Presented by(株)タナベ経営
http://www.tanabekeiei.co.jp

---------------------------------------------------------------------------
“ファーストコールカンパニーへ挑む”経営者にお届けする
  「一番に選ばれる会社」 FCCメルマガ<vol.13>         2014/4/28

                           株式会社タナベ経営
               http://www.tanabekeiei.co.jp/fcc/index.html
---------------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           フ ァ ー ス ト コ ー ル カ ン パ ニ ー           ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃     ■■■■■■  ■■■■■■■  ■■■■■■■      ┃
┃     ■■      ■■       ■■           ┃
┃     ■■■■■   ■■       ■■           ┃
┃     ■■      ■■       ■■           ┃
┃     ■■      ■■■■■■■  ■■■■■■■      ┃
┣━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┫
┃1│0│0│年│先│も│一│番│に│選│ば│れ│る│会│社│へ│挑│む┃
┗━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┛

◇◆ INDEX ◆◇ ---------------------------------------------------------

  □ 先見の明‐foresight‐
    
    「今こそ『ロイヤルカスタマー戦略』の推進を!」


  □ 今、打つべき手〜コンサルタントメッセージ〜

    「今期1年間をいかに戦うか?!」


  □ FCC経営の研究〜フィールドワーク〜

    「100年先も“おもしろい”食品企業を目指そう」
            ≪食品ビジネス成長戦略研究会≫

-----------------------------------------------------------------◇◆◇◆

            先見の明‐foresight‐
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓     
┏━┫    今こそ「ロイヤルカスタマー戦略」の推進を!   ┣━┓
┃■┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛■┃
┗━━┛                          ┗━━┛

    「上場企業の倒産ゼロ」。2013年度の企業の倒産件数は、1991年
   以来の低水準となり、東証一部・二部の上場企業の倒産も19年ぶり
   にゼロとなった。これらは、バブル期並みの低水準である。
    消費税率が8%に引き上げられてから約1ヵ月。自動車販売店な
   どでは、駆け込み需要の反動で来店客が大幅に減ったようだが、そ
   の他の小売店の落ち込みはそれ程でもなかったようだ。今年の夏ご
   ろまで反動減はありそうだが、想定の範囲内で落ち着くだろう。
   
    このような状況が続けば、業績は2020年に向けて、右肩上がりで
   行けそうだが、ご存知のとおり、わが国は「人口減少時代」に突入
   している。一時的な景気環境の好転にまかせ、このまま何も手を打
   たなければ、多くの業種・業態で業績は右肩下がりになっていくだ
   ろう。
   
    今、自力で業績を伸ばしている企業の共通点は、目先のスポット
   売上や、一発のヒット商品に依存する体質ではなく、継続性のある
   顧客・商品・サービスを重視し、それを積み重ねることで強固な業
   績基盤をつくり上げていることである。つまり、自社を信頼し、継
   続的に取引をしてくれる「ロイヤルカスタマー」との関係強化に注
   力し、拡大させているのである。

    これを機に、上位顧客をファン客に、また、新規顧客をリピーター
   客に関係を強化させていくためにも「ロイヤルカスタマー戦略」の
   推進をお勧めする。個別対応型のコミュニケーション、“私だけ”
   という「特別感」が感じられる差別化や特典を、顧客セグメント別
   に明確にしてみてはいかがだろうか。

                           常務取締役
                             大川 雅弘



◆今、打つべき手 〜コンサルタントメッセージ〜
┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃☆┃  今期1年間をいかに戦うか?!
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

    経営者の多くは消費税率アップによる反動で、4〜6月の第1四
   半期の業績の落ち込みは織り込み済みではなかろうか。
    政府の経済対策や円安の継続、2020年の東京オリンピック開催決
   定による首都圏を中心とする特需などプラス要因もあり、遅くても
   秋頃の第3四半期スタートには景気は持ち直すだろうという見方が
   大勢を占めている。
   
    企業は環境適応業。チャンスを取り込みリスクを回避するのが企
   業経営であり、外部要因による成長を内部努力による成長と勘違い
   してはならない。
    また、円安による原材料価格の高騰や、大企業を中心に基本給の
   底上げ(ベースアップ)を実施し、消費税率アップとともにインフ
   レ誘導に向けて価格転嫁も実施されているが、中堅・中小企業にお
   いては価格転嫁ができていない企業が少なくないのも事実である。

    こうした環境を踏まえ、今期1年間を戦うための2つの提言をさ
   せていただく。
 
    1つ目は「顧客価値を高める」ということ。商品やサービスの価
   格には原材料や人件費の増加分をそのまま転嫁するのではなく、顧
   客価値をどう高めるかの視点で取り組むことが必要である。自社の
   価格以外の存在価値は何かを見極め、それを高めた上で価格転嫁を
   するか、現在の存在価値が低ければ、新たな価値を見出す必要があ
   る。価格戦略は重要な意思決定事項であり、「顧客価値向上=価格
   戦略」であると考えていただきたい。
 
    2つ目は「中長期な視点での成長エンジンの発掘・育成」である。
    東京オリンピック以降、景気は減速する可能性が極めて高い。現
   状の自社の事業モデル・収益モデルを再確認し、今のうちから成長
   エンジンの発掘・育成に取り組んでおくことだ。一過性の特需でな
   く、成長市場を取り込む成長エンジンとして考えていただきたい。
 
    顧客価値を追求し、成長の種をまき続けることで、ファースト
   コールカンパニーにまた一歩近づけるのである。

                          東京本部長
                            仲宗根 政則



◆FCC経営の研究 〜フィールドワーク〜
┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃☆┃   100年先も“おもしろい”食品企業を目指そう          ┃ 
┃ ┃             ≪食品ビジネス成長戦略研究会≫    ┃
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

    「成長し続ける会社になるか」「規模の成長を前提にはしないま
   でも、収益性を維持・向上させる会社を目指すか」。食品ビジネス
   企業は今、選択の大きな分岐点に立っている。
    
    食品ビジネスマーケットは国内最終消費で70兆円。人口動態と連
   動した長期衰退マーケットだ。拡大しないマーケットであっても収
   益を上げ続けるおもしろい会社になるか、新たなマーケットを創造
   して成長し続けていくおもしろい会社になるか。今、選択の分岐点
   にいる。過去からの延長線にあり続ける企業は、マーケットからの
   退場を余儀なくされ、食品分野の業界構造から自社を転換させる企
   業だけが100年先も“おもしろい”会社になる挑戦権を手にできる
   のである。

    現在、視察型の勉強会として経営者が切磋琢磨している「食品ビ
   ジネス成長戦略研究会」は、今年7月から4期目を迎える。これま
   での視察先は40社を超え、いずれも業界構造から自社を転換させて
   いる企業だ。
    儲からない得意先や製造方法、季節変動の大きい商品分野・・・
   など、これらを過去からの延長線では受け入れず、自社の取り組み
   を変えることで構造転換を図っている。成長分野への挑戦心を持っ
   ているのである。


   ■1.価格価値から生活提案価値への事業モデル転換

    クオリティベーカリーの「アンデルセン(広島市)」。今年11月
   に視察させていただく。同社は、40年以上も前から質の高い豊かな
   暮らしを品格高く提案し続ており、量販店が必死に追いかけた大量
   販売によるバイイングパワーでよい物を安くという戦略から一線を
   画してきた。今まさ価値ある生活提案で付加価値の高い高質商品を
   提供する食品メーカー羨望の事業モデルだ。

   
   ■2.ソーシャルビジネスをダイレクトコミュニケーションの礎に

    多くの食品メーカーが、できれば直販で自社ブランド商品を販売
   し、価格主導権をもった収益性の高い事業モデルの実現を望んでい
   る。しかし、消費者とのダイレクトコミュニケーションの技術が無
   ければ実現しない。
    今年7月に視察させていただく「大地を守る会(千葉市)」は、
   有機無農薬野菜宅配のパイオニアで自然環境との調和を実現する
   ソーシャルビジネスをダイレクトコミュニケーションの礎にしてい
   る。
    顧客・消費者が大地を守る会の会員であることに誇りを持ってい
   ただけるよう活動し、社会貢献や社会価値を発揮することがそのま
   ま商品価値となるビジネスモデルだ。


    業界構造から自社を転換させている食品ビジネス企業と比較し、
   学ぶことで、100年先も“おもしろい”企業となる挑戦権を手にし
   よう。

                      食品ビジネスチーム
                        チーフ 小山田 眞哉



●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●
○   「食品ビジネス」の最新動向と、事業成長のヒントが見つかる!    ○
●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●

    食品分野における新たなビジネスモデルの構築と、
    成功ノウハウを学ぶ場として、志高き経営者が集う。
    「食品ビジネス成長戦略研究会」7月より開催!

    http://www.tanabekeiei.co.jp/consulting/special/food.html
    

●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●
○  ゲスト講師が続々決定!「ファーストコールカンパニーフォーラム2014」 ○
●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●

        今年のテーマは『未来へつなぐ、次代を創る』
    
    2014年6月〜7月、全国10会場で開催!
    各会場のゲスト講師、カリキュラムの詳細はこちら ↓

    http://www.tanabekeiei.co.jp/t/event/fccforum.html


●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●
○     次代の舵をとる人へ  “後継経営者育成セミナーの決定版!     ○
●○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○●

        企業の未来を担う特別な存在である「後継経営者」。
    創業の精神を受け継ぎ、いかなる厳しい条件のもとでも
    勝ち抜くことのできる後継経営者を育成。
    東京(7月〜)、福岡(9月〜)の2会場で開催します。
 
    http://www.tanabekeiei.co.jp/t/shokei/school.html
    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆内容についてはお気軽にご意見・ご質問をお寄せください。
 また、配信停止、アドレス変更をご希望の場合もご連絡ください。
 ⇒ fcc@tanabekeiei.co.jp

 ※1.配信停止をご希望の方は、配信されているメールアドレスとお名前を
    ご連絡ください。

 ※2.このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
    このままご返信いただいてもお答えできません。ご了承ください。

Copyright(C) 2013-2014  潟^ナベ経営  掲載内容の無断転載・転送を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━