vol.33
「ベンチャー型事業継承」で後継ぎの挑戦を支援
千年治商店 代表取締役
一般社団法人ベンチャー型事業継承 代表理事 山野 千枝 氏
× タナベ経営 若松 孝彦

1 / 4ページ

1604_100nenmidashi

2019年3月号

 

 

201903_100_01

 

 

日本では年間2万件を超える企業が事業承継されることなく消えていく。先代が受け継いだ家業を存続させるために私たちは何をすべきか――。
「ベンチャー型事業承継」を掲げて若い後継ぎの支援に奔走する山野千枝氏に、事業承継が抱える問題点と解決策を伺った。

 

家業への愛着と存続への
執念がイノベーションを起こす

 

若松 山野さんは、企業の歴史を生かしたブランディングやコンサルティングを手掛ける千年治商店(兵庫県芦屋市)の代表取締役を務める一方、親が事業を営む学生を対象とした「ガチンコ後継者ゼミ」を複数の大学で開講されてきました。事業承継の分野でさまざまな支援を続けておられますが、まずはこの分野に関心を持ったきっかけをお聞かせください。

 

山野 私は、20代でベンチャー企業やコンサルティング会社に勤務した後、2000年に大阪市経済戦略局の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」の創設メンバーとして参画。2001年からビジネス情報誌『Bplatz』(大阪産業創造館発行)の編集長として2500社以上の企業を取材してきました。もともと大阪は、オーナー経営者が多い街。跡取り社長を取材する機会が多くあり、皆さんが会社存続に並々ならぬ熱い思いを持っていること。さらに、その思いを原動力として新商品・新サービスを生み出していることを知って心を動かされました。日本は“長寿企業大国”と呼ばれていますが、資源の乏しい日本がここまで成長した背景には、家業を存続させようと懸命にイノベーションを起こしてきた後継者の存在が大きいのではないか。そう強く思ったことが事業承継に興味を持ったきっかけです。

 

若松 長寿企業にはファミリー企業も多く、これまでは当たり前のように家族で事業を支えて承継してきました。しかし、ここにきて状況が大きく変化しています。帝国データバンク(2019年1月)の調査によれば、2018年に「休廃業・解散」に至った事業者は2万3026件と、同年の倒産件数(8063件)の2.9倍に上っており、9年連続で倒産の2倍超という状況になっています。特に深刻なのが、中小・零細企業の休廃業・解散です。

 

山野 リーマン・ショック後は、「こんなに大変な思いを子どもにさせたくない」と言う経営者の声を多く聞くようになりました。「子どもが『継ぎたい』と言ってくれればうれしいけれど、自分から『継いでほしい』とは、とても言えない…」とも。今は親が子どもに遠慮しています。では、子どもはどう思っているのか?そこが知りたくて、親が事業を営んでいる学生向けの後継者ゼミをスタートしました。

 

若松 私たちも「後継経営者スクール」というセミナーを1979年から開校しています。そのような活動やコンサルティングの中で経営者に「あなたのお子さんに会社を継がせますか」と質問すると、50%は「ノー」という答えが返ってきます。日本企業の経営者のリーダーシップの在り方に強い危機感を感じていました。いずれにしても事業承継は、業種や企業規模、組織形態によって中身はさまざまです。山野さんは「ベンチャー型事業承継」を掲げて活動を展開されていますが、あえてベンチャー型と付けたのはなぜでしょう。

 

山野 ベンチャーには、夢を実現する若者の挑戦といった前向きなイメージがありますが、事業承継は税金や株価対策、廃業問題といった切り口で語られる機会が非常に多い。これでは若い世代が事業承継にワクワクしませんから、必然として後継者不在が起こります。受け身のイメージが事業承継を難しくしているのなら、そこを変えればいい。「ベンチャー型事業承継」という新しいジャンルをつくって、継ぐ側が主導権を持って活躍する事業承継の形を発信することで、家業に興味を持つ若い世代を増やしたいと考えました。

 

若松 私自身も後継者を育成するカリキュラムの中で、「経営者こそがイノベーションの主役であり、事業を継ぐことはイノベーションを起こすこと」と言ってきました。事業承継支援は継がせる側から語られることが多いのですが、ベンチャーと頭に付くだけで主体が継ぐ側に移るのは面白いです。事業承継となると身構えますが、ベンチャー型事業承継なら可能性を見つけられる感じがします。

 

山野 後継者が新規事業を開発して会社を再生させた事例はまさにベンチャーです。そのような挑戦を中小企業の新規事業とひとくくりにするのではなく、ベンチャー型事業承継として打ち出すことで頑張っている後継ぎを応援したいですし、事業承継に対する社会のイメージを変えられると思います。

 

 

 

1 2 3 4