タナベ経営 ダイバーシティー&
インクルージョン

Tanabe Diversity & Inclusion TD & I 宣言 2020 リスペクトの輪を広げよう

TOP Message

All For Our Clients , All For Our Employees

すべてはクライアントのために、
すべては活躍している社員のために

タナベ経営は、「一人ひとりが、イキイキと個のチカラを活かし、
持続的成長が可能な企業であるために、
互いを知り、尊重し合い、働き方の選択ができる仕組みを整え、
より生産性の高い仕事ができる環境をつくる」
ことを目指し、ダイバーシティー&インクルージョンの
推進に取り組みます。

Tanabe Diversity & Inclusion

All For Our Clients , All For Our Employees
働き方改革 ~高度の専門化と高度の総合化~

個の力の強化

  • ● プロフェッショナル
  • ● キャリア開発

組織の力の強化

  • ● マネジメント
  • ● チームワーク
健康経営

健康リテラシー向上

↑

就業環境の整備

● 働く時間・場所・職種の選択肢の多様化

※LGBTとは … セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称。「レズビアン(女性同性愛者)」、「ゲイ(男性同性愛者)」、「バイセクシュアル(両性愛者)」、「トランスジェンダー(性別越境、性別違和)」の各単語の頭文字を組み合わせた表現である。

これまでの取り組み

  • 01

    全社員iPhone支給

    コンサルタントメンバーだけでなく、スタッフ部門を含めた全社員にiPhoneが支給されました。 一元管理・電話取次業務の削減によって生産性が向上し、iPhoneメッセージ利用・アプリの活用によりコミュニケーションスピードがアップしました。 部門や職種を超えた活動に活用されています。 さらに個人所有の携帯電話を使用しないことで、顧客情報流出リスクや清算業務が軽減するとともに、今後導入予定のテレワークにも対応が可能です。
  • ロゴは「多彩な色(多様な人材)がクロスして、中心にダイヤのように光る成果を」という意味。

    02

    CROSS LAB. クロスラボ

    社員が働きやすい環境づくりの一環として、大阪本社7階に新しいオフィス空間「CROSS LAB.」を開設しました。 「新たな部門の出発を前向きにしたい」、「60周年行事の一つと思えるようなシンボリックな取り組み」、「新しい組織にふさわしい新しいコミュニケーションの場を創りたい」との思いや構想が形になりました。 社内からネーミングを募集し、タナベ経営の社内に設けたオープンエリアとして、部内・部外を超えて、人や意見、 アイデアが活発に議論される(交差する)場所であってほしいという意味を込めて「CROSS LAB.」に決まりました。現在は、全社員の新しいコミュニケーションエリアとして、 仕事のスタイルに合わせて働き方を考える場所、ミーティングからランチまでできるスペースとして活用されています。
  • 03


    全社オフィスの統一

    全社統一したコンセプトでオフィスをリニューアルしています。大阪本社・東京本社では一部でフリーアドレスを導入しました。
  • 04

    OneMeeting
    システム

    OneMeetingシステムを構築し、スケジューラ―の統一、各種申請書のワークフロー化、入力データ自動集計によってExcelでの管理工程が削減され、生産性が向上しました。
  • 05


    タレントマネジメント

    社員の経歴やスキル・プロフィールを簡単に検索できるシステムを構築。専門スキルやコンサルティング経験の見える化を実現しました。
  • 06

    全社リーダーシップ
    研修会

    年1回、活動報告を行い、自社への理解を深める研修会を開催。新たな提案と提言が「会社のカタチ」を創っています。
  • 07

    FCCアカデミー
    (企業内大学)

    「プロフェッショナルは何を学ぶべきか」の視点で開発された社内ビジネススクール。 理論と実践、リアルとデジタルの融合で社員の早期戦力化を実現します。
  • 08

    ジュニアボード
    経営システム

    毎年、幅広い部門・階層・立場からメンバーを選定し、経営陣と共に「中長期的な会社の未来をつくる」ことに挑戦しています。

数字でみるタナベ経営

  • 数字で見る
    タナベ経営

  • 平均勤続年数

    (2020年3月31日時点)
    9.2年
    平均勤続年数が短いといわれるコンサルティング業界ではかなり長め。腰を据えてじっくりと成長し、キャリアプランをかなえている先輩が多数在籍しています。
  • 育休取得率

    31.3%(2020年3月31日時点)
    時短勤務制度など、小学4年生になるまで利用できる
    働きながら子育てをする社員への支援が充実しています。
  • 離職率

    9.2%(2020年3月31日時点)
    研修や自己啓発支援など、幅広い教育環境を設けており、離職率が低い傾向にあります。
    また、全国各地で地域活性化に取り組み、キャリアアップすることもできます。
  • 有給休暇
    取得率

    72.3%(2020年3月31日時点)
    個人の裁量が認められている自由な社風。
    計画有給休暇により、
    さらなる向上を目指します。
  • 女性管理職比率(課長代理以上)

    20.0%(2020年4月1日時点)
    社員構成男女別比率から見て、全体に占める
    女性管理職(課長代理以上)比率は、
    まだまだこれからです。

育成制度

タナベFCCアカデミー

理論と実践を融合し、プロフェッショナル人材を
養成するシステム

リアル

必要なスキルを
2年間で
インプット

  • スタートアップ研修会
  • フォローアップ&キャリアデザイン研修会
  • スタッフ研修会
  • コンサルタントアカデミー
  • TCB(Team Consulting Brand)
  • コンサルタントスキル
  • 全社リーダーシップ研修会

クラウド

いつでも
どこでも自分の
ペースで

  • FCCアカデミークラウド

    ①会社を知る

    ②仕事の基本を学ぶ

    ③商品の基本を学ぶ

    ④顧客創造に活かす

    ⑤コンサルティングの共通
    スキルを身につける

    ⑥コンサルティングの専門
    分野を知る

クラウド

キャリア
サポート

一人一人の成長を
サポートする
コンテンツ

  • 育成・活躍推進プログラム

    エルダー制度、ナレッジナンバーワン(K-1)賞、グローシッププラン(GSP)、人事制度

  • レポート

    新人3ヵ月レポート、デイリーレポート、ウィークリーレポート

  • 社内資格制度

    講師オーディション、コンサルタント資格試験

  • その他

    外部研修、コンプライアンスセミナー、タレントマネジメント、書籍配布

自ら学び、成長するために
持っておくべき考え方・姿勢

学びの主体は自分

学びの主体は自分

自ら学ぶ。他人の経験や指導に頼るのではなく、自らの成長のために学び続ける習慣をつける。

一流から学ぶ

一流から学ぶ

プロフェッショナルのノウハウを吸収できる機会であることを自覚し、貴重な学びの時間を最大限活用する意識を持つ。

学びは計画的に

学びは計画的に

自らの判断や業務都合でリアルアカデミーを欠席・遅刻することがないようスケジュール管理を徹底する。

学びを活かす

学びを活かす

常にアウトプット(活用)を意識してインプット(学習)する。
仕事の現場で学びを活かせたとき、その体験が未来の仲間に「教える」エッセンスとなる。