ、年々その差別化が難しくなって
   きている。充分過ぎるほど高機能化した製品(モノ)、極限レベルで
   しのぎを削る低価格競争(カネ)、携帯端末による瞬速での情報収集
   力・展開力(情報)、といった社会の中では、“ヒト”が差別化の源
   泉であることをファーストコールカンパニーは気付いており、どのよ
   うにして社員の人材成長を成し遂げ、人材を「ブランド化」させてい
   くかに日々取り組んでいる。

    ファーストコールカンパニーの人材育成を研究する中で、ある共通
   項が見つかった。それは、ブランド人材作りに向けた「価値観」と
   「育成方法」には共通項があるということである。ファーストコール
   カンパニーがブランド人材づくりを進める中で大切にしている価値観
   は、「主体性」「柔軟性」「革新性」の3つである。
 
    「主体性」とは、社員自らが主役感を持つ人材に育てていくという
   こと。次の、「柔軟性」とは、多様性を受け入れる人材を育てていく
   ということ。最後、3つめの「革新性」とは、過去に捉われない人材
   を育てていくということである。

    過去がどうだったか、ではなく“これからどうしていくか”に社員
   の目線を向けさせることが重要だ。また、ファーストコールカンパニ
   ーがブランド人材づくりを進める中で大切にしている育成方法の共通
   項は、「理念に沿った人材ビジョン」「自ら考える環境づくり」「エ
   リートを教育する」、この3点である。
 
    人材マネジメント研究会は、今後もファーストコールカンパニーの
   人材育成にスポットをあて研究を進めていく。
    次回の研究会は、2014年2月よりスタート予定です。皆さんのご参加
   をお待ちしております。

                   人材マネジメントチーム チーフ
                         杉山 英彦(中部本部)


●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●
○      中期ビジョンを強力に推進する「戦略幹部」を育成!      ○
●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●

  『プロ戦略幹部スクール』東京・大阪で10月より開催!
  
   貴社には「中期ビジョン」を推進する「戦略幹部」が何人いますか?
   「プロ戦略幹部スクール」は、全社方針のもと、自社や事業部門の事業
   環境の変化を見極め、事業計画を立案・推進・実現できる力を養成します。
    
  http://www.tanabekeiei.co.jp/development/seminar/pro_manager/index.html


●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●
○   「人材成長=企業成長」を実現している企業の成功の秘訣とは?!    ○
●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●

  『人材マネジメント研究会』2014年2月より開催!
     
   “人材成長”“組織活性化”“企業成長”を実現している企業の視察や
   講演から「成功の本質」をつかむ。
   人材力・組織力を活かし、さらなる成長を目指す経営者・人事責任者の
   方々、必見です。

  http://www.tanabekeiei.co.jp/consulting/special/growth.html
   

●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●
○       伸びる企業の経営理念・ミッションの実例が満載!      ○
●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●

    『伸びる企業の経営理念・ミッション実例集』好評発売中!

   永続発展の礎となる経営理念・ミッションをどのようにしてつくり、
   浸透・徹底させていくのか?!
   規模別・優良企業10社の実例満載<解説音声CD付き>

  http://www.tanabekeiei.co.jp/book/products/detail.php?product_id=52

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆内容についてはお気軽にご意見・ご質問をお寄せください。
 また、配信停止、アドレス変更をご希望の場合もご連絡ください。
 ⇒ fcc@tanabekeiei.co.jp

 ※1.配信停止をご希望の方は、配信されているメールアドレスとお名前を
    ご連絡ください。

 ※2.このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
    このままご返信いただいてもお答えできません。ご了承ください。

Copyright(C) 2013  潟^ナベ経営  掲載内容の無断転載・転送を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━